老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

小生の関東における同士のお一人であるO様よりのメールを送信します。


教育を正す東葛市民の会のOです。

7月19日のテレビ朝日の報道番組「サンデープロジェクト」で、司会者(田原聡一朗)が民主党の目玉政策「月額2万6千円の子供手当支給制度」について、岡田克也幹事長に「子供がいない家庭では増税になるではないか」と噛み付いているシーンがありました。そこで、
小生は以下のようなメールを民主党本部へ送りました。皆様も同様な抗議メールを 送って頂ければ幸いです。

民主党:ご意見はこちらへ
http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html


月額2万6千円の子供手当て支給制度では増税になる!?
7月19日のテレビ朝日の報道番組で、岡田克也幹事長はいらだちを隠さなかった。司会者に、民主党が目玉政策に掲げる「子供手当て(月額2万6千円)」について、「①子供が2人いれば負担減になるが、一人の場合は増税になる、②2人以上子供がいる家庭は2割しかない--と執拗に追及されたからである。公明党の北側幹事長は「民主党は配偶者控除、扶養控除を廃止して、財源にすると言っている」と指摘、自民党の細田博之幹事長は「詰めが甘いんですよ、詰めが甘い」とあざけった(7月20日付産経新聞記事)。
そこで民主党が掲げている「子供手当制度の創設」について、以下に疑問を呈したいと思います。

①子供手当制度の創設のために、5兆6千億円の経費(消費税に換算すれば2%以上に相当)が必要とのことで、その財源に「配偶者控除と扶養控除」の廃止を挙げていますが、それだけでは、1兆6千億円にしかなりません。不足の財源はどこからもってくるのですか?

②また、児童手当も廃止するということなので、子供が2人の家族の場合、結局、実際の手取り増は月額4千円程度にとどまります。これを2万6千円のメリットがあるような主張をするのは行き過ぎではないでしょうか。

③さらに、子供がいない家庭、あるいは、子供が高校生以上の家庭では、子供手当が廃止され、扶養控除も廃止されるので、一方的な増税になります。この点について何も言及しないのは、如何なものでしょうか。中学生以下の子どものいないすべての家庭が増税になります。おそらく、そんなの聞いていないと大騒ぎになるでしょう。

④高齢者夫婦の家庭では、配偶者控除の廃止の影響をもろに受けることになります。後期高齢者医療制度が年金受給者いじめだと問題にされましたが、この政策の方がもっと深刻な騒ぎになるように思います。

民主党は、政権担当能力があると国民にアピールされるのでしたら、子供手当制度の創設についてこんなに大疑問があるのですから、実際に政権を取った場合、予算委員会で追及されたらどのように答弁するのでしょうか。8月30日投票の衆院議員選挙に向けてマニフェストづくりを急いでおられると聞いていますが、「子供手当て月額2万6千円支給制度創設」という子供騙しの目くらまし政策では国民は納得しません。財源・税金面からも説明して下さるようお願いします。

ネクストキャビネットの担当大臣名で必ずご返事くださるようお願いします。

平成21年7月24日      
      Oです。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。