老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

独仏中合作映画「ジョン・ラーベ」の正体

「史実を世界に発信する会」の茂木様より以下のメールをいただきました。
小生独断で転送いたします。
日本語原文が必要なお方は連絡すれば、送信くださるとのことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

独仏中合作映画「ジョン・ラーベ」は、4月2日ドイツで封切られ、4月28日には中国でも上映され
ています。人道主義者、南京のシンドラー、ラーベを標榜するこの映画は、ラーベ日記をベースとする
亜ノンーフィクション作品を装っていますが、その正体はとんでもない代物です。
 30万虐殺が事実であった、と言うことを国際的に常識化するとともに、ナチ以下の残虐国家日本を
印象付けようと言う狙いを秘めた作品であるからです。
 真実は、国際委員会の公式文書「Documents of the Nanking Safety Zone」が明確に記録して
いるように南京の人口は、減少したのではなく、増加していたのであり、また日本はドイツと防共協定
は結んでいたが、「ユダヤ人差別せず」の国策によりユダヤ難民救済を行っていたということです。
 この事実を「史実を世界に発信する会」のサイトに掲載し、また海外の報道、政府機関、学者他
多くの人に下記のメールを出したところです。日本語原文は http://www20.tok2.com/home/nanking/  
に掲載されていますが、ご希望の方にはコピーをお送りしますのでお申し出ください。 事務局長 茂木

     Observation on the Film "John Rabe"

The German-French-Chinese film "John Rabe", directed by Florian Gallenberger, made its debut
in Germany on April 2009 and its first showing in China took place on April 28.

If one’s perception of the film is that it is factually based, this is completely wrong.
At the end of the film, the endnote states “300,000 Chinese were massacred.”
However, John Rabe, in his Diary, never stated that he witnessed a single case of massacre at all.
“Despite the claim of 300,000 massacred, there is not a single witness to this alleged atrocity
in Rabe’s Diary”: is this truly possible?

Anyway, you can better understand the background of Rabe’s involvement with the International
Committee for the Nanking Safety Zone and what really happened in Nanking through this essay.
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/61_S4.pdf

Any questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi
Deputy Chairman and Secretary General
Society for the Dissemination of Historical Fact
Tel 03-3519-4366
Fax 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with customs in Japan


スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009.12.01    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。