老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL


改めて日本と言う国を考えさせてくれました。
水島様 ありがとうございました。

「敗戦の御詔勅に還る」
                   日本文化チャンネル桜代表 水島 総

日本に大きな転換が訪れようとしている。
具体的には、民主党による政権交代だが、その意味するところのものは、
もっと深刻で危機的なものである。
つまり、戦後六十余年にして、いよいよ古来から続いてきた日本という世界
最古の国柄が、現実的に解体、消失しようとしているのだ。
三島由紀夫が自決前に述べた「ニッポン」の現実化である。

「 二十五年間に希望を一つ一つ失って、もはや行き着く先が見えてしまった
 ような今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも
 希望に要したエネルギーがいかに厖大であったかに唖然とする。
 これだけのエネルギーを絶望に使っていたら、もう少しどうにかなっていた
 のではないか。

 私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行っ
 たら「日本」はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。
 日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、
 中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るの
 であろう。それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなく
 なっているのである。 」

というアジアの国「ニッポン」が誕生しようとしている。

二千年以上にわたって、
「ますらをの かなしきいのちつみかさね つみかさねまもる やまとしまねを」
(三井甲之)として、我が国の国体を維持してきた私たちの祖先や、悠久の
歴史を信じ「後に続く」を信じて散華していった英霊を思えば、胸が痛む。

一体、何ということなのか。
私たちの時代に、私たち日本人自身が、この祖国日本を解体させようとして
いるのである。
私たちはそれを阻止出来ぬまま、むざむざ許そうとしている。
祖霊、英霊に合わす顔もない。

雪崩を打つように日本が崩壊していく中、今、私たちは何をなすべきなのか、
何が出来るのだろうか。

以前も、このエッセイで書いたが、私の尊敬するドイツの作家トーマス・マン
は、ナチスに追われてアメリカに亡命したとき、書斎の壁に「私がいるところ
にドイツはある」と書いて貼っていたという。
マンの座右の銘は「duruchhalten=持ちこたえる」だったという。

私自身も、マンと同じ気持ちである。
「日本草莽のあるところ日本はある」
そのように私たちは生き、子孫に伝えていかなくてはならない。

どんな困難な状況にあろうとも、私は日本と日本人を信じるものであり、
日本文化チャンネル桜も同様である。
その信念と姿勢を、私たちは自身の背中によって、未来の日本の子供たち
に見せなければならない。
彼らはこういう状況の中でこそ、大人たちの背中を見ている。

我が国は、物量の差やその他の要因で、大東亜戦争に敗れた。
勝敗は時の運である。
大事なのは、その敗れ方である。
敗れたときの私たちの姿勢であり、態度である。

戦後日本人は、果たして「見事に」敗れたのだろうか。
残念ながら、私たち戦後日本人はそうではなかった。
本当は、私たちが、日本人として誇りと矜持を保ち続ける限り、
「国敗れても 国は滅びず」だったはずなのである。

繰り返すが、特攻に散った英霊たちが「後に続く」を信じ、従容として出撃され
ていったのは、国家や国民、悠久の歴史と文化のために、その命を捧げる
精神が引き継がれるならば、国は敗れても、国は滅びないと、固く信じていた
からである。

日本草莽の皆さんに呼びかけたい。
私たちの祖国は、間もなく大きな崩壊や解体的状況が起きるだろう。
しかし、私たちが、日本人としての魂を持ち続け、そして、皇室がある限り、
日本社会がどんな惨状に陥ろうと「日本はある」のである。

私たちには、絶望が足りない。
絶望的な状況の中で、もう絶望をみみっちい希望と共に語るのはやめよう。
それ以上に、大きく遥かな希望を抱こうではないか。

先人のことを考えれば、まだまだ私たちには、「日本」が足りないのである。

昭和二十年八月十四日、敗戦にあたり先帝陛下におかれては、国民に対して
御詔勅を発せられた。

「 宜シク挙国一家子孫相伝ヘ 確(ヨ)ク神州ノ不滅ヲ信シ 任重クシテ
 道遠キヲ念(オモ)ヒ 総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ 道義ヲ篤クシ志操ヲ
 鞏(カタ)クシ 誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ 世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ
 期スヘシ 爾臣民其レ克(ヨ)く朕カ意ヲ体セヨ 」

戦後日本と日本国民は、これを実行しなかった。
真剣に実行されるべきは、今である。
第二の敗戦たる今からである。

そういう意味で、一人の草莽を紹介したい。
「日本世論の会」会長の三輪和雄氏のことである。

彼は御自身で「アジの開き」と自称し、「アジ演説で世論を啓く」運動家である
ことに徹すると常々話されている。
彼のNHK抗議運動への関わり方の中で、ひとつ感心させられたことがあった。

真っ先に立ってデモや集会をリードしているのは、いつものことだが、国民大
行動・第二弾のデモ行進の途中、交差点で信号を待つ間、三輪さんはデモを
眺める若者たちに声をかけ、なぜ、自分たちがNHKに抗議しているかを
真面目に説明し始めたのである。
突然、見知らぬオヤジが語りかけて来たので、若者たちは戸惑った表情を
見せていた。

その一生懸命な姿が印象に残った。
「やむにやまれぬ大和魂」を見たように思った。  

効果があるから、結果が出るから、得になるから、
私たち草莽は立ち上がるのではない。

「やむにやまれぬ」思いから、静かに、そして断固として、立ち上がるのである。

今年も八月十五日があと一ヵ月でやって来る。

英霊たちは万感の思いで、今年の夏を、私たち日本国民を、見守っている。


  畦の花 召しいだされて桜かな   特攻隊員の遺句 




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。