老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小生の同士に、「逆境に生きた日本人」(展転社)という書を今年3月に上梓されました鈴木敏明氏というお方が居られます。

鈴木氏はこの新著の要約をメールで発信されました。

。「逆境に生きた日本人」の醜態と現代日本人が見せ付けている醜態とどちらがたちが悪いか容易に理解できようという内容の書物です。

皆様にこの要約をご紹介します。
是非この書を手にされて、じっくり腰を落ち着かせて、熟読なされますことをお勧めします。

小生も今時間が許す限り毎日少しずつ読み進めています。


鈴木敏明

「逆境に生きた日本人」
私の新著、「逆境に生きた日本人」(展転社)が今年3月に出版されて以来ちょうど半年経ちました。保守の人たちの読後感は、二つに分かれます。絶賛派とため息派、あるいは無視派と言ってもいいかもしれません。ため息派あるいは無視派とはどういう意味なのか説明する前に、まだ読んでいない方のためにこの本の要約をします。

この本は日本人の資質を探った本です。なぜ日本人の資質を探ったかというと、私は、大作「大東亜戦争は、アメリカが悪い」を著した。最初からこの本のタイトルが決まっていたわけではありません。私が猛勉強して得た結果が、「大東亜戦争は、アメリカが悪い」でした。その結果をそのまま本のタイトルにしただけです。イデオロギーにとらわれず、偏見なく勉強すれば、自虐史観など生まれるわけがないし、また戦後50年以上自虐史観が跋扈するはずがないのです。

それがどうしていまだに自虐史観が主流を占めているのか、私にはまったく考えられない現象なのです。そこでなにか日本の民族性に問題があるのではないかと考え、日本民族の資質をさぐろうとしたのです。どういうふうに日本人の資質をさぐったかというと主に下記の三つの歴史的事件に対して日本人がどういう行動をとったかを調べたのです。

1.戦後マッカーサーによる6年8ヶ月にわたる日本統治
2.戦争中の日系米人の強制収容
3.ソ連による日本兵及び民間人60万人以上を強制労働収容所への強制収容

人間は危機に陥った時、その人間の本性が現れると言われます。この三つの歴史的事件は、外国人が日本人の生殺与奪の権を完全に握ってしまった。日本人は外国人のまな板の鯉になり、殺されようが、なにをされようが、外国人のなすがままの状態になってしまいました。その時日本人が取った行動は、まさに変節、裏切り、卑屈なまでの迎合等など、みるも無残な日本人の醜態でした。日本人の資質を探って得た結論は、「自虐史観とは日本民族の資質が生んだ歴史観である」

私は、この本のタイトルを「変節と裏切りの遺伝子・日本人」にしようとしましたが、出版社が大反対したのです。理由は、あまりネガティブな日本人を表すタイトルの本は売れない、本の内容がネガティブなのに、タイトルまでネガティブでは絶対売れない。しかし私は反対でした。「逆境に生きた日本人」ではありきたりのタイトルで売れない、私は無名だ、だから、ちょっとどきっとするタイトルの方が読者の目を引くと主張しました。

結局私は無名、出版社の言うことを聞かざるを得ませんでした。しかし保守論壇の第一人者である西尾幹二氏に出版前に読んでいただく機会を得、その上絶賛する推薦文をいただくことができたのは、非常に幸運でした。

この本の絶賛者には私のような年配者に多いい、ある元大学教授からは「保守のタブーへの挑戦本」と指摘してくれました。しかし日本人であることに非常に誇り持っている、特に若い読者(50代以下)、また日本人はすべておいて素晴らしい民族であると誇る国粋主義者、あるいは国粋主義者に近い人たちは、この本を読んで恐らく「うーん」と唸ってしまったのではないかと想像しています。これが最初に言った「ため息派」。そのうちに見たくない日本人の醜態の数々を見てしまった。否定したいけれど史実ですから著者には文句は言えない。なんとなく暗い気分になって無視したい気になってしまう。すなわち「ため息派」から「無視派」の成り行き的な移動です。

