老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアの街角から:亜洲街巷信息   より転載します。

読んでいて、うん~と唸りました。
皆様如何でしょうか。


┃▼▽ 帝国電網省 ▽▼               by 竹下義朗さん☆ 


二島でも四島でもない返還要求を突き付けろ! ―――― 2008/02/15


南米、チリでのAPEC(アジア・太平洋経済協力会議)開催を目前に控えた平
成16(2004)年11月15日、モスクワはクレムリン。閣議の席上、プーチン
ロシア大統領が「北方領土」問題を取り上げ、その中で以下のような発言をし
ました。

「ロシアは旧ソ連を継承する国家として、ソ連が批准した文書の義務を常に履
行してきたし、今後もそうする」「(批准文書の義務を履行するのは)相手国が
義務を履行した場合だけだ」

つまりプーチン大統領が一体何を言いたいのかというと、

「1956年調印の『日ソ共同宣言』に基づき、ロシアは、歯舞[はぼまい]・
色丹[しこたん]の二島返還で北方領土問題は決着を図りたい」

と言っている訳で、更に、

「日本が国後[くなしり]・択捉[えとろふ]を含めた四島返還に固執し続ければ
ロシアは四島はおろか二島さえも返還しない。『日露平和条約』の締結も困難
だ」

と恫喝した訳です。

このプーチン発言と前後するように、14日にテレビ出演したラブロフ・ロシ
ア外相も二島返還での決着を示唆。複数のロシア政府高官も共同通信に対して

「第二次世界大戦の結果は変更できない」

との論拠を盾に、日本の求める四島返還を拒絶する対処方針を示しました。

これでは平成5(1993)年調印の『東京宣言』を含む今迄の日露領土交渉は一体
何だったのか?一進一退どころか後退しっぱなしではないのか?そして「北方
領土」問題で日本には打つ手がないのか?

実は、ロシア側の「二島返還決着論」に対して、日本側が採りうる「対抗策」
があるのです。それは、ロシアが意図する「二島返還」でも、日本が求めてき
た「四島返還」でもない、「第三の返還論」ともいうべきものです。

という訳で、今回は「北方領土」問題に於ける対露交渉の処方箋としての「第
三の返還論」について書いてみたいと思います。

対露領土交渉に於ける「第三の返還論」とは一体どのようなものなのか?

それを披露する前に、先ず前述のプーチン発言をもう一度引合いに出します。

「ロシアは旧ソ連を継承する国家として、ソ連が批准した文書の義務を常に履
行してきたし今後もそうする」

これは、現在のロシアが「旧ソ連の正統な後継国家」であることを念頭に置い
て為された発言であることは、皆さんも異存がないものと思います。というこ
とは、こう解釈することも可能である筈です。

「ロシアは、旧ソ連を継承する国家として、ソ連が昭和20(1945)年8月に犯
した『日ソ中立条約』の一方的破棄及び、条約に違反して始められた対日戦争
に起因する「負の遺産」、具体的にはその際に軍事侵攻し、今尚、不法占領状
態にある領土を日本に全面返還する義務がある」

つまり、ロシアが「旧ソ連の正統な後継国家」であることを自任すれば自任す
る程、それに比例して、旧ソ連の「負の遺産」を精算しなければならない義務
の度合いも増加する訳です。

次に、複数のロシア政府高官が示した論拠について考えてみたいと思います。

「第二次世界大戦の結果は変更できない」ーーー複数のロシア政府高官が示し
たものですが、彼らの言いたいこはこういうことでしょう。

「事の如何=『日ソ中立条約』の破棄及び対日開戦)に関わらず、旧ソ連が占
領したことで生じた「国境線」の変更は一切受け容れられない」

これは、「北方領土」がどの様な経緯を経て「ロシアの領土」になったのかは
兎も角、戦後半世紀以上も実効支配してきた「歴史=既成事実」があるのだか
ら、今更、返還など出来るものか!ということであり、要は「居直り強盗」然
としたまことに以て身勝手な論理である訳です。

