老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

『李登輝学校の教え』

小林よしのり&李登輝『李登輝学校の教え』
李登輝氏が自らの道程、
そして対中問題、
果てには教科書問題に至るまで、
「ここまで言っちゃっていいの!?」という程、
日本人の為に語ってくれた本当に貴重な本です。
読み終わったら感動が !
是非皆に読んでほしいな !

2009.09.12  17才  編集

Re: 『李登輝学校の教え』

17才様
正にその通りです。
是非お勧めの書籍ご愛読ください


> 小林よしのり&李登輝『李登輝学校の教え』
> 李登輝氏が自らの道程、
> そして対中問題、
> 果てには教科書問題に至るまで、
> 「ここまで言っちゃっていいの!?」という程、
> 日本人の為に語ってくれた本当に貴重な本です。
> 読み終わったら感動が !
> 是非皆に読んでほしいな !

2009.09.12  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL


メルマガ日台共栄 より転載です。
以下の李登輝友の会のHPには訪日中の李登輝閣下の写真が沢山ありますのでごらんになってください。

来日中の李登輝閣下

1>> 李登輝元総統が7日間にわたった日本訪問から無事に帰台
   台北ご到着の写真は本会ホームページに掲載 http://www.ritouki.jp/

 訪日中の李登輝元総統ご夫妻は、10日午前9時30分、熊本市内のホテル日航熊本を出発、
午前11時過ぎに福岡空港へ到着された。国際線の北詰にある空港関係者用の出入り口では、
本会の福岡県支部の呼びかけで集まった本会会員らおよそ50名が日の丸や日本李登輝友の
会の小旗を振ってお見送りした。

 車から降りたご夫妻は、見送りの列に近づき、「ありがとう」「ご苦労さんでした」な
どと声を掛けながら一人ひとりに握手をしつつ別れを惜しんだ。お見送りには、高知から
同行した本会の冨澤賢公理事や熊本から同行した本会本部の柚原正敬事務局長、片木裕一
理事、東京からも東京青年会議所などのメンバー~なども駆けつけた。

 搭乗したエバー航空BR2105便は定刻どおり午後12時20分に出発。予定より少し早い13時
28分(台湾時間)、無事に台北桃園国際空港へ到着された。

 空港では、最愛の孫娘・坤儀さん、次女の安[女尼]さん、黄昆輝・台湾団結連盟主席、
郭生玉・群策会秘書長(李登輝学校教頭)や群策会のスタッフらが出迎え。7日間にわた
る訪日の労をねぎらった。

 李元総統は、訪日六日目の9日、持病の腰痛が悪化して、一部の予定をキャンセルする
などしたが、台湾へ無事に戻られてホッとしたご様子。全行程に同行した本会事務局員に
も「ご苦労さんだったね」と笑顔で声を掛けられた。          (早川友久)

*今回の来日につきましては、いずれDVDや単行本として刊行予定です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝元総統 訪日終了 対中傾斜に危機感 [産経新聞前台北支局長 長谷川周人]
   鳩山政権に注文も

【9月10日 産経新聞】

 台湾の李登輝元総統は10日、1週間の訪日を終え帰台した。今回の「日本旅行」で李氏
は、都内で国会議員らと交流し、講演で鳩山次期政権に“注文”をつけるなど、知日派と
しての存在感を示した。だが、86歳の李氏は体力の衰えも隠せなかった。中国の影響力が
増す中で「崩れつつある日台関係」の再構築や、「台湾の主体性」を訴えたその声は、残
された時間を意識した心の叫びにも聞こえる。

 「李登輝が生きている限り台日関係は心配ない。今の(馬英九)政権が台日の連携を打
ち破るなら、私がデモをやって盾になろうじゃないか。そのぐらいの覚悟はできている」。
李氏は熊本市内のホテルで産経新聞のインタビューに応じ、馬政権の対中傾斜が対日関係
に与える影響に危機感をにじませた。

 李氏は総統退任後の5回の訪日を通じ、初めて晩餐(ばんさん)会を主催し、民主、自
民両党の議員を含む関係者100人余りを集めた。その意図について李氏は「(馬)政権に
能力がないから、私が代わってお世話になった方々に堂々とごちそうしたかった」と、日
本との意思疎通を十分に図れない馬政権へのいらだちをあらわにした。

