老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様にお力添い戴いていました新潟市議会での自治基本条例が一部修正されたものを可決しそうです。

在日外国人に住民投票請求権を認める条項を削除するそうです。
問題はこれだけではないのですが、市議会の自称保守はこの程度といわれないように最後まで頑張ってください。


新潟市、自治基本条例成立へ

2008.2.21 03:12
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/niigata/080221/ngt0802210314001-n1.htm

 保守系会派が問題視し、2度も継続審査となっていた新潟市の自治基本条例案が、20日開会の2月定例議会で成立する見通しとなった。永住外国人に住民投票請求権を認めた条項を執行部が削除したため、過半数を占める保守系2会派の大半が賛成に回る。21日の総務委員会、22日の本会議で可決される見込み。

 市は昨年4月の政令指定都市移行を機に、市政の憲法として自治基本条例の年度内制定をめざした。条例案で、「市民」の定義を市内の勤労者や学生、企業・団体にまで広げ、市内の永住外国人に住民投票の請求権を認めたことに、「特定団体が市政参画を主張し、混乱を招く」などと、保守系議員が反発していた。執行部は市民の定義を「市内在住者」と「市内の勤労者や学生、企業・団体」に区分し、住民投票請求権に関する部分は「外国人参政権の議論と混同されるのは本意ではない」(野本信雄政策監)として削除した。
スポンサーサイト


新潟での自治基本条例案の議会での採択は、22日に予定されて
いるそうです。
現地からの情報によりますと、最後のご支援が必要とされているそうです
最後の激励のメールをよろしくお願いします。
小生も拙文・簡潔ですが、以下のメールをただ今送信しました。


<新潟クラブ御中>
大阪からお願いのメールです。
議会での投票が済むまで、揺ぎ無い姿勢を堅持されているとお聞きし
ています。
その勢いで、市民クラブへも毅然とした態度で、議会制民主主義の
崩壊への一里塚となる自治基本条例案に反対するよう、説得をお願
いします



<市民クラブ御中>
この度の自治基本条例案をめぐって、貴会派が動揺しているとの
情報をえています。
事実でなければよいのですが、決して将来に禍根を残すようなことを
なさらないように願っています。
議会制民主主義と地方自治の破壊を狙っているとしか考えられない
自治基本条例案を断固反対されますよう、遠く大阪の地より願っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新潟現地よりの情報は以下の通りです。

本日20日からの新潟市議会を前に、各会派の会議が行われま
した。それによれば22日に自治基本条例案の採決が行われる
ようです。

議会56人中保守会派新潟クラブが16人。市民クラブも16
人で過半数です。ただ左翼リベラル市長がなりふり構わずに、
新潟市選出の衆議院議員吉田六ざえもんに選挙用の「空手形」
を切り(裏を取ってないのでここでは言えませんが、笑えるよ
うな空手形ばかりです)、市議の懐柔に乗り出しました。

残念ながら、市民クラブが市長のまいたエサの前に屈しつつあ
ります。新潟クラブは踏ん張っています。

幹事会員、友好団体の皆様、どうぞ最後のお力をお貸しくださ
い。市議にお知り合いのいる方は「自治基本条例には反対を!
」とお口添えください。

わが人づくりも最後の力を振り絞ります。

新潟クラブhttp://www.niigata-club.org/

市民クラブhttp://www6.ocn.ne.jp/~shimin16/

先ほど新潟の同士より以下のメールが届きました。



>保守2会派の一つ新潟クラブはぶれなく固まりつつありますが
ここへ来て、市民クラブが切り崩されそうです。





市民クラブでの要となる議員は、クラブ長橋田憲司議員、吉田孝志議員

(衆議吉田六ざえもんの女婿。軟化甚だし)、串田修平議員のようです。

「拘束反対」「否決」「廃案」の線で激励をお寄せくださいますこと、

根屋からもお願い申し上げます。



以下は新潟の現場からの情報です。



   様、いつもお世話になっております。「救う会新潟」「つ
くる会新潟支部」とともに拉致、教科書問題等に取り組む「人
づくり県民ネットワーク」です。


新潟市自治基本条例案はこの2月で成立か否決かの切所となっ
ております。以前お話ししたとおり、左翼リベラル市長の保守
会派切り崩しに対し、わが「人づくり」も関係議員一人一人を
固めてきました。


保守2会派の一つ新潟クラブはぶれなく固まりつつありますが
、ここへ来て、市民クラブが切り崩されそうです。


お恥ずかしい話ですが、田名角栄以来、保守は保守でも利権保
守といった手合いはいるもので、公共工事をえさにぶら下げら
れた可能性があります。クラブ長橋田憲司はいわゆる党議拘束
を模索し始めました。


ただ、時代が時代でもあり、クラブ長といえでも命令一過、子
分が皆、右を向くという雰囲気ではないことが幸いしており、
高速をかけるかどうかはまだ不確実な情勢です。


13日に各会派の会議があり、そこで自治基本条例についても
話し合いがなされます。市民クラブ長橋田憲司、市民クラブ総
務常任委員でこの条例の審議に当たっている吉田孝志(衆議吉
田六ざえもんの女婿。軟化甚だし)、そして誰よりも、先の市
議会本会議において、自治基本条例について批判的な質問、再
質問もした串田修平議員への「拘束反対」「否決」「廃案」支
持メールをお願いします。


