老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この度は、墨田児相の件で大変ご支援いただき、小生からも感謝申し上げるものです。


その後の経過を、野牧先生の戦う仲間、小菅先生は知らせてくださいました。
皆様お一人お一人の抗議が、大きな力になっているのですね。
これからもお願い申し上げます。
以下は小菅先生よりのメール本文
================================

墨田児相拉致・誘拐事件その後のお知らせ

皆様へ
原君の件で抗議、有り難うございます。9月11日付けで、現状を報告します。      

原君は未だ行方不明ですが、支援情報によると、墨田児童相談所は原君の誘拐・拉致と隔離を少し前に解除したそうです。

順を追いますと、教条持ちの弁護士(子供110番など)・母・活動家など(A)は親権を盾にして、昨年12月に原君を拉致、山小屋に隔離しました。
3月に原君が逃げ出すと、次は墨田児相の教条持ちの職員(B)と画策して、原君を誘拐して児相の隔離所へ入れました。
8月末と9月1日に原君が逃げ出すと、今度は警察を用いて、2度の拉致を繰り返しました。(原君は泣き叫んで抵抗しました)

(原君は何も悪い事をしていません。ただこれまで通り、父・姉と平穏に暮らしたかっただけです。しかし教条持ちからはこの様な家族が許せないのです)

しかし教条持ちは虐待を続けるために、またも画策して、(B)が原君を羽田空港からどこか遠方へ拉致し去りました。今の所、未だ居場所は不明です。
多くの抗議を受けて、児相の教条持ち(江角所長たち)は取り敢えず手を引いた様です。とは言え、公務員には有るまじき・許されまじき画策です。

しかし原君には多くの援助者もいます。原君の気持ちもはっきりしています。先行きに希望も有ります。この先も支援をよろしくお願いします。

(教条持ち・・・・新たな社会・共産主義や過激女権主義やエセ子供権利主義やその他の偏向した人々で、現在の家族を破壊したいと望んでいる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内外地理研究会(小菅 清)・・・ 国際困り事&DV防止(家族破壊)被害&その他の相談
300-2314 茨城県伊奈町(つくばみらい市)城中1-10 050-3321-1724
スポンサーサイト

今回、篠田 亮 様が厚生労働副大臣 西 川 京 子 様へ以下の意見具申なされています。拝読していて、特に以下の点については、全く認識の及ぶところではありませんでした。ご指摘いただき感謝します。



皆様。特にFAVSの皆様にも大きく関係することと存じます。御検討をお願いします。




 「今回の新制度は、家庭・家族を破壊せんとする陰謀が潜まされていると考えます。

即ち、税法その他で被扶養者とされてきた新制度被保険者の保険料を本人負担とするこ

とにより、従前辛うじて維持されて来た親子などの関係が断ち切られる惧れがあります。


年金からの天引きが選択でないことにその底意が透けている。支払不能であれば扶養者

に請求する由だが、ならば予め連帯保証契約を徴すべきでないか。
別個人の関係と見做したからには、扶養者が負担した場合贈与税の対象でもある。扶養

者の所得課税において、社会保険料控除も出来ない理屈となる。
医療保険制度改革に隠れたフェミニストの家庭破壊戦略がここに隠れていると言わざるを得ない。」これまで、家族を個人単位でバラバラにする施策があまりにも多すぎた。保守は目を覚ましてくださいとお願いするしかありません。





                記                         
厚生労働副大臣  
 西 川 京 子 様
                            篠田 亮  
内閣、厚労省事務方の説明等の拙劣には呆れております。
これは偏に、選挙を恐れ、報道業者に怯えているからで、その真因は衝に在るものの
保身ではないでしょうか。長きを以って尊しとせず。一つといえど大業を為せば、離
職を恐れるべきではありません。 

