老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日はシリーズ・セミナー:女性差別撤廃条約を活用しよう・その1「女性差別撤廃条約と『第6回日本報告』の審議をふりかえる」のテーマでヒューライツ大阪が集会を開催したので参加してきました。



左翼のこれまでの取り組みには、驚愕と同時に大いに勉強にもなった。保守の立ち遅れを痛感すると同時に、FAVSの奮闘の必要性を大いに痛感しました。

何回かに分けて報告します。



多くの資料も頂いたので、可能な限り添付します。ただし南木クラブのMLには資料添付送信できませんのでご了解ください。



案内文の中には次のような文言がある。



「09年12月女子差別撤廃条約は採択30周年を迎えます。

この条約は、女性の公私にわたるあらゆる分野での平等の権利を確保することを求めています。日本は、85年にこの条約を批准していますが、この7月「第6回日本報告」の審議が女性差別撤廃委員会によって行われ、女性に対する暴力、女性を差別する法規定、雇用や政治参加などでの女性差別について勧告が出されました。03年の第4・5回報告審査以来6年ぶりのことです。



保守の側から見ても軽視できない、重要な内容の報告と見受け参加しました。



講師は

林 陽子 弁護士 国連女子差別撤廃委員 各国への報告審議・個人通報の審議メンバーでもあります。



吉田容子 弁護士 日弁連両性の平等委員会副委員長

     (一見女性とは思えなかったし、話し始めて女性と確認した・・・失礼)



二人ともあらゆる側面からすごい女性でした。



国