老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

沖縄が自分たちだけが被害者のように騒ぐ。私もウンザリです。日本中が無差別爆撃に晒され爆弾が焼夷弾が降り注ぎ都市という都市は焼かれつくした。外地では多くの人々が襲われ、奪われ、犯され、自決した人も大勢いる。
降伏すると皆殺しにされる、死ぬよりも辛い目に合う、そう教えたの間違いだと決まって言われます。それは中国・ソ連が侵攻した地域で現実となった。アメリカだけが例外だったことになぜ触れないのか。そのアメリカも民間人を無差別大量虐殺した。結局敵はすべて鬼畜だったのだ。
結局くだんの女子は告訴を取り下げましたね。兵士の主張はただ抱きついだだけ、少女は強姦されたと主張、痴漢冤罪や素人の痴情絡みでよくある話です。事実がどの程度であったか何も確定していないのに「強姦」として煽りまくるマスコミ。狂っています。

2008.03.02  一号線  編集

まったくそのとおりですね。本土の無差別爆撃を受けた人。

戦後すぐサハリンで襲われた女性たち、沖縄の人よ、甘えるのもいい加減にしろ。

2008.03.04  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ここ数年、沖縄の人には幻滅を感じることばかりである。
沖縄だけが被害者か!
甘えるのもいい加減にしろ!と叫びたくなる。
 

自決があったのは沖縄だけではない! ―――――――― 


また沖縄で米兵による婦女暴行事件が発生して、毎度変わらぬステレオタイプ
の反応が報道されています――――。

夜中のあんな時間に、水商売でもない高校生の女が繁華街をウロウロしている
というのもどうかと思われる行動ですが、買物に出るという場合もあるでしょ
うから、それはさて措いても、

外人であろうが日本人であろうが、夜中に見も知らぬ“男”の誘いにノコノコ
と随いていく・・・そんなバカ女が、起るべくして起した事件を、待ってまし
た!と政治的に利用する反日日本人ども!

頭カラッポのバカ女と、反日日本人どものことを書いても胸クソが悪くなるば
かりですが、ーーーところでその、沖縄だけが何故?と

ーーー感じているのは OJIN だけではなかったようです。


┌──────────「加瀬英明氏」―― 杜撰な沖縄集団自決論 ――

昭和20年4月にアメリカ軍が沖縄に上陸して、日米両軍が激戦を展開した時
に、日本軍が沖縄住民に集団自決を「強要」したということが教科書に記載さ
れていたのが、その証拠がないことになると、文科省が介入して、集団自決に
「関与」したという表現に改められた。その是非をめぐって論争がたたかわさ
れている。

なんとも奇怪なことだ。このような政府と文科省に、教育という国家の大事を
委ねてよいものだろうか。

それよりも、どうして住民の集団自決の議論を沖縄に限定するのか、私には理
解できない。

アメリカ軍は、沖縄に上陸する10ヶ月前の昭和19年6月に、サイパン島に
来攻した。サイパン島には2万人の邦人住民が居住していた。アメリカ軍が来
攻する前に、老幼婦女子の内地送還が実施された。

しかし、第1船のアメリカ丸、第2、第3船の千代丸、白山丸がアメリカ潜水
艦によって撃沈されたので中止された。3回の疎開船とも生存者がなかった。

サイパン島の面積は、東京23区の4分の1弱に相当する185平方キロであ
る。わが軍は、アメリカ軍が上陸してから31日間に渡って、他のアメリカ軍
を迎え撃った島嶼と同じように敢闘したが、武運つたなく島を敵手に委ねた。

南雲忠一長官以下、高級将官が自決した後に、残存していた将兵と在郷軍人、
警防団員、青年団員などの邦人合わせて3千人あまりが最後の突撃を行った。

多くの邦人女性が、迫るアメリカ軍を前にして、最北端のマッピ岬の断崖から
母は乳児を抱いて、あるいは親族や友と手をつないで、南の海へ身を投げた。
集団自決だった。

アメリカ軍が海上から望遠レンズを用いて撮影した、痛ましい動画の映像がの
こっている。悲劇のマッピ岬は今日「バンザイ・クリフ(クリフは断崖)」と呼
ばれ知られている。サイパン島を訪れる日本人観光客が必ず訪れる、不謹慎な
ことだが、観光スポットの1つとなっている。

