老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

相互リンクのご依頼

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
nnKj8y1c

2009.05.01  hikaku  編集

Re: 相互リンクのご依頼

折角のお申し出なのですが、相互リンクの張り方を知りません。教えていただければ、おこないますので。



> サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
> http://hikaku-lin.com/link/register.html
> こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
> まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
> 突然、失礼しました。
> nnKj8y1c

2009.05.03  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

NHK回答の欺瞞を暴く:「中国語」表記について                           多田 恵

NHKからの回答で、言語に関する説明がある部分を見ました。そこにはこうあります:

***以下、NHKの回答***
台湾語は[門虫]南語にきわめて近い言語です。そして、[門虫]南語は中国語の一方
言として位置づけられています。一方、台湾には、客家語を話す客家もいます。客家
語もまた、中国語の一方言です。台湾総督府の調査によれば、1930年代に自らを福
建系([門虫]南語)と認識している人はおよそ70パーセント、広東系(客家語)と認識
している人は十数パーセントいます。客家は、自らの客家語という言葉を、台湾語と区
別して使用しています。ですから、当時の住民が「台湾語を話す」と表現すると、そこ
には客家語を話す人びとが含まれないことになります。

[門虫]南語も客家語も中国語(北京語ではなく)の一方言であること、さらに客家の方
々の存在を考え、「中国語を話す」と表現しました。
***以上、NHKの回答***

NHKは、客家人(ハッカ人)が客家語を話すことを考慮して、台湾語という名称を使わずに、中国語とした、としていますが、これも視聴者を馬鹿にして騙しているのです。

まず台湾では、いわゆる「台湾語」(ホーロー語)や、ハッカ語を、現在政策的にも方言とは見なしていません。「○○語」と扱っています。それらを「方言」と強調するのは、台湾語を弾圧していた時期の国民政府を含む中国の視点です。

そして、客家の人たちの中には、客家語も台湾語の一つであるという主張があります。「客家台湾語」という表現がされています。

これは、たぶん「日台戦争」よりは普及した言い方です。しかし、客家の方でも、まだ、ホーロー語のみを台湾語と呼ぶ習慣が一部残っているので、NHKが「台湾語」を使わなかったとする理由が成り立つようにも思えます。

しかしそこには、重大な欠陥があります。同番組では、原住民のことも扱いました。それなのに「中国語」という表現を使ったということは、原住民のことを無視していることになります。客家は無視していけなくて、原住民は無視していいというのでしょうか?

台湾総督府から明治40年に出た、『日台大辞典』では、「台湾語」という用語を、台湾で行われる「支那語」と「蕃語」の上位概念として提示しています。ここで言う、「支那語」という概念は、現在、「シナ語派」とか中国で「漢語」といわれているもので、「蕃語」とは、現在、台湾原住民諸語といわれているものです。

したがって、NHKが、台湾の「本島人」が話す言語を指したいのであれば、「台湾語」とすればいいのではないでしょうか。あの番組では、客家人だとか、ホーロー人だとか、そこまで詳しく紹介していなかったはずです。それならば、台湾語という名称を使っておいて、もし、抗議があったら、「ここでは、ホーロー語、ハッカ語、原住民語を含む広義で使った」と説明すればよい話です。

もし政策的に「禁止」したという事実があれば、その文書にある表現を使えばいい話です。それを出してこないということは、NHKは、資料に基づかずに番組を制作したのでしょうね。

NHKが、「台湾語」を認めない理由として、中国と同じ宣伝をしているのが注目に値します。


関連記事
4/15:【偏向NHK】「中国語の禁止」?-扇情的な事実歪曲
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1138681573&owner_id=6098817
スポンサーサイト

コメント

相互リンクのご依頼

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
nnKj8y1c

2009.05.01  hikaku  編集

Re: 相互リンクのご依頼

折角のお申し出なのですが、相互リンクの張り方を知りません。教えていただければ、おこないますので。



> サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
> http://hikaku-lin.com/link/register.html
> こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
> まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
> 突然、失礼しました。
> nnKj8y1c

2009.05.03  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。