老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

http://takedanet.com/2009/04/post_572b.html

インフルエンザとはなにか? (2)



基本的なことを理解して一息ついたところで,少し幅を広げてみたい。趣味の時間である。

まず,人間が病気になるのは細菌のようなものに襲われるからだと分かったのは今から150年ほど前で,それまでは病気は「悪霊」がとりつくことによっておこると考えられていた。
インフルエンザでも西洋では「天体から悪い影響が来る」ということで,星の運行を観察していた.だから「影響」という意味で,インフルエンス(influence, 影響)と名付けられた。

日本では,吹く風が悪いからインフルエンザになると思って,「風邪」と名付けた。また江戸時代から「渡り鳥が病気を持ってくる」という歌が知られており,人間にも感染していたのだろう。
もしかすると,太陽の黒点が減少し,宇宙線が増え(2008年),それが地表に到達する数が増えたので,カモやブタの体内のウィルスの突然変異が増えたのかも知れない.あんがい,昔の星占いは荒唐無稽ではない場合もある.

ところで,人間の病気が悪霊ではないと分かった後も,ウィルスを発見するには時間がかかり,本格的にはドイツの技術者ルスカが電子顕微鏡を発明してからのことである。(1978年ノーベル賞受賞)
従って,20世紀の始めに流行したスペイン風邪(A,H1N1)の時には,「インフルエンザの原因がウィルスであること」すら分かっていなかった.てっきり細菌と思って「インフルエンザ菌」と言っていた.
だから,防御もできず,また戦争と重なっていた.あまりスペイン風邪を例にとってインフルエンザの怖さを強調するのは感心しない.
・・・・・・・・・

インフルエンザはもともと「鴨(カモ)」に寄生するウィルスで,野鳥は感染しているが,発病しない.発病しないのはウィルスが繁殖するところが体の一部で,繁殖が限定され,しかも毒性が弱いからである.
だから,野鳥からインフルエンザのウィルスが排泄されて,その近くにニワトリ(家禽)がいても,普通は感染しないし,たとえ感染しても発病しない.

体力が弱くなったニワトリや,ストレスの多いニワトリが感染すると,体内で繁殖し,体中で殖え,さらに毒性が強くなって本格的なA(H5N1病原性)になる.これが「鳥インフルエンザ・ウィルス」と呼ばれているものである.

ニワトリを庭先で飼っていればそこそこだが,何しろ何100万羽も一緒に飼育していて,運動もさせないのだから,なにか変なことも起こるだろう。
カモからは鳥,豚,馬,鯨,それに人にすでに感染しているし,今後も他の動物の体内で見つかるかも知れない.つまり,「***インフルエンザ」というのはどの動物からも起こってくる可能性がある.
豚インフルエンザが突然出てきても,まったく不思議はない。私たちが不思議に思うのは,NHKが「鳥インフルエンザの時にはそれだけ,豚になると豚だけ」を放送するから錯覚するだけだ.

動物から人間へのインフルエンザの感染の危険性は,いくらでもある.鳥だけを強調した報道の方に原因があり,私たちは突然の「豚」に驚いているだけで,報道に踊らされている.
もう少し,広げると,生物(遺伝子,体,皮膚,栄養を取る装置などをもったもの)は,常にウィルス(遺伝子と皮膚しかない)と戦いながら,また共存共栄しながら生きてきたから,「ウィルスを撲滅しよう」などというのは不可能だろう。

・・・・ここまで「雑学」というか,周辺の知識を整理することができた.基本的なことと,この雑学をよくよく読むと,おおよそ今度の豚インフルエンザを理解することができるし,どのぐらいの注意が必要かも分かってくると思う。
(平成21年4月27日 執筆)

武田邦彦
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。