老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも拝読しているのですが、久しぶりに皆様に公開したほうがよいと思える記事がありました。ご紹介します。
「日本の進路」  日本戦略の研究会   No.0436   2008/08/07

★ 表題: 日本の人口維持には、家制度を復活・再開せよ                            落合 道夫


◇ 家制度は、日本民族が二千年来政府が崩壊しても生残るように作り上げて
きた、日本人にとってこの上ない立派な社会制度です。実際に多くの歴史上の
大混乱を乗り越え、民族の再生を成功させてきた実績があります。

◇ 私は人口維持問題の解決には、日本民族二千年来の家制度の復活しかない
と思っています。

◇ 民族の社会制度は、本来民族の生存と再生のために、乏しい資源を集中す
ることにより、最大の効果をあげるように最適のシステムが作られました。日
本の場合は先祖崇拝に基づく家制度です。

◇ このため占領軍は、日本破壊のために日本の人口を減らすべく、家制度を
破壊しました。

◇ 戦後歴代政府は独立したのに、占領破壊政策を墨守しているので現在の混
乱になっています。そして、冷戦で米国の破壊方針が放棄された後も、占領利
得者が破壊政策を墨守しました。このため今や結婚が行われず、人口が減って
いるのです。


◇ 平等主義の功罪: 平等は政治の発想であり、生存のための社会制度には
馴染みません。生存のためには限りある資産の優先配分が必要です。非常時に
は、平等は全滅を意味するからです。

◇ このため歴史の長い民族は長子相続、いまなら責任者相続を始めたのです
。これにより、個人の生存(寿命に限りがあります)から血族の生存という広
い発想になり、民族の発展に役立つのです。

◇ 家制度では、家族の各人の役割、資産の継承は、平等ではありません。そ
れは平等にすると、社会が全滅するからです。

◇ 平等主義は人間のネタミに服従する発想で、遊びであり生存の発想ではあ
りません。家制度は最悪に備える、危機に対応するものです。

◇ 政治的な不満解消の民主主義は、重大な生存を扱う社会制度には馴染みま
せん。

◇ また出産奨励策については、仏など外国の事例は役に立ちません。なぜな
ら日本人の生存条件は、自然環境、経済環境、歴史環境において固有だからで
す。それは黒蟻が白蟻の生態を真似れば滅びるのと同じです。


◇ 日本は家制度の復活を行うべきです。そしてこれは結婚、出産増加だけで
なく、今問題の老人介護、個人の道徳までを含む民族のトータルの社会福祉文
化制度でもあるからです。

◇ この制度には血族における個人の役割、道徳、行動規範、老人介護など広
い内容があり、日本の再生と問題解決に役立ちます。戦前の美しい家族愛は、
家制度の産物です。いまよりも助け合いました。


◇ 占領軍は、家制度が日本民族の再生に、最重要なシステムと見てこれに古
い、非民主的などのレッテルを貼り破壊し、日本民族の衰退を謀りました。

◇ 平等相続による社会の破壊は、仏革命から始まっているのです。(漫画部
長島耕作 第三巻 仏のブドー酒畑の項参照)

◇ あるGHQの要員は、日本が再独立し、離日する時に「日本は長い歴史の
ある民族であるから、我々に破壊された伝統的制度を戻してゆくだろう」と語
ったといいます。いまその時がきています。

(日本の進路、No.0436、日本の人口維持には、家制度を復活・再開せよ、完

スポンサーサイト

日本政府の実質的「移民受けいれ国」へ着実に変貌しています。
中国・朝鮮半島人で100万超えています。

これを基にして「多文化共生」?そんなものいらない。

日本クリーン作戦展開中!



外国人登録、中国が60万人でトップ…韓国・朝鮮を抜く
 (読売 2008/6/3)

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080603-OYT1T00451.htm?from=main2


 法務省は3日、2007年末の外国人登録者数で、中国が60万6889

人で最多になったと発表した。



 1959年の統計開始からトップだった韓国・朝鮮と入れ替わった。同省

は「中国人の増加と、高齢化などによる特別永住者の減少が原因で、この傾

向は続く」と見ている。



 07年末時点の登録者数は215万2973人と前年より6万8054人

増え、最多となった。国・地域別では、トップの中国に続き、韓国・朝鮮が

59万3489人、ブラジルが31万6967人、フィリピンが20万25

92人だった。



 59年の韓国・朝鮮の登録者は約61万人、中国は約4万人だった。10

年前の97年末の時点でも、韓国・朝鮮が約65万人、中国が約25万人と

なお大きく開いていたが、韓国・朝鮮がその後、減少傾向となったのに対し、

中国は経済発展に伴い、企業の研修生や留学生を中心に急増した。



 また、07年末の特別永住者は約43万人、一般永住者は44万人で、初

めて逆転した。特別永住者は、制度が始まった翌年の92年は約59万人だ

ったが、年々減少している。外国人登録者が総人口に占める割合は、1・6

9%(前年比0・06ポイント増)だった。都道府県別では、東京都の約3

8万人が最多。愛知県が約22万人、大阪府が21万人で続き、初めて愛知

県が大阪府を上回った。

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。