だが、沖縄住民の集団自決については、「日本軍による強制」とか「関与」を
問題にしてきたのに、いったい同じ集団自決であったのに、どうしてサイパン
における邦人住民の集団自決が取りあげられることがないのだろうか。

年末にイギリス人の畏友が、新年の休暇のためにマックス・ヘイスティングス
著『ネメシス 日本との戦い 1944―45年』ハーパースプレス社、ロンドン)
と題する本を送ってくれた。

「ネメシス」はギリシア神話の復讐、あるいは天罰を降す女神である。対日戦
争を1944年から克明に記録した674ページにわたる大著である。著者は
イギリスでよく知られた歴史作家である。

沖縄本島には、1200隻の艦艇に分乗する17万のアメリカ軍が来攻した。
我が軍と陸海空において凄惨な血戦が繰りひろげられた。先の本から引用しよ
う。
┌--------
一般住民がさまよう戦場では、身の毛がよだつようなことが起こった。特に沖
縄戦がそうだった。(アメリカ軍兵士の)クリス・ドナーはこう記録している。

「地面に、15歳か16歳と思われる少女の、美しい死体が横たわっていた。
全裸でうつ伏せになって、両腕を大きく拡げていたが、やはり両脚を開いて、
膝から曲げてあがっていた。
仰向けにすると、少女の左乳房を銃弾が貫いていたが、何回にもわたって強姦
されていた。日本兵の仕業であるはずがなかった」

しばらく後に、ドナーの分隊の何人かが丘の上から敵によって狙撃されて倒れ
た。その直後だった。赤児を抱きしめている日本女性に遭遇した。

兵たちが口々に「あのビッチ(女)を撃て!ジャップ・ウーマン(女)を殺せ!」
と叫んだ。兵がいっせいに射撃した。女は倒れたが、渾身の力を振りしぼって
立ち上がると、手離した赤児のほうへよろめきながら進んだ。

兵たちはさらに銃弾を浴びせた。女が動かなくなった。
└--------

アメリカ軍は戦闘中に、しばしばこのような残虐行為を働いた。こうした戦慄
すべき事実は、目撃した住民によって我が軍戦線の背後にいた住民に伝わった
はずである。

ヘイスティングスは本書のなかで、アメリカ兵が日本人を人間だと思わなかっ
たので、故国への土産(スブニール)として日本人の頭蓋骨を蒐集したが、ヨー
ロッパ戦線において、ドイツ兵については、頭蓋骨をそのように扱うことはな
かったと述べている。日本人の頭蓋骨を飾り物として珍重したのだった。

私はこれまで、アメリカ人による太平洋戦線の記録のなかで、アメリカ兵が残
虐行為を働いたという、多くの記述を読んでいる。

教科書の沖縄戦中の住民の集団自決についての記述から、アメリカ軍の存在が
なぜなのかすっぽりと抜けている。沖縄戦はいうまでもなく、アメリカ軍が沖
縄に侵攻したことによってもたらされた。なぜアメリカ軍が不在なのか。当然
アメリカ軍が「関与」していたはずである。

教科書の執筆者や文科省の担当官は、沖縄住民がアメリカ軍を恐れていたこと
に頭が回らなかったのだろう。どうしてアメリカ側の記録を調べる熱意が欠け
ていたのだろうか。杜撰[ずさん]なことだ。教科書は正確な記述を期さねばな
らない。

サイパン島が失陥した12日後に、アメリカ軍はテニアン島に来攻した。

テニアン島には、15000人あまりの邦人住民が居住していた。ここでも、
一般邦人は国軍によく協力して勇戦した。沖縄と同じように、男子住民も祖国
の弥栄を祈念して最後の突撃に加わった。そして、多くの婦女子が自決した。

└──────────「メルマガ頂門の一針より引用」
            http://www.melma.com/backnumber_108241/


沖縄ばかりでなく、民間人の住む地域で戦場となったのは、サイパン島もテニ
アン島もそうですし、満州・樺太・千島、ウカウカしてたら北海道や東北地方
の北部も、蹂躙される危機一髪の瀬戸際にありました。

樺太や千島なんか、日本が降伏した3日後に襲われ、抗戦することもできずに
殺されていったのですから、潔く自決することができた人々よりもさらに悲惨
ともいえるでしょう。

樺太で、列車を利用して突撃してくるソ連軍・・・その列車の機関車の前部に
日本軍の弾避けにと全裸で括りつけられていた日本婦人は..生きていたのか既
に死んでいたのか・・・・‥‥‥ 沖縄の人々よ!

