老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

台湾に関心のある皆様の一番の関心事
それは、台風被害への支援が何故出遅れているのか。
台湾在住の日本人からもそのような声が聞こえてきます。
明確に答えてくれています。


永山英樹さんの メルマガ版「台湾は日本の生命線!」より転載しています。

台湾の台風被害―日本はなぜ支援で出遅れているか
ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-852.html

台湾では八日からの台風被害によって甚大な被害を出しているが、海外からの支援が遅れている。黄金の七十二時間もとうに過ぎ去ってしまっている。

そうしたなか十六日になり、沖縄の米軍がようやく支援物資を運ぶCー130輸送機を派遣した。十七日には救済に欠かせないCHー53Eヘリも現地へ到着。

それでは日本は何をしているのか。九九年の台湾大地震で国際救援隊を真っ先に派遣したのが日本。それをよく憶えている台湾人の間では、「なぜ」の声が上がっているそうだ。馬英九政権が日本の駐台代表との会見をボイコットしたことへの報復ではないかとの見方も出ているのだとか。

そこで十七日午後、その「なぜ」を外務省に聞いてみた。最初は電話を緊急人道援助課に回されたのだが、そこからは「台湾への支援については中国モンゴル課(旧中国課)に聞いてほしい」と、申し訳なさそうに言われた。やはり「台湾」は政治的に(中国への配慮で)特別扱いなのかも知れない。

それで中国モンゴル課へ掛けなおして質問した。「台湾側から要請はないのか」と。

相手はこれに関してはあまり言いたくないようだったが、それでも最低限のことは教えてくれた。

要請は、「あった」のだそうだ。ではなぜとっとと動かないのか。「鋭意調整中だ」とは言っていった。

あれほどの災害に対し、日本側から救済支援の申し出はしなかったのかと聞くと、答えない。「対外的に言えない」ことなのだそうだ。

しかし実際には日本は、すでに米国とともに早い段階で支援の申し出を馬英九政権に行っているのである。ところがそれを馬政権によって拒否された。

この驚くべき事実は十四日、その事実を記録した十一日付の外交部(外務省)公文書が暴露されて明るみになった。

なぜそのようなことをしたのか。ここで問題となるのが中国人為政者の伝統的な政治文化だ。「政治優先・人命軽視」の前近代的な文化である。

つまり中国の顔色をうかがったのだとされている。馬政権にとって中国はもはや宗主国のような存在であるが、その中国は自分より先に米国人が台湾入りすることを許すことができない。なぜなら中国は目下、台湾を米国の勢力下から自国の勢力下に組み込もうとしているからだ。

ところが先の公文書が暴露された。すでに中国政府からの義捐金送付の表明も受けている。そこで馬政権はようやく国際援助の要請を行った。苛立っていた米国はこれを受け、直ちに軍を投入した(これを受け、中国は軍の投入を諦めた)。

ところが日本は、いまだに「鋭意調整中」…。やはり中国の顔色を伺い、出遅れたか。

人命無視の対応で、内外の批判を浴びる馬英九総統。CNNが行ったアンケート調査では、実に八〇%もが「辞職すべき」と答えている。これは反人道的な中国政治文化への批判でもある。

台湾大地震のとき、日本の救援隊は一番乗りを果たし、さらには真摯かつ優秀な行動を見せ、これで台湾での日本の信頼感は急上昇した。帰国のために空港へ入るや、広大なロビーは期せずして大拍手で包まれた。

しかし今の日本政府は、馬英九総統と似たようなものではないのか。つまり「中国優先・台湾人軽視」と言う。

中国や中国人の馬政権がどうであれ、日本は被災民の側に立て。

--------------------------------------------------------------------------------

●台湾の台風被害に対する「お見舞い募金」お振り込み先

・お見舞い募金は「お志」ですので、いくらでも結構です。
・礼状はお出しできませんことをご了承のほどお願いします。

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110-4-609117

・通信欄に「台湾」「お見舞い」「水害」などとお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票もご利用できます。

☆銀 行 三菱東京UFJ銀行
本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。