更にロシアにしてみれば、日本が昭和26(1951)年に調印した『サンフランシ
スコ平和条約』第二条に於いて

┌--------「サンフランシスコ平和条約(抜粋)」

第二条【領土権の放棄】

3.日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約
の結果として主権を獲得した樺太の一部、及びこれに近接する諸島に対するす
べての権利、権原及び請求権を放棄する。
└--------

との条項を受け容れているのだから「北方領土」問題は既に解決済みの案件で
あり、そもそも「二島」だろうが「四島」だろうが、日本からの返還要求を受
け容れる積もりなどない!といっている訳です。

しかし、このロシア側の論理には、ある重大な「落とし穴」があったのです。

「日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の
結果として主権を獲得した樺太の一部、及びこれに近接する諸島に対するすべ
ての権利、権原及び請求権を放棄する」――――日本が調印し「領土放棄」を
受け容れた筈の『サンフランシスコ平和条約』。

その条約を当のソ連は調印しなかった訳で、これが重大な「落とし穴」である
訳です。つまり調印しなかったということは、ソ連が、

「日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の
結果として主権を獲得した樺太の一部、及びこれに近接する諸島に対するすべ
ての権利、権原及び請求権を放棄する」

ことを承認しなかったと解釈できる訳で、その解釈に立てば、旧ソ連とその後
継国家であるロシアは、千島全島と南樺太(樺太島の内、北緯50度以南の地域)
の領有権が日本にある、と認めているに等しい訳です。

つまり「北方領土」問題の当事国が日露両国に限定される以上、日本は、歯舞
・色丹・国後・択捉四島どころか、最北端の占守[しゅむしゅ]島に至る千島全
島、更には南樺太についても、ロシアに対して返還を要求できる訳です。

日本は、歯舞・色丹・国後・択捉四島どころか、千島全島・「南樺太」につい
てもロシアに対して返還を要求できる!!

しかし、それでは能がありません。

ソ連が有効期限内であったにも関わらず『日ソ中立条約』を一方的に破棄、条
約に違反する形で対日開戦し、日露間に締結された『ポーツマス条約』によっ
て「日本領」と規定されていた千島全島と「南樺太」を不法占領し続けてきた
「ツケ」は払って貰わなねばなりません。

借金をすれば必ず利息を取られます。戦後半世紀以上もロシアは「北方領土」
という「借金」をしながら、日本に対する「返済」を繰り延べしてきた訳です
から、「利息」も相当嵩んでいることでしょう。

そこで日本は、「元金」である千島全島・「南樺太」の「返済」だけではなく
「利息」として、樺太島のうち、北緯50度以北の地域、即ち、

「北樺太」の無償且つ無条件の割譲をロシアに要求するべきです。

どのよな交渉でもそうですが、最初からハードルを低く設定していては、相手
に足下を見透かされてしまいます。到底、相手が受け容れられそうにない要求
を突き付け、交渉を通じて徐々にハードルを下げていく。

そして最終的には、あらかじめ「落とし所」に想定していた内容で妥結する。

「北方領土」交渉も、最初から「四島返還にありき」とハードルを低く設定し
ているから、ロシアに舐められるのです。もしも、日本が千島全島及び樺太全
島の返還を要求していたとしたら、ロシアは一体どのような態度を取った事で
しょう?

「北樺太は無理だ、それ以外なら・・・」ときたか、或いは「樺太は無理だ、
それ以外なら・・・」ときたか、或いは「樺太と北千島は無理だ、だが南千島
=北方四島)なら返還の用意がある」ときたか・・・何れにせよ二島か四島か
で揉めるようなチマチマとした領土交渉にはならなかったのではないでしょう
か?

そういった態度でロシアに臨まなければ、交渉は常にロシアのペースで進むで
しょうし、「北方領土」問題は未来永劫解決などしません。その点では、今後
の領土交渉に於いてロシア側に突き付けるべきは、

「マレーの虎」と綽名された山下奉文[ともゆき]陸軍大将----伝説のカルト映
画『シベリア超特急』シリーズでお馴染み----の名台詞、


             イエスか!ノーか!

        返すのか!返さないのか!答えはどっちだ!


ーーーに尽きるでしょう。
スポンサーサイト

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。