老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

中国に併呑される台湾。
もはや台湾 "独立" はない。
これからは "反日" にシフトするだろう。

2009.10.05  老兵は保守か?  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

民主党長尾議員は似非保守に違いない

民主党長尾たかし議員のブログに

「リアル世界で戦おう」という日記がある。

2009-09-27 12:43:50 | 政治信条



この中に次の一文がある。

全体を紹介するべきであろうが、読者の皆様に検索していただきお読み下さることをお願いしたい。



小生この中で、次の表現にこだわりたい。

彼が保守勢力に対して行動面での批判を展開しているとことは、概ね肯定するものである。今の自民党には、まったく期待していない。あの政党は再起は困難であろう。

問題の本質を理解していないと考える。

しかし長尾議員の次の一文には肯定できない。



>一方の保守勢力からのリアル世界でのアクションは残念ながら皆無。議員会館へも、とある団体からチラシが届けられただけ。資金集めも、集会の数も、動員数も、絶対数として革新派に負けている。動かぬ事実である。さらに残念なのは、反対表明をしている長尾たかしへのご支援を頂くどころか、ネットでは私が民主党に所属しているということだけで似非保守のレッテルを貼られる。前線で戦おうとしているのに、後方支援をすべき味方から銃口を向けられている気分である。



ここでは長尾氏は、外国人参政権に反対しているが、反対している勢力からは支援がないと不満たらたらと述べて、ネットの世界で似非保守のレッテルを張られている、前線で戦っているのに後方支援をすべき味方から銃口を向けられていると嘆いている。



長尾氏に二つのことでお尋ねしたい。



① 政策・政治スタンス(朝日・東大調査から)
http://www2.asahi.com/senkyo2009/carta/O0802022.html

この調査で

「「永住外国人の地方参政権を認めるべきだ」の意見に賛成ですか、反対ですか。
どちらとも言えない



上記のように回答して、一方で「反対している」とは如何に説明しますか。

これを「反対表明している」と解するのですか。

反対表明しているのに、所属が民主党だから似非保守のレッテルを貼っていると嘆いている。

長尾議員には事態を正確に理解できていると考えているのか、大いに疑問がある。

アンケートに二枚舌の回答をしているから、似非保守と批判しているのだ。

長尾議員は似非保守以外の何者でもない。

だから小生はネットの世界でも。これからの言動を監視するべきであると呼びかけている。まっとうな意見と思っている。



30日入手した左翼情報には、民主党内で外国人参政権反対議員の氏名が記されている。


長尾氏の氏名があるか具に見たがなかった。好意的に見て新人議員だから評価されていないと見たが、一面議会では反対の行動に出ていない裏返しかなと思う。“どちらともいえない”という長尾氏の意見が宣伝され保守扱いにされていないのであろう。

長尾氏よ、ネットの世界からも評価されるような言動をしていない自らを恥じることからはじめたら如何か。

しかし嘆く必要もないのでは。それは長尾氏が保守を自称するなら、自称に相応しいような反対の言動を取るなら、長尾氏は保守の標榜に相応しくなってきたと評価される。

長尾氏に理解してほしいのは、保守かどうかは、自称するのでなくその言動を有権者が判断するのである。



② 民主党の保守?

同じブログには、次の一文もある。



>おこがましくも私は、保守勢力の中では、民主党の保守が最も正常だと思っている。社会保障と安全保障は両輪なのである。



民主党の保守がもっとも正常?この表現には一定の保守勢力が存在するかの如くである。民主党の保守とはどの勢力をいうのか。

議員の保守程度は信頼できるが別の一面だけは保守ではないと評価される民主党議員が多く存在するのは事実である。民主党内で保守かどうかはすべて個別に判断するしかないのが実際で、一定の保守勢力を形成しているのではない。国会議員ではないが土屋都議は立派な保守であるがこの保守議員を民主党は除名しようと策動している。FAVSに属している藤沢市議の三野議員も立派な保守である。このように個別に判断するしかないと思っている。



政党として組されているので、保守が纏まるならまだ考えようがあるが、左翼眉中派が大勢を占めている民主党に何の魅力があるのか。国民生活が大事ではあるが、国家の安全が最重要である。日本国家が崩壊させられようとしていて生活第一もないであろう。

スポンサーサイト

コメント

中国に併呑される台湾。
もはや台湾 "独立" はない。
これからは "反日" にシフトするだろう。

2009.10.05  老兵は保守か?  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。