そのとき前線で敵軍と対峙していた人々も、銃後にあって支えていた人々も、
同じだったのではないのですか? 数の問題ではありませんが、あなた方は、

ーーー軍の命令で自決させられた!と吠えているようですが、

内地の空襲で..広島長崎の原爆投下で..何十万の人々が..自決よりもっと不本
意な状況で死んでいかなければならなかったか、に、、思いを致したことがあ
るのですか?ーーー自分たちだけが軍の命令で自決しなければならなかった哀
れな犠牲者・・・それでは、

覚悟を定めて自決された方々をも冒涜している、ことになるのではないのか?

満州の曠野で、

┌──────────

ーーーソ連軍が急追してくる。さらに現地人たちが匪賊のように襲ってくる。

軍の根こそぎ動員によって屈強の者がいないと分かると、それまで親しんでき
た満人の友さえも加わり、暴徒となって日本人難民に波状攻撃をかけてくる。

屈強の男無く武器も無い開拓団は、それでも、レンガや鍋、釜を割っては投げ
つけ応戦する。十五、六歳の少年達までが斬り込み隊となって戦い、最後には
全員が自決した。

この老人のグループは、祖国日本は降伏したに違いないとの考えに至る。その
ことがいっそう絶望的な気分を蔓延させ、誰もが無慈悲になり、疲労困憊した
者や負傷者を置き去りにするようになっていく。

取り残された場合には、やがてソ連軍の攻撃や現地の暴民によって皆殺しにさ
れることを知って、逃れようと皆は必死の思いで歩き続ける。

何度も何度も暴民や武装匪賊の襲撃に遭遇し、すべてを奪われ乞食以下となっ
た日本人の行列に、中国人が「子供を売ってくれ、女の子は500円、男の子
は300円でどうだ」と声をかけてくる。それは執拗そのものだったという。

そして、最も悲惨だったのは子供たちだ。多くの子供が力尽きて野垂れ死して
いった。こうして疲れ果て、絶望した開拓団の集団自決が、8月20日を過ぎ
た頃から始まる。

守ってくれるべき軍隊もなく、包囲されて脱出の望みを絶たれた人々にとって
は、最後に残された選択肢は死だけとなる。人は忍耐の限度を越えると、生き
ていることも苦痛になるのでしょう。

8月25日午前4時過ぎ、満州東部のある開拓団では、夜明けの空を震わせて
自決の銃声が響き渡る。一足お先に‥‥‥‥と、子を両手に抱え、または胸に
抱きして、涙で顔をグシャグシャにしながら引き金が引かれていく‥‥‥‥。

妻を‥子を‥親を‥知人を‥

火葬場と決められた馬小屋は、絶え間なく銃声が続き屍が折り重なってゆく。

読経が低く流れるなか、泣き叫ぶ子を抱き抱えた母親も、目を血走らせて銃声
の中へと消えていく。

└──────────「満州回顧録:満州開拓団の惨」より
            http://chinachips.fc2web.com/repo1/015012.html


そのときは沖縄だけではなかったのだ!


どうして、沖縄だけが声高に叫ぶんだ?


沖縄は恥を忘れた自虐想妄の民なのか!
スポンサーサイト

コメント

沖縄が自分たちだけが被害者のように騒ぐ。私もウンザリです。日本中が無差別爆撃に晒され爆弾が焼夷弾が降り注ぎ都市という都市は焼かれつくした。外地では多くの人々が襲われ、奪われ、犯され、自決した人も大勢いる。
降伏すると皆殺しにされる、死ぬよりも辛い目に合う、そう教えたの間違いだと決まって言われます。それは中国・ソ連が侵攻した地域で現実となった。アメリカだけが例外だったことになぜ触れないのか。そのアメリカも民間人を無差別大量虐殺した。結局敵はすべて鬼畜だったのだ。
結局くだんの女子は告訴を取り下げましたね。兵士の主張はただ抱きついだだけ、少女は強姦されたと主張、痴漢冤罪や素人の痴情絡みでよくある話です。事実がどの程度であったか何も確定していないのに「強姦」として煽りまくるマスコミ。狂っています。

2008.03.02  一号線  編集

まったくそのとおりですね。本土の無差別爆撃を受けた人。

戦後すぐサハリンで襲われた女性たち、沖縄の人よ、甘えるのもいい加減にしろ。

2008.03.04  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。