私は、日本人の醜態を無視したい保守派の読者に言いたいのです。現状の日本を見て下さい。現在私たち日本人は、外国人に生殺与奪の権を握られていません。言論、出版の自由はある、行動の自由もある。豊かな生活も享受しています。国民は自由に好き勝手な事ができるのです。そして一時失ってしまった日本人としての誇りを取り戻すには必要な時間も充分ありました。ところが現在は自虐史観が昂じて、うそを史実としてでっちあげ、めったやたらと祖国日本を足げにするのが大流行です。「従軍慰安婦」事件も沖縄の集団自決など好例でしょう。最近では、これは歴史上の問題ではありませんが、ネット上で悪評を呼んだ、毎日新聞英文版の変態セックス記事、例をあげた方がわかりやすいでしょう。
○ 日本人の母親は息子が勉強に集中できるようにフェラチオをする。
○ 女子高生は皆ノーパンノーブラ
○ 六本木の某レストランでは料理する前にその材料となる動物と獣姦する。
○ 日本で強姦犯罪発生率が低いのは、日本人女性がよろこんで強姦をうけいれるから。

まるで日本人は変態セックスが常識で毎日のように行われているような記事をオーストラリア人に5何年間も書き続けさせていたのです。わざわざ日本を貶める記事をこれでもか、これでもか書きまくっていたのです。さすがにあまりにも非常識と非難の声があがりました。毎日新聞はその記事は廃止しましたが、その担当部署の責任者は昇進させました。

明白な史実もなければ根拠もないのに、祖国を足げにするのは、マスコミだけではありません。政治家個人も日本政府も同じことをしているのです。「従軍慰安婦」あれは嘘です。(詳細は拙著『原爆正当化のアメリカと従軍慰安婦謝罪の日本』参照)それにもかかわらず政府は、外国人が「私が慰安婦でした」と名乗りあげれば、検証することもなく一人二百万単位のお金だしているのです。
沖縄の軍命令による集団自決、これもうそです。しかし日本政府は、その嘘を認めているのです。どこの国の政府もそうですが、政府の重要な仕事には、国民の安全、国民の生活の向上、教育水準の向上などいろいろなものがありますが、しかし同時に国の名誉や誇りを守るのも政府の重要な仕事ではないでしょうか。

アメリカを見よ。アメリカ政府は、原爆投下正当化発言の繰り返しです。アメリカの正当化、あれはうそです。(詳細は拙著『原爆正当化のアメリカと従軍慰安婦謝罪の日本』参照)
アメリカ政府、議会、マスコミ、退役軍人会、国民こぞって、アメリカ国内にある正当化発言を否定するどんな史料をも認めようとせず、無視するのです。元大統領、アイゼハワーの発言さえ無視してしまいます。祖国アメリカの名誉や誇りを守るためにうそをついているのです。もしアメリカ政府が正当化しなかったら、アメリカは、ユダヤ人虐殺をしたドイツ人と同じことをしたことになり、大東亜戦争の勝利国面ができなくなるからです。

ドイツを見よ。ドイツ政府は、ユダヤ人虐殺は、ヒトラーを初めとするナチスがやったことでドイツ国民とは関係がない。しかし同じドイツ国民がやったことなので、ドイツ政府は被害者全員に補償金を払っています。しかしこれはまさに詭弁です。ヒトラーはクーデターや革命を起こして政権を握ったのではありません。選挙で選ばれて政権を握ったのです。だからドイツ国民全体に責任があるのです。しかしドイツの名誉と誇りをまもるためにあくまでも責任をヒトラーとナチスの責任で押し通しているのです。そのかわり被害者全員への個人補償ですから膨大な費用がかかっても払い続けています。

ひるがえって日本を見よ。自民党政府は、国の名誉と誇りを守ったことあったでしょうか。なにを持って侵略戦争というのか、国際的定義がありません。いまだかって日本以外の国で侵略戦争を行ったなど公言し、謝罪した国などないのです。それにもかかわらず、日本政府は、大東亜戦争は侵略戦争だった公言し、謝罪をした。一体これまでに何度謝罪したのでしょうか。卑屈なまで謝罪を繰り返しています。先にふれた「従軍慰安婦」事件、沖縄の軍命令による強制集団自決などすべてうそ。その嘘をマスコミが煽り、日本政府が追随する。また野党も日本を貶すことはあっても、日本の名誉や誇りを守ることに関して全く無頓着。そして多くの国民も一緒になって日本をこれでもか、これでもかと足げにすることに夢中になっているのです。