 李氏の危機感は日本にも向けられた。

 「戦後、経済的に発展したが、政治的には何も突破できなかった」と話す李氏は、鳩山
次期政権が掲げる「東アジア共同体」構想にも「早すぎる。日本が提唱して実現するほど
簡単ではない」と手厳しい。特に次期政権の対中接近を警戒し、東京公演では「君は君、
われはわれなり。されど仲よき」という武者小路実篤氏の名言を引き、日中間の「けじめ
ある関係」を求めた。

 また、「(中国)大陸は大陸。台湾は台湾だ」との持論を繰り返し、台湾の主体性堅持
は日本の安全保障の確保につながると主張。日台間に普遍的な「心の絆(きずな)」を培
う必要性を訴えた。

 日本はアジアでどう生き抜くか-。体調不良で日程変更をも余儀なくされた李氏は、政
権交代をとらえて日本人に多くを問いかけたようだ。         (長谷川周人)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 李登輝元総統の2009来日報道一覧[4]─熊本

*URL添付は写真掲載の報道。

日台のきずな強めようと李元総統 熊本市で講演
【9月8日20:22 共同通信】

 来日中の台湾の李登輝元総統(86)が8日、日台関係について熊本市内のホテルで講
演し、これまでの日本と台湾の歴史を振り返った上で「日台のきずなを築き上げよう」と
述べ、さらなる関係強化を訴えた。
 李元総統は講演で、日本の植民地時代に台湾民主化の基礎が整ったと主張。自らの総統
時代に台湾総統の直接選挙など、民主化が進展したと述べた。
 さらに、最近の日台交流が経済的な面に偏り、精神的な面の交流が足りていないと指摘。
今後双方は「平等互恵な、新しい関係を築いていくべきだ」とした。
 また「台湾を中国の一部とみてはならない」と強調し、日台が安全保障の面からも緊密
な関係にあることを指摘した。
 2000年の総統退任後5回目の来日で、九州を訪れたのは今回が初めて。李元総統は
この日、講演前に熊本城などを観光した。


李元総統が熊本城を見学
【9月9日 朝日新聞】
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000000909090002

 日本を訪問中の台湾の李登輝元総統(86)が8日、熊本市の熊本城を訪れ、本丸御殿
や天守閣などを見学し「清正はやっぱりすごかったんだな。建築方法が面白い」と語った。
阿蘇などを訪れ、10日まで県内に滞在する。
 李氏が00年5月の総統退任後に日本を訪れたのは、岡山県で心臓の治療を受けた01
年以来5回目。今回は4日に東京入りし、高知県を訪れた後に福岡空港経由で7日に熊本
に来た。支援組織によると、九州訪問は初めてという。国民学校時代の恩師に熊本出身の
教師がいたことなどが今回の訪問につながったという。
 記者会見で熊本の印象を聞かれた李氏は、玉名市などの田畑を見たことに触れ「九州の、
ことに熊本は農民が非常に勤勉だと思った。減反政策をやっているが、自分たちの努力で
新しいものを作っているように感じた」と述べた。同行した台湾メディアの記者から政治
的な質問が続き、「知らない。(自分を)利用しちゃいけない」と首を横に振る場面もあ
った。
 熊本城を訪れる李氏周辺には県警の警備担当者の姿も目立った。県警警備2課は「人数
は明かせないが、所要の態勢は敷いている」と説明。支援団体側は「あくまでも私人とし
てのプライベートなご旅行」と説明している。


李登輝・台湾元総統:熊本城を堪能 /熊本
【9月9日 毎日新聞】

 台湾の李登輝元総統は8日、熊本市の熊本城本丸御殿を見学したりして初の熊本訪問を
堪能した。
 李元総統は4日来日し、東京、高知を経て熊本入りした。午前は熊本市黒髪の小峯墓地
を訪れ、戦前に台湾で学校を作ったことで知られる平井数馬氏の墓参りをした。午後から
熊本城を見学した。天守閣前の広場で報道各社の取材に応じ「熊本城は面白い建築方法で、
当時はなかなか破ることはできなかっただろう。(加藤)清正はやはりすごかったと思う」
と日本語で感想を語った。
 夜は熊本市内のホテルで「李元総統を囲む会」に出席した。【遠山和宏】


李登輝・元総統が熊本城見学「建築技術素晴らしい」
【9月9日 読売新聞】
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/20090909-OYS1T00304.htm

