老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

契約不履行の損害賠償を求めるとスパイ容疑で逮捕された。
これが中国の姿です。
決して騙されないように。はじめから中国を信用するからこのようになる実例。


中国ビジネスの信用度揺るがす 豪外相が批判 2009.7.13 21:53
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090713/fnc0907132153011-n1.htm


 【シンガポール=宮野弘之】英オーストラリア系資源大手リオ・ティント社の上海事務所幹部ら社員4人がスパイ容疑で中国当局に逮捕された事件は13日、逮捕から1週間が過ぎたが、事態はオーストラリアと中国政府間の外交問題へと発展しつつある。

同時に資源価格が高騰した時期に結んだ契約の一部を、景気低迷で需要が落ち込んだ中国鉄鋼メーカーが履行せず、リオ社の担当者は損害賠償を求める交渉を行っていた最中の事件で、中国政府の対応次第では、国際ビジネスにおける中国の信用度を大きく損ねる可能性もある。
 

「中国は、この問題が国際的なビジネス社会や関係する人々の中国への見方にどう影響するか、慎重に考える必要がある」。オーストラリアのスミス外相は12日の記者会見で、こう述べ、今回の事件が今後の対中国ビジネスに影響を与える可能性が大きいことを示唆し、適切な対応を求めた。
 

外相はさらに、これまで中国政府から正式の連絡や説明がなく、中国外務省のウエブサイトなどで情報を集めていると述べ、強い不快感を示した。
 オーストラリアの地元メディアによると、逮捕されたリオ社の幹部、スターン・フー氏は中国・天津出身で1994年にオーストラリア国籍を取得。リオ社の前にもオーストラリア系企業で北京に駐在するなど、中国との貿易や通商にかかわってきた。


フー氏はリオ・ティント社で、中国の各メーカーに対し、鉄鉱石の長期買い付け契約の一部を履行しなかったために生じた損害90億ドル(8300億円)の賠償交渉と同時に、新たな契約交渉を担当していたという。また、オーストラリアン紙は、フー氏が中国鉄鋼大手、首都鋼鉄の幹部から不正に鉄鉱石の価格に関する資料を手に入れていたと伝えた。 

一方、シドニー・モーニング・ヘラルド紙によると、今回の捜査については胡錦濤国家主席も承認をしているという。中国政府筋が同紙に明らかにしたもので、捜査は中国政府が進める経済管理手段の再構築の一環で、スパイ機関や治安機関も経済戦略の決定にかかわる機関に格上げされたという。

さらに、匿名の経済アドバイザーは同紙に対し、中国の経済運営の指導は、現在は国務院(政府に相当)ではなく、共産党中央の常任委員会があたっていると語った。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。