「逆境に生きた日本人」でみせた日本人の醜態は、決して過去だけの話でなく、現在でも日本人は醜態をさらけだしているのです。「逆境に生きた日本人」が見せた醜態は、まだ情状酌量の余地があります。なぜなら彼らは、外国人に生殺与奪の権を外国人に握られているため、生き抜くためにしかたなかったと考えられる面があるからです。ある元小学校校長先生が私に言ってくれました。「日本人は負け方を知らなかった。対外戦争初の大敗北ゆえ日本人は醜態をさらけだしてしまった」
私もその意見に賛成です。

しかし現在の日本人はちがいます。前にも触れましたように、言論、出版の自由を堪能し、国民は豊かでなんでも自由にできる行動ができるのです。それにも関わらず、自己主張を貫けず、史実的に不名誉なことなにもしていないのに祖国を足げにすることに夢中になっているのです。「逆境に生きた日本人」の醜態と現代日本人が見せ付けている醜態とどちらがたちが悪いか容易に理解できようというものです。

戦争中は愛する祖国を救うために死を覚悟して特攻隊に志願し、帰りの燃料を持たずに敵艦隊に突っ込んで敵に畏怖の念を与えた日本人が、現在では理由にならない理由で祖国を貶め、足げにしているのです。愛国心も他国民がまねのできない猛烈な愛国心を示したかと思うと、事情が変ればその愛国心が一夜にしてふっとび、他国民が信じられないほど祖国をも平然と足げにするのが日本人。状況次第でどうにでも変れるつかまえどころがないのが日本人なのではないでしょうか。それが長所にもなるのです。明治維新成功の要因の一つは、日本人の一夜にしてどうにでも変われる変わり身の早さです。

私は「逆境に生きた日本人」の内容のような本がいままでに出なかったのが不思議に思っていました。元大学教授が言ってくれた「保守のタブーへの挑戦」が的を射ているのかもしれません。私は定年サラリーマン、現在無名な著述家、社会的地位もなければ社会的名誉もありません、それだけに私が調べて得た日本民族の醜態を堂々と本にすることができたのかなと今では思っています。

保守の方でまだこの本を読んでいない方、ぜひ読んで率直な意見を聞かせてほしいと思います。マイミクの方にもぜひ時間がありましたら読んでいただけたらと思っています
スポンサーサイト

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 より転載

【書評】国際広報官 張超英(まどか出版)

 旧日本人街の邸宅が台湾現代史の現場だった
  手に汗握る証言と波乱の広報官人生を活写

                  宮崎正弘
 
 本書の原題は『宮前町90番地』という。二年前に台湾で出版された。
 台湾の広報官だった張超英氏の「小説よりも奇なり」、波瀾万丈の生涯が淡々
と語られ、随所に台湾への愛着と熱血が流れていて感動的な書である。
 張さんは、二期十年に亘って東京で台湾の広報官を務めた人物。なかには台湾
の政治家と中曽根総理とをいかに偶然を装って日本で会談させるか、外交の裏話
も満載。

 日本と台湾の交流史としても凡庸な物語より遙かに面白く、だから華字圏で多
くの読者を得た。
刊行直後から日本語訳が待たれた。特別チームが組まれ、ようやく邦訳版がでた


 わたしは本書を一気呵成に読んだ。
食事をとるのももどかしいほどに躍動的で歴史の裏面をかたる箇所など時間を忘
れるほど面白かった。

 原著の題名はなにやらセピア色で蒼然としていて懐かしい懐古趣味と情緒的な
臭いのする印象がある。
日本時代の台湾神社の門前町だったので往時「宮前町」と命名され、その九十番
地が張家の大邸宅だった。台北市のど真ん中!
 こんにちの園山飯店(台湾神社跡地)から台北市のメインストリート中山北路
二段が当該地である。

ある日、張さんと台北市内で宴会の帰り、タクシーに同乗して台湾セメント本社
あたりを通過したとき「このあたりが我が家だった」と対面のフォーチュンホテ
ル近辺を指さした。
いま周辺は三井、三菱など日本企業の入居するビジネス・ビルが林立、北の一角
に上島珈琲店がある。
 そのとき初めて張さんの華麗な家柄の歴史を知ったのだ。

