老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

訪日中国人旅行者の個人観光ビザ解禁されます
日本社会崩壊の一里塚
その先導役は 自民党観光特別委員会
何れも利権が臭います。


 訪日中国人旅行者の個人観光ビザ解禁へ

 政府は、中国人の訪日について個人観光査証(ビザ)を7月から発給する方針を明らかにした。

 個人年収25万元(日本円換算で約350万円)以上の富裕層を対象とする。

 1年間は試行期間として北京、上海、広州の居住者に限定するが、その後には全土に拡大する。

 世界的な景気後退で訪日外国人旅行者が減少する中、消費意欲の高い中国人富裕層の誘致拡大が期待される。




 観光庁、外務省、法務省、警察庁の4省庁が基本合意し、3月24日、

 中国に対する観光ビザのあり方を検討してきた自民党の観光特別委員会(七条明委員長)に説明した。




 個人観光ビザを取得した旅行者には、旅行会社の添乗員を同行する必要はなくなる。

 昨年3月から発給している家族観光ビザでは2~3人のグループでありながら、団体観光ビザと同様に日本、

 中国双方の添乗員の同行が義務づけられ、旅行の自由度や費用設定の足かせとなっていた。




 ただ、個人観光でも中国側の旅行会社などがビザの申請を行い、日本側の旅行会社が身元の引き受けを行う制度は維持する。

 失踪者が発生した場合のペナルティも厳しくする。


 日本側の旅行会社のペナルティは、失踪者1人に付き家族観光では1点だったが、個人観光では3点。

 失踪者を2人出せば1カ月間の取扱停止となる。ペナルティは団体観光で科せられる分とは別に計算する。


 制度運用の詳細は今後詰めるが、旅行者の年収の確認は預金証明の提出など複数の方法を検討中。

 日本側の旅行会社による入出国の確認は、送迎サービスなどを通じて行うことが想定される。


 個人観光ビザの導入について、観光庁の本保芳明長官は、3月25日の定例会見で、

 「インバウンドが大きく落ち込んでいる時期にインパクトのある手立てを講じることができた。

 富裕層は景気後退の影響が少なく、旅行消費による経済的な効果も大きい」と述べ、

 「旅行会社には市場の掘り起こしを早期に進めてもらいたい」と期待した。


 観光庁では個人観光ビザの導入を加味して、2009年の訪日中国人旅行者数を前年比約14万人増の114万人、2010年には125万人を見込んでいる。

 中国に対する観光ビザは、2000年9月に団体観光ビザの発給がスタート、05年7月には発給対象地域を全土に拡大した。

 昨年3月から運用している家族観光ビザは、個人観光ビザの導入とともに北京、上海、広州では廃止するが、

 その他の地域では個人観光ビザが全土に拡大するまでの期間は継続する。

「観光庁らしい仕事ができた」

 
 観光庁の本保長官は3月25日の定例会見で、中国に対する個人観光ビザの導入に関して、

 「自民党観光特別委のプロジェクトチームに取り組んでいただいたほか、

 観光庁が設置されたこともあって関係省庁の前向きな協力を得られた。観光庁らしい仕事ができたと思う」と述べた。


 (http://www.kankokeizai.com/backnumber/09/04_04/kanko_gyosei.html )


 ふむ。このブログでも伝えたが、中国人観光客を日本に招き入れる必要はない。

 まして、添乗同行をなくしてしまえば、失踪する可能性が高い。

 添乗員同行でも、失踪しているというのに、なぜ、観光庁はこんなことをするのか。

 観光客を見込むのは勝手だが,日本の治安が脅かされるという現実を無視している。外国人犯罪のトップは中国人である。



 残念だが,国民の声がまたしても、中国の利権の政治家によって、反映されていない。

 なぜ、日本の安全を一番に考えないのだろうか。安全神話崩壊への道を歩んでいる気がする。


 観光庁にはしっかりとした説明をしてもらう必要がある。




 何が観光庁らしい仕事をしただ。




 ご意見・お問合せ

【連絡先】
観光庁総務課
E-mail:kankocho@mlit.go.jp
電話: 03?5253?8111
FAX: 03?5253?1563
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。