老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たん吐きVS.血税無駄遣い (産経 08/1/28)


 北京市の街中でも、通行人や運転手がカーッ、ペッ、とたんを道に吐くの

をよく見かける。あまり文明的でない、というので五輪招致後、北京ではた

ん吐き禁止のお触れがでて、今では最高罰金50元の罰則もある。それでも、

たんを吐く人が減ったという気はしない。



 同市東城区都市管理局は4年前に、120万元(1800万円)もする

「ハイテクたん吐き取締り巡回車」を導入、たん吐き撲滅に乗り出した。見

た目はふつうのワンボックスカーながら、海事衛星を使った電送システムや

360度旋回のビデオカメラ、プラズマ大型モニター画面など、ハイテク機

器のフル装備だ。



 海事衛星がたん吐き摘発にどう役立つか、いまひとつ不明ながら、同局は

地元紙に、「たん吐きは現行犯で捕まえないと罰金を請求できない。ハイテ

クカーなら、半径500メートル以内の人々のたんを吐く様子が監視できる」

と胸を張っていた。



 だから、先日、東城区の繁華街で若い男にたんを引っかけられた友人はあ

のハイテクカーは何してるんだと、都市管理局に乗り込んだそうだ。すると、

その車は駐車場で雨ざらし。「ハイテクでたん吐きが捕まるなら苦労はない。

出動するだけガソリン代などで赤字がかさむお荷物さ」と担当者。たん吐き

と血税の無駄遣いとでは、どっちの方が非文明的か、一度、市民にアンケー

トをとってみてはどうだろうか。
スポンサーサイト

靖国暴行事件犯人は、中国では英雄視されている。
これが中国という国だ。

日本人は中国国内でこのようなことはしない。
人間が、民族が違う。しかも中国では確実に死刑にされてしまう。



靖国暴行事件、犯人は自動車部品メーカーの大幹部―中国

 (recordchina 08/1/26)

 http://www.recordchina.co.jp/group/g15088.html
   

 2008年1月15日、靖国陣社で中国人男性が80歳の老人から日章旗を

奪い取り、止めようとした中年男性に暴行を加えた事件が発生した。25日、

大河網は暴行を加えた中国人男性が河南万通集団の元副総経理・王班亜(ワ

ン・バンヤー)だと報じた。



 大河網の調査によると、王は自動車部品メーカー・河南省万通集団の副総

経理。かつては多くの多国籍企業に在籍し、中国の自動車業界ではよく知ら

れた人物だという。取材に対し、河南省万通集団は王が以前副総経理を勤め

ていたことを認めたものの、すでに同社には所属してないと回答した。離職

時期については回答を得られなかった。万通集団のある関係者は事件の連絡

を受けて以来、日本の友人と連絡し王の支援に動いているという。



 80歳の老人から旗を奪い取り、別の日本人に暴行を加えるという事件は、

日本人に再び中国の反日感情の強さを伝えた。愛国主義的傾向が強い中国の

ネット掲示板は王の行為を絶賛する書き込みで溢れている。

この林氏の主張を全面的に支持します。



北京五輪は台湾侵略の前夜祭だ

激論ムック 「誰も報じない中国の真実」より転載
(西村幸祐責任編集)
http://nishimura-voice.seesaa.net/


     「台湾の声」編集長林建良(りんけんりょう)

 五輪開催地選考中、中国政府が茶色の土に緑色のペンキを吹っかけて緑の芝生
に見せかける「緑化作戦」で五輪委員会を騙した。この欺瞞的な手口は、公平公
正という五輪精神とは逆行するものだった。その中国は北京五輪の開催時間を8
月8日8時8分に決めている。なぜなら、「8」は「発」の発音に近いからであ
る。「発」とは「発財」の略で、「儲かる」の意味。つまり、開幕早々から五輪
を金儲けの道具に利用しようと臆面もなくいっているようなものだ。これはまさ
に中国人的なえげつなさである。

