老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

外国人犯罪の80%は中国人=中国メディアはこの事実を隠さず報道せよ
 (recordchina 2009/5/27)

http://www.recordchina.co.jp/group/g31755.html


 2009年5月26日、日本の華字紙・日本新華僑報は戦涵(ジャン・ハン)氏の署
名記事「日中メディアは在日中国人の犯罪問題を無視してはならない」を掲載した。 

 日中両国の関係がますます緊密化し多くの中国人が日本で勉学あるいは就労している
が、無視できない問題は在日中国人犯罪。強盗、詐欺、殺人など重大事件も含め多くの
犯罪が発生している。2003年、日本の外国人犯罪者は2500人、うち80%を中
国人が占める。外国人犯罪の発生率は日本人の4倍だが、中国人はさらにその2倍もの
高い発生率を記録している。 

 こうした問題について一部の中国人は日本側に問題があると主張している。実際ある
強盗は取り調べの警察官に「おまえら日本人は中国を侵略した時、多くの物を奪ったで
はないか。われわれが日本で物を盗んでもどうっていうことはない」と述べたと言うが
、こうした言い訳は何の役にも立たないだろう。 

 一方で中国メディアは日本との歴史問題の関係からか、在日中国人の犯罪について報
道することは少なく、逆にすべての問題は日本側にあるかのような報道を続けている。
こうしたなか、ネットでは反日感情が高まり、過激にも「東京大虐殺」をやってやるな
どという言葉すら見かける。しかし社会の進歩と文明の発展という立場に立てば、いか
なる犯罪行為もごまかしたり見逃したりすることは許されない。日本人であろうが、中
国人であろうが犯罪者のことは正しく報道することが必要であり、そのようにして初め
て中国人の新たなイメージを作り上げ、日中関係を良い方向へと発展させることにつな
がるだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。