老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小生の友人で、マイミクでもある大圓氏から以下の記事の送信を受けた。
彼らしい記述の勧め方と参考記事及び文献もありますので、お若いお方には、研究課題としても利用価値があるのではと思います。

では以下のご紹介します。




【罪悪と 未来永劫 責めさいなまん】  

戦争とは目的が達成されたら勝利です。 大東亜戦争の目的は植民地独立、人種平等。 それは戦後達成された。 そして日本は焼け野原から高度成長を短期間に達成して戦勝国といわれる欧米以上の大国になった。 精神は左翼思想占領のおかげで堕落したが、経済的には戦前以上の大国になった。

大東亜戦争は目的を達成して勝利した大戦争である。 敗戦は形式的なもの。 明治開国以来、清帝国、ロシア帝国、欧米列強など世界の大国を相手にちっぽけな小国日本がただ一人戦ってきた。 世界の有色人種の国々が羨望のまなざしで日本を尊敬してくれていた。


毛沢東や周恩来でさえ、かって「日本軍が中華民国軍と戦って戦乱を広げてくれたおかげで、中国共産党は最後に中国を支配できた」と感謝していた。

中国、中華民国との日中戦争は中国側の負け戦だった。 中国共産党は日本軍や中華民国国民軍に追われて逃げ回っていた体たらくだった。 戦後の満州を支配したソ連の肩入れで力をつけて政権を握ったのです。 日本側が負けていたら、日本列島が戦場になっていた。 侵略戦争などでは決してない。 なんら謝ることはない。 彼らの政治カードにうろたえる必要は全くない。

日本が統治した未開の台湾、奴隷制下で悲惨だった朝鮮は戦後、見違えるほどの高度成長をなしえた。日本の統治は北海道殖産と同じで、膨大な投資をして戦後の経済的離陸の基礎をつくったのです。 搾取ばかりの欧米の植民地支配と根本的に異なる。


日露戦争以来、日本を民族解放の希望の星と期待した有色人種の願いを日本は果たし終えた。 その歴史的使命をやり終えた、祖国日本に誇りを持とう。 それを日本青年会議所(JC)がつくったアニメ映画「誇り」は伝えてくれているのです。 

日本共産党が異議を唱えて対決した、このアニメの内容は
『女子高生の「こころ」は、過去からやってきた青年・雄太に出会う。雄太が日本の歴史を知ることの重要性を説き、大東亜戦争や東京裁判について説明。「勝った国が負けた国を一方的に裁く復讐裁判だった」「GHQが戦争で残虐行為を働いた凶悪な日本兵というイメージを日本国民に植え付け、洗脳していった」などと語る。つまり、「贖罪意識」が日本人から、自信と誇りを奪っている、と語る。』

「靖国に行ってみない?」めぐり JCと共産党対立勃発?(J-CAST ニュース)
http://www.j-cast.com/2007/05/31008076.html

【動画】誇り~伝えよう日本のあゆみ~①
http://jp.youtube.com/watch?v=tOEBU7pFhH4&feature=related  
【動画】誇り~伝えよう日本のあゆみ~②
http://jp.youtube.com/watch?v=LOXpznARBNI&NR=1  
【動画】誇り~伝えよう日本のあゆみ~③
http://jp.youtube.com/watch?v=eODAGhwnbV4&NR=1



日本の過去の罪状をことさら持ち出して悦にいっている日本人が多い。 日本はすでに戦後のリンチ裁判において数千人の将兵が処刑、処罰された。 そして数百万人の戦傷者を出した日本軍将兵がいる。 無差別爆撃や原爆で数十万人の日本国民が惨殺された。 数千万人が夫、妻、子供、家、財産を失った。

戦争を行なった罰といえるならば、日本はすでに十分に罰を受けた。 罪に対する処罰として刑を受けて刑務所で刑に服した人間と日本は同じ。 そして日本は六十年前に責任をすでにまっとうした。 それにも関わらず刑務所から出てきた日本、および日本人に対して、未だに戦争責任、罪の自覚を追求して良いものだろうか。 どこまで責めれば気がすむのか。 

刑務所から出てきた元犯罪人に対して過去の罪を生涯追及することは、逆に犯罪として問われるのではないか。 それは刑期を終えた人間、国家に対する理不尽な差別である。 一方日本および日本人の罪状に対して冤罪だとして、田母神氏のように「日本は侵略戦争をしていない」と発言することは、リンチ裁判、間違った歴史観に対する告発としてなんら不都合はない。 

刑に服した後も冤罪だったと告発する元被告の例は過去にも多くあった。 国家においても同じこと。 「刑務所帰り」が原因で差別されて野宿となったホームレスが多くいる。 日本国も日本を嫌う日本人によって理不尽な差別をされているのです。


(完)


【おまけ】


【動画】1941年12月8日真珠湾攻撃の臨時ニュース
http://jp.youtube.com/watch?v=U3vtMKRcY9k 
上記のなかの「過去の不幸な過ちを決してわすれてはいけません」 は、よけいな言葉です。 広島原爆碑の「安らかに眠って下さい  過ちは繰返しませぬから」と同じ、日本の過ちがすべての原因であるかのようにしてしまう。

【動画】Pearl harbor (パールハーバー)
http://jp.youtube.com/watch?v=hSITYF3GOY8&feature=related 
【動画】12月8日を記憶せよ!
http://jp.youtube.com/watch?v=JOdEPLLKd70&feature=related 
【動画】真珠湾攻撃
http://jp.youtube.com/watch?v=voJSPFNAUOA&feature=related 

【動画】「大東亜戦争開戦の真実」4-1(H18.12.6)
http://jp.youtube.com/watch?v=hzmfniVeZpw&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=7790496&id=1016899304 
【動画】「「大東亜戦争開戦の真実」4-2(H18.12.6)
http://jp.youtube.com/watch?v=TJiR0fmRCfk&feature=related 

【動画】【春よこい】俺は君のためにこそ死ににいく【青年塾仕様】
http://jp.youtube.com/watch?v=21JHuOs4MO0&feature=related 
【動画】"FOR THOSE WE LOVE" FanFilm / 「俺は、君のためにこそ死にいく」勝手ファン・プロモ動画
http://jp.youtube.com/watch?v=sQDqX6unKjU&feature=related 
【動画】"FOR THOSE WE LOVE" FanFilm#2「俺は、君のためにこそ死ににいく」勝手ファンプロモ映像・第2弾
http://jp.youtube.com/watch?v=2c03WXTRWPo&feature=related 
【動画】"FOR THOSE WE LOVE" FanFilm#3(1)「俺は、君のためにこそ死ににいく」ファンプロモ映像第3弾
http://jp.youtube.com/watch?v=ulnb7Uzrs2A&feature=related 
【動画】"FOR THOSE WE LOVE" FanFilm#3(2)「俺は、君のためにこそ死ににいく」ファンプロモ映像第3弾
http://jp.youtube.com/watch?v=ptj6BmB3N1A&feature=related 
【動画】桜散る、日本の今へ。 Sakura
http://jp.youtube.com/watch?v=ols0ZrV0gq8&feature=related 
【動画】特攻へのレクイエム
http://jp.youtube.com/watch?v=aQlcxo3gOJ0&feature=related 
【動画】[MAD] YAMATO【男たちの大和】
http://jp.youtube.com/watch?v=MmM7SGQ5RBU&feature=related 
【動画】男たちの大和 ver.2 -Battleship YAMATO-
http://jp.youtube.com/watch?v=xNzuUNxA77I&feature=related 
【動画】先人たちの創り上げた国、日本
http://jp.youtube.com/watch?v=y-gK3jT0bNU&feature=related 
          
開戦までの日米交渉
http://www.jacar.go.jp/nichibei/index2.html 

スポンサーサイト

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。