老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

 治安維持法の取り締まり対象が「天皇制への攻撃」「共産主義の取り締まり」の2点であったことは、もっと知られるべきでしょう。
 例えば、非共産系の労働組合は、治安維持法の対象外であり、当局の取り締まりを受けなかったワケです。
 皇室を敬い、赤化を好まなかった国民の大多数がこの法の支持したとといえるでしょう。

2009.05.30    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.07.08    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

治安維持法について


戦後の日本人は、治安維持法は悪法だ、というプロパガンダ(嘘)を信じています

信じ込まされています(おそらくは外国勢力によって)

本当は、治安維持法が日本を守ったのです


戦前、日本は治安維持法によって赤化(共産主義化)を免れたのです

もし、治安維持法が無ければ、日本が共産主義者によって占領されて

おそらくは日本人が一千万単位で虐殺されていた事でしょう


スターリンの四千万人の粛清

毛沢東の六千万人の粛清

ポルポトの六百万人の粛清

毛沢東・胡錦濤のチベット人百五十万人の粛清

これら共産主義国家の類推からすれば、十分考えられる


日本でも、例えば、浅間山荘事件の赤軍派の行動を見れば判ります

仲間内で、あいつが気に食わぬ、といっては粛清

あいつは生意気だ、といっては粛清


それが日本で、共産主義者によって国家規模で起こる事を考えると、誠に恐怖です

戦前の先人たちは、共産主義の恐ろしさを知っていたのです

そして、治安維持法が日本を守ってくれたのです


先人に感謝!

治安維持法に感謝!


渡部昇一さんが書いていましたが、

治安維持法で死刑になった人間はいなかった、とのことです

日本人は優しいと思います


洋の東西を問わず、国家に対する反逆は死刑と相場が決まっています

それを死刑にしなかった日本人は、やはり優しい民族です


国家の安寧秩序を守ることがどれほど大事な事か

それがまったく判らない国会議員が、今現在、いる

彼らが存在している事自体が

日本が壊れかけている赤信号です


請願の抜粋
「戦前の天皇制政治の下で主権在民を唱え、侵略戦争に反対したために、治安維

持法で弾圧、迫害を受け、多くの国民が犠牲になった。」

パロディー
「戦後、主権在民の日本で、時速30キロオーバーや、不法駐車をした為に、道路交通

法で弾圧され、迫害を受け、多くの国民が犠牲になった』


請願の抜粋
「治安維持法は人道に反する悪法として廃止されたが、この法律によって処

罰された人々に対して、政府は謝罪も賠償もしていない。」

パロディー
「道路交通法は人道に反する悪法であるから将来廃止されるだろうか?

その時、この法律で処罰された人々に対して、政府は謝罪や賠償をするであろうか』


治安維持法は、当時の国民が選挙で選んだ代議士が国会で成立させた法律で、

法律に反するものは、当然に犯罪者になります

殺人犯人が死刑に成るのと何ら変わりません


一部の人が見て悪法でも、国民が選んだ代議士が国会で作った法律は

法律なのです


私が、納税は人道に反すると言ったら、納税の義務を定めた法律が悪法になり

国家が私に賠償をしてくれるのですか?



崩れゆく日本で今やるべきこと


国家反逆罪を造ること

スパイ防止法を作ること

外国からお金を貰った国会議員、県会議員、市会議員を最高刑で死刑にする法律

を作ること

皇室侮辱罪を造ること

外国と同等の国防力(核兵器を含む)を持つ事を義務付ける法律
スポンサーサイト

コメント

 治安維持法の取り締まり対象が「天皇制への攻撃」「共産主義の取り締まり」の2点であったことは、もっと知られるべきでしょう。
 例えば、非共産系の労働組合は、治安維持法の対象外であり、当局の取り締まりを受けなかったワケです。
 皇室を敬い、赤化を好まなかった国民の大多数がこの法の支持したとといえるでしょう。

2009.05.30    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.07.08    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。