祖父は炭坑経営であてて財産を築き、往時は一千坪を超える広大な敷地のなかに
邸宅があり、表通りを中華民国政府大使館(王兆銘政権)に貸していたこと。戦
後、蒋介石軍が進駐してきたときは張家の建物にアンテナが建てられ、蒋介石の
クルマが並んだこともあった。
まさに台湾の近現代史を目撃した歴史的なスポット、それが宮前町九十番地、そ
の現場の視点から台湾近・現代史を目撃してきたのだ。
 
 さて本書は十二年もの歳月をかけて張超英氏が記者に喋りつづけた記録を丹念
にまとめたもので、外交官人生の波乱に富んだ回想録でもある。
懐かしき日本時代の台湾の情景も、戒厳令解除後の民主化の力強い足並みの変遷
も文章に鮮烈に滲み出ている。(ちょうど日経連載の北方謙三の小説も、台湾を
舞台に実業家大活躍の話が佳境にさしかかっているが、これは余談)。

 炭坑ビジネスであてた祖父、抗日運動に青春を燃やし機関誌までだしていた父
親はまるで「台湾のトロツキーだった」と。
その熱血を接いだ張超英氏は徹底した台湾の愛国者であり、自由と民主を台湾に
実現するために奮闘した外交官だった。


 ▲国際通の面目躍如の場面の数々


 張超英氏はローカル色豊かな台湾人というより、むしろ自由、民主という共同
の価値観のために連帯する「国際人」であり、教養も豊かだが、つねに外国情勢
に通じていて物事を深く判断した。
物事を見つめる視野が広く該博な知識の持ち主だった。
しかも並の日本人より達者な日本語、くわえて英語も流暢で、もちろん母国語の
台湾語プラス北京語。

 ハイスクールは香港、大学は日本である。留学生時代には神楽坂にも住んで、
のちに麻雀を題材に流行作家となる阿佐田哲也氏とも親交があった。いやそんな
ことより皇后陛下の学生時代にダンスパーティで話し込んだ体験もあるという。

 張氏は1972年の日華断交以後、台湾が国際的に孤立するという、もっとも
難しい時代に駐日台湾大使館(正式には「台北駐日経済文化代表処」。当時は「
亜東関係協会」といった)で新聞組長(新聞広報部長)として日本のマスコミ対
策の任にあった。
 とくに第一期目には台湾報道をまったくしなかった朝日、読売など大手マスコ
ミと永井道雄氏らの人脈を通じてアプローチし、日本のメディアをいかにして台
湾問題に開眼させたか、氏は淡々と外交努力を記している。

 台湾の民主化を側面から支援し、戒厳令解除へと持って行った原動力は台湾国
内の民主活動家や独立運動だったが、海外でも台湾独立運動は燃えさかっていた

張さんが米国時代、助けられたのは主として民主党リベラル派で、共和党とのコ
ネが薄かった。
日本では灘尾弘吉、椎名悦三郎から青嵐会を経て、自民党議員でも台湾を理解す
る議員は少数派になっていた。

 張さんは日台二国間だけの視座に囚われず、ひろく米国外交の文脈の中で台湾
問題、台湾海峡そして中国共産党を捉えるという問題意識が新鮮で、会う毎の会
話が刺激的だった。
 こうして八面六臂の活躍を続けて日本と台湾の架け橋のために奔走した張氏が
急逝されたのは07年三月七日だった。
 真っ白い雪のつもった朝、NYの病院で。したがって本書が遺作となった。
 本書は台湾近代史の第一級史料ともなっている。
 監訳は坂井臣之助、解説は宮崎正弘。

小生 この本を以下の要領で注文しました。
  ♪
版元「まどか出版」よりお知らせ
@@@@@@@@@@@@@@@
 
本書『国際広報官 張超英』(定価2100円[本体2000円+税]、送料2
90円)を送料と振り込み手数料をサービスで特販します。
 ■お申し込み方法
1)お名前、2)ご住所、3)電話番号、4)注文冊数(『張超英さんの本』と
書き添えてください)を明記の上、FAXかメールでお申し込みください。
1週間以内にお届けします。
 
料金は後払い。本と一緒に郵便振替用紙(払込料:無料)を同封します。
1週間以内に郵便局でお支払いください。
※1冊をお求めの場合は「2100円」です。

■お申し込み先
まどか出版 メールアドレス adm@madokabooks.com 
電話 03-5814-9292  FAX  0120-426-855

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。