●北京五輪はベルリン五輪の二の舞いになる

 しかし、我が台湾にとって、不正や拝金主義以上に深刻なものがある。それは
北京五輪が台湾侵略の序章になることだ。1936年に開催されたベルリン五輪
は、結果としてヒトラーの国威宣揚の道具となった。ベルリン五輪の成功がヒト
ラーに自信を与え、領土拡張に奔り、欧州大戦を引き起こしたことを我々は忘れ
るべきではない。侵略戦争の発動はナチス政権の崩壊にも繋がったが、全世界が
負わされたコストも大きかった。

 今の東アジアにおける情勢からみれば、野望に満ちた中国は当時のナチスドイツ
に極めて類似している。ナチスによって作られたベルリン五輪の記録映画「美の
祭典」でも明らかなように、五輪の成功はドイツ人のナショナリズムを際限なく
高揚させ、それがヒトラーの侵略戦争のゴーサインとなったのだ。

 東京五輪の成功は、日本を敗戦の屈辱から脱却させ、自信に満ちた経済大国へ
と転身させた。だから多くの日本人はそれと同じようなことを中国に期待してい
るが、その中国は開戦前夜のナチス帝国と同じことをやろうとしているのだ。普
通の国にとっては「平和の祭典」でも、中国にとっては、台湾を始めとする周辺
国への侵略のゴーサインとなるのだ。

●「台湾チーム」と呼べない台湾の代表チーム

 中国にとって北京五輪は世界各国に「台湾は中国の一部である」ことを宣伝す
る格好の場となる。台湾は今までも中国の圧力によって、五輪などの国際競技の
場でのチーム名は「タイワン」(Taiwan)ではなく、「チャイニーズ タイペイ」(ChineseTaipei)
を強制されている。それを直訳すれば、「中国の台北」や「中国人の台北」にな
る。台湾人も国民党統治時代からの慣習で自国のチームを「中華隊」と呼んでい
る。台湾人意識の強い台湾最大紙である「自由時報」でさえも、未だに「中華隊
」と書いている有り様だ。数年前に日本で開催した野球の試合で、台湾チームと
中国チームと対戦した。その時の記事はなんと、「中国隊」対「中華隊」と書か
れていた。

 英語に訳せば、「China Team」vs「Chinese Team」である。これは一体誰と誰の
対戦なのか、そして台湾チームはどこにいるのかがさっぱり分からない。そこで
北京五輪で台湾人が、「中華隊!加油!」(チャイニーズ チーム! 頑張れ!
)を連呼したら、世界に「台湾はやはり中国の一部だ」と印象づけることになり
、自分の首を絞めることになるのだ。そして、万が一、台湾チームと日本チーム
と対戦することになれば、日本憎しの中国人はこぞって「台湾同胞」を応援する
に違いない。その時現出するであろう「大中華」対「小日本」の構図を想像する
だけでもぞっとする。

 そしてこの「民族の連帯感」は中国にとって、台湾を籠絡する最高の利器となる
だけでなく、日台分断の絶好のチャンスにもなるのだ。多くの日本人は気がつい
ていないが、中国から見れば日本の存在は、米国に次いで台湾併呑の障害となっ
ているのだ。

 逆に日本にとって台湾が中国に併呑されたら、その島は中国の不沈空母となって
、シーレーンはおろか、領海、領土をも大きく脅かすこととなるだろう。

●五輪を台湾併合の道具にする中国

 実際、台湾人は中国人とは全く違う民族のマレーポレーネシア海洋民族である
が、戦後、中国からやってきた国民党は、台湾人を中国人にする洗脳教育を行っ
てきた。そのためか、戦後世代の台湾人も、中国人とは同じ民族だと勘違いをし
ている人が多い。これを中国が突け込まないわけがない。

サッカーの試合で、南北朝鮮の統一を象徴する統一朝鮮旗を持って互いに応援し
あう熱情的な光景をみれば、「同じ民族」としての結束力の凄さが分かるものだ
。簡単に戦争の発動のできない現在、スポーツの場は国と国、民族と民族、ナシ
ョナリズムのぶつかり合い、決闘の場になる。その時、同じ民族というだけで、
どんな恩讐でも越えられる一体感が生まれてくる。その一体感を、中国は統一工
作の道具として利用しない手はないのだ。

