老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下は世界日報の記事ですが、日本再生ネットワークから引用しました。
改めて、結婚の意義について再認識する風潮と個人主義的な価値観の転換が求められます。


婚姻件数と比例して下がり続ける出生数

http://www.worldtimes.co.jp/wtop/education/data/dt080107.html



 厚生労働省は昨年末、2007年の人口動態統計の年間推計を公表し、出生数が前年比で3000人減少、死亡数を16000人下回った点などが明らかになった。

 これにより、05年に始まったわが国人口の自然減が、一昨年に、いったん自然増に転じたものの人口は再び自然減に転じる見通しとなった。


 戦後日本の人口動態推計から一目瞭然(りょうぜん)であるのは、婚姻件数と出生数が強い相関関係を持ち推移している点だ。戦後直後を除き、出生数が昭和48年にピークに達しているが、その前年の昭和47年に婚姻件数がピークになっている。多くの人が結婚すれば、その結果、子供がたくさん生まれるという構図になっている。日本を悩ましている少子化の克服には婚姻率の上昇が不可欠といえる。


 また離婚件数は、昨年年4月から離婚時の年金分割が始まったため増加が予想されていたが上昇しなかった。これを見れば、婚姻、離婚に経済的理由が大きいとは言えない。


 過激なフェミニストによって吹聴されてきた個人主義的な価値観が転換され、結婚の意義が再認識されることが求められている。





スポンサーサイト

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。