私も明日、役所の担当部局へ行きます。


http://www.20hashida.com/(橋田憲司メルアド)

yos@rose.ocn.ne.jp(吉田孝志メルアド)

http://www17.plala.or.jp/kushida-sh/(串田修平HP)

kushida_sh_0707@topaz.plala.or.jp(串田修平メルアド)



先ほど新潟の同士より、本日の市議会総務委員会での、「新潟市
自治基本条例案について訂正案」が示されました。

市側の議員を愚弄する説明に小生も読んでいて立腹したほどです。
「廃案」「否決」以外に選択はありません。

全国の皆様

(市民クラブ長橋田憲司HP) (保守会派 新潟クラブ) (保守会派 市民クラブ)


へ「廃案」「否決」以外にないこと、議員を愚弄する改正を認めないことを訴えて
くださるようお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下新潟現地よりの報告文


本日、「新潟市自治基本条例案について訂正案をしめしたい」
という市側の要請で市議会総務委員会が開かれ、傍聴しました


市側の訂正は2点。

①「第2条の「市民の定義」については、文言は変えないが、
(ア)(イ)と分けて箇条書きにする。

『第2条(1)市民 市内に住所を有する人、市内で働き、若
しくは学ぶ人又は市内において事業活動その他の活動を行う人
若しくは団体をいいます。』(現行条例案)

             ↓

『第2条 この条例において次の各号に掲げる用語の意義は、
それぞれ当該各号に定めるところによります。
(1)市民 次に掲げるものを言います。
ア 市内に住所を有する者
イ 市内で働き、又は学ぶ者並びに市内において事業活動その
他の活動を行う者及び団体を言います。』(訂正案)

②第19条(住民投票の請求)については、なんと『全文削除
するが、別の条例で定めることを考える』と答弁したのです!

「市民の定義は文言変えずに箇条書きにしただけ」
「住民投票請求は削除するが、別に条例をつくる」

これが一体「訂正」でしょうか?別に条例をつくるなど、むし
ろ「拡大」「独立」とでもいえるものです。

正直、担当する野本政策監の答弁を聴いていて「市民に選ばれ
た議会人をここまで愚弄するか」と怒りがこみ上げてきました


本日、議会側は、市側の訂正についての理由説明を聞き置くだ
けという姿勢であったそうで、保守2会派から積極的な質問は
なされませんでした(もちろん、社民、共産は「訂正は不愉快
」「19条は復活を」といってましたが。)

市民の代表であり、議会制民主主義の主役である議員をこれだ
けなめた訂正案を絶対に認めるわけにはいきません。保守両会
派に「廃案」「否決」の声を届けてください。

http://www.20hashida.com/(市民クラブ長橋田憲司HP)
http://www.niigata-club.org/(保守会派 新潟クラブ)
http://www6.ocn.ne.jp/~shimin16/(保守会派 市民クラブ)


先ほど新潟の同士からメールをいただきました。
懸念していたことが起こりそうです。
自治条例が廃案になるどころか、切り崩しの事態に直面してきています。
以下のメールを転送します。
(転送本文)


新潟の人づくり県民ネットワークです。いつもお世話になって
おります。新潟市自治基本条例案について、市側の動きがあり
ました。議会保守2会派に対し「第19条を全面的に削除する
から、これで条例案を通してくれ。」と言ってきたのです。

第19条 本市に住所を有する年齢20歳以上の者(永住外国
人を含みます。)は、その総数の50分の1以上の者の連署を
もって、その代表者から、市長に対して住民投票の実施を請求
することができます。

しかし、第2条と第6条はそのままです。

第2条(1)市民 市内に住所を有する人、市内で働き、若し
くは学ぶ人又は市内において事業活動その他の活動を行う人若
しくは団体をいいます。

第6条 市民は、市民自治の担い手として、市政に関する情報
を知る権利並びに政策の形成、執行および評価の過程に参画す
る権利を有します。

つまり「住民投票は仲間の日本人に請求させればよい。在日朝
鮮人やプロ市民の市政への干渉はいつでもOK」という危険性は
変わらないままなのです。

これに対し、議会保守会派の一つ「瀬民クラブ」が何かの兆し
があり、このまま修正で成立の可能性が出てきました。
「19条削除だ。市長の顔も立てねば」という理念も何もない
妥協がなされる可能性が出てきてしまいました。

わが人づくり県民ネットワークも「新潟市政を考える市民の会
」ら良識派の団体とともに、議員への働きかけをしていきます
。全国有志の方々へは保守2会派(特に市民クラブ長の橋田憲
司)への「廃案」「否決」メールをお願いいたします!!

橋田憲司
http://www.20hashida.com/

市民クラブ
http://www6.ocn.ne.jp/~shimin16/

新潟クラブ
http://www.niigata-club.org/

熟慮した文ではありませんが、以下のお願いメールを橋田先生へ送信しました。
例文として


橋田先生
毎日御政務に精励くださり、感謝申し上げます。
新潟市は、拉致被害者を救出する活動の原点ともいえる都市です。
それだけに、在日外国人が市政に大きく介入する余地を残してはならないと思っています。

この度の自治基本条例はその可能性を大きく残すものです。
へんな妥協をすることなく、最後まで筋道を通されて一貫性のある政治家として名を残されますことを希望しています。

最後まで廃案・否決のお姿をお示しください。
                 大阪   

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。