  
総体として、今回の新制度の必要と概要に賛同する者ですが、メディアや自利に敏感
な人情が提起する疑問に斯くも無防備な政策は嘗て見ないものとは考えております。
診療費自己負担を上げるか、保険料を上げるかしかない事情に始まって、高齢者とい
えど所得大の者、若しくは資産大の者がいる。こうした方に応分の負担増を要請する
企図を何故説かないか。また自治体財政力の相異が理由で、現行国保保険料に大きな
格差が生じていることぐらい、至急資料を作成・発表すべきです。

実は本題はそのことではありません。
今回の新制度は、家庭・家族を破壊せんとする陰謀が潜まされていると考えます。
即ち、税法その他で被扶養者とされてきた新制度被保険者の保険料を本人負担とするこ

とにより、従前辛うじて維持されて来た親子などの関係が断ち切られる惧れがあります。



年金からの天引きが選択でないことにその底意が透けている。支払不能であれば扶養者

に請求する由だが、ならば予め連帯保証契約を徴すべきでないか。
別個人の関係と見做したからには、扶養者が負担した場合贈与税の対象でもある。扶養

者の所得課税において、社会保険料控除も出来ない理屈となる。


医療保険制度改革に隠れたフェミニストの家庭破壊戦略がここに隠れていると言わざる

を得ない。介護保険においても家族による在宅介護に給付の無い仕組と同様、「社会化

」と称して家族・家庭の消滅を図ろうとするものです。レーニンやスターリンでさえ、

最後は同胞愛・愛国心に頼らざるを得なかったことに悩んだ末の原理社会主義者の戦略です。 

よくよく制度を再検討し、必要な手立てを急いで欲しい。
全て政令・省令で対処可能と推測します。

なお被保険者世代の言分に戦後日本人の頽廃がもろに露呈しています。
人生とは何かがこの世代においてさえ無縁の思慮となっていることに対し、勇気と叡智

を以って諌めるときではないでしょうか。たかが野党党首に振回されている宰相には無

理でしょうか。(胡どころか温にも対抗できない。尤も、昨年訪中時 胡はカウンター

パートは天皇とする考えを既に実績化している)            (了)
 

国連情報でおなじみの岡本様から以下のメールを戴きました。
r論文とも、今の時期にかなったものですから、皆様にご紹介させていただきます。



私達「家族の絆を守る会」の2トップ(理事長、副理事長)のご文章が、TOKYO自民
党のページに掲載されてをりますので、自分だけ読むのは勿体ないので、皆様にもご
紹介したいと思ひます。

●渡辺眞日野市議(副理事長)は、
「人権擁護法案は日本を廃止し、日本人を粛清、抹殺する」を書いてをられます。

13日に、自民党人権問題調査会の第一回会合が行はれました。来週、第二回会合が
開催される予定ださうですが、一時も息の抜けない状況です。
問題点を細大漏らさず書いてをられるので、ご覧下さいませ。
http://www.tokyo-jimin.jp/08toukou/toukou1.htm

●そして我が会の理事長である古賀俊昭東京都議は、
「『祖国とは国語だ(エミール・シオラン)』。日本を守る文化活動をご一緒に!」
を書いてをられます。
http://www.tokyo-jimin.jp/08toukou/toukou2.htm

ここに書かれてゐる「国語」の問題は、政治問題で忘れがちなのですが、日本人とし
て守つてゆくべき大事な問題の数々です。
古賀先生が書いてをられることを、私もずつと大事に思つてゐるのですが、つひ、横
書き名刺を作つてしまひ、古賀先生にご指摘頂いたことがあります。
今日は私は正仮名遣ひでメールを書いてをりますけれども、正漢字正仮名を使つてゐ
た私も、ワープロが普及した頃から、現代仮名遣ひになつてしまひました。(ご覧の
とほり、間違つてゐるよ、といふ余計な下波線が入りますし)
しかし正仮名遣ひは、先生がご指摘されてゐるとほり、使ふことで(少なくとも知つ
てゐることで)、古典の文章との乖離がなくなることを、古事記や万葉集、源氏物語
等々読む時に体感しました。
皆様も、今一度、この問題についても考えて頂ければと存じます。

NPO法人(申請中)家族の絆を守る会(FAVS)
事務局長 岡本明子
FAVSブログ http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。