 全世界が注目する五輪の場では、「中華民族の栄光」に一種の恍惚効果をもた
らす精神的モルヒネを台湾人と投与しようとすることだろう。

 北京五輪を利用した統一攻勢は、すでに聖火リレーのコース決定から始まってい
る。中国は最初、「台湾→香港」を国内路線として位置づけた。これは世界に対
してする「台湾は中国の一部」との宣伝工作である。そこで台湾政府がそれを拒
否すると、中国はすぐさま台湾政府を厳しく批判した。その批判とは「スポーツ
は政治と関係ない」「政治介入をするな」といった具合だった。つまり五輪を統
一工作を利用しておきながら、台湾の抵抗を「政治利用」と批判するのだ。泥棒
が警察を泥棒と呼ばわりする中国人の本質そのものだ。しかし、なぜか日本のマ
スコミは、この問題の報道で、中国の横暴に対する批判や台湾に対する理解は皆
無だった。

 その後、中国は国内路線でもなく、国外路線でもない「境外路線」という造語で
台湾を聖火コースに入れることにした。台湾政府も、これなら妥協できるとの判
断を示したが、いざ、それに関する取り決めを署名しようとすると、中国は聖火
リレー沿道での台湾国旗を締め出せ、国歌を禁止しろ、台湾を国家とする標示や
プラカードなど取り締まれ、などと要求してきたのだ。当たり前のことだが、台
湾はこのような理不尽な要求をきっぱりと拒否した。結果として、台湾は聖火リ
レーコースから外れることになった。

●北京五輪を成功させてはいけない

 中国の台湾に対するイジメや嫌がらせはそれだけではない。中国は約千基のミ
サイルを配置して台湾の要所に照準を合わせている。侵略戦争を着々と準備して
いる中国は台湾に侵攻すると公言しているが、日米諸大国はこれを見て見ぬふり
をしている。日米の姑息的な態度は、悪を助長するだけでなく、善をも抑圧しよ
うとしているのだ。それは結果として、戦争やテロの温床を拡大させることに繋
がるだろう。今こそその悪の根源を断ち切るべく、北京五輪の開催に合わせて、
中国包囲網を作らなければならないのだ。

 そこでまず、中国には五輪を開催する資格がないことを大いに宣伝し、問題にす
べきだ。開催までに一年を切った今だからこそ、そのキャンペーンを張ることに
意義がある。なぜなら、開催の失敗が許されず、後戻りのできない中国は、この
時期だからこそ、敏感に反応して反撃してくるだろう。しかし、中国の反撃が強
ければ強い程、中国の問題点がより鮮明に浮上する。中国が抱えている問題はも
はや、茶色い土にペンキを吹っかけて芝生に見せかける「緑化作戦」で誤魔化せ
るものではない。オリンピックの開催を獲得した中国は、未だに数万人の政治犯
を牢屋に拘束している一党独裁国家であり、偽物や毒物の入っている商品を作っ
て世界を混乱させている最低の国でもある。中国は本質的には北朝鮮と同様、マ
フィア国家であるのとともに、環境汚染や領土野心など、北朝鮮以上に近隣諸国
に迷惑をかける国家だ。

 この暴力団的手法で国家を運営している中国が五輪を成功させれば、その影響力
は益々増大し、結果として文明的な国にとっては益々厄介になるだけである。
 だからこそ今から、まず北京五輪をボイコットする運動を推進しながら、環境
、人権監視団を中国に送り込むべきである。すでにアメリカを中心として複数の
団体が、そのボイコット運動を進めているのだが、中国に動揺させる程の力に至
っていない。開催まで一年を切ったが、まだ間に合う。ボイコット運動は例え成
功しなくても、その機運が高まれば高まるほど、中国への牽制になるのだ。中国
の横暴にさせるまいとの意気込みを、世界の連帯で見せなければならないのだ。

 何回も強調する。北京五輪を成功させてはいけない。北京五輪の成功は、中国の
台湾侵攻を鼓舞することになり、結果として、東アジアを始め、全世界の大災難
になるのだ。

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。