 来日中の台湾の李登輝・元総統(86)が8日、熊本城などを訪れた。李氏の来日は、
2000年の総統退任以来、5度目で、九州訪問は初めて。知人らとの懇親が主な目的の
訪問で、県内には10日まで滞在した後、福岡を経由して帰国する予定。
 李氏は8日朝、熊本市黒髪の小峯墓地にある平井数馬の碑に参拝した。平井は県出身で、
日本統治下の台湾で教育に尽力しながら、日本に反対する勢力に殺害された6人の教育者
のうちの一人。
 その後、熊本城を訪れ、天守閣や昨年4月に復元された本丸御殿大広間を見学。李氏は
「熊本城は建築技術の面でも素晴らしい城。(築城した加藤)清正は、戦争に強いだけで
なく、すごい人だった」と話した。熊本の印象については、熊本入りした際に田畑などを
見たといい、「減反政策によって農民の生活は厳しいと聞いていたが、熊本の農村は非常
に立派だ」と述べた。
 夜には、熊本市内のホテルで開かれた熊本李登輝友の会と日本会議熊本(ともに熊本市)
の主催による懇親会に出席した。


李登輝・台湾元総統が熊本城見学 「清正の技術」に感動 9日阿蘇など訪問へ
【9月9日1:42 西日本新聞】
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/120626

 初めて熊本県を訪れた台湾の李登輝元総統は8日、観光客でにぎわう熊本城を見学。昨
年4月に落成した本丸御殿や天守閣を目の当たりにして「(築城した)加藤清正の技術は
素晴らしい」と感動した様子で話した。
 正午ごろ、車で到着した李元総統はメーンの入り口となっている「頬当(ほほあて)御
門」から城内に入場。出迎えた熊本李登輝友の会のメンバーとともに、休憩を含め約1時
間、城内をゆっくり散策した。
 見学を終えた李元総統は取材に応じ、流ちょうな日本語で「(城は)今の戦争では爆弾
一つでつぶれるが、昔はそんなものはない。技術的にも、すごいお城だと思う」と語った。
 熊本県の印象については、「車窓から田んぼを見たが、熊本の農民は勤勉と思った。日
本は減反政策をやり、農村も働き手が少ないと聞いていたが、勤勉努力で新しいものを作
っている。農民は立派で本当に感心します」とうなずいた。
 今回の来日では5日に東京で講演した後、私的旅行で6日に高知市を訪れ、7日夜に熊
本市入り。9日には阿蘇市などを回る。


「東アジア共同体」早過ぎる=台湾元総統
【9月9日19:46 時事通信】

 来日中の台湾の李登輝元総統(86)は9日、熊本市内のホテルで記者会見し、鳩山由
紀夫民主党代表が掲げる「東アジア共同体」構想について、「考えるのは早過ぎる。欧州
のように、まだまだこの(東アジア)社会はうまくいっていない」とけん制した。
 李氏は「言葉や宗教、文化が違い、経済発展の程度差が大きい」と東アジア地域の多様
性を指摘した上で、「まずは、台湾と日本というように、一つずつ関係をつくっていった
方が良いのではないか」と述べた。
 李氏は10日、台湾に戻る予定だが、今後の来日見通しについて、「必要があれば、い
つでも来る」と意欲を見せた。


来日の李登輝元総統、体調不良で日程圧縮
【9月9日20:07 産経新聞】
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090909/chn0909091951006-n1.htm

 来日中の李登輝元台湾総統は9日、滞在中の熊本市内で持病の腰痛が悪化し、予定して
いた日程を大幅に圧縮した。10日までの滞在予定に変更はないが、李氏が地元の要請に
応じようと日程が過密化し、体調を崩したとみられる。同行担当医によると、連日の炎天
下での活動が心臓にも負担をかけているという。李氏は退任後、2001年に実現した初
来日で、心臓冠状動脈の手術を受けた。


スポンサーサイト

コメント

『李登輝学校の教え』

小林よしのり&李登輝『李登輝学校の教え』
李登輝氏が自らの道程、
そして対中問題、
果てには教科書問題に至るまで、
「ここまで言っちゃっていいの!?」という程、
日本人の為に語ってくれた本当に貴重な本です。
読み終わったら感動が !
是非皆に読んでほしいな !

2009.09.12  17才  編集

Re: 『李登輝学校の教え』

17才様
正にその通りです。
是非お勧めの書籍ご愛読ください


> 小林よしのり&李登輝『李登輝学校の教え』
> 李登輝氏が自らの道程、
> そして対中問題、
> 果てには教科書問題に至るまで、
> 「ここまで言っちゃっていいの!?」という程、
> 日本人の為に語ってくれた本当に貴重な本です。
> 読み終わったら感動が !
> 是非皆に読んでほしいな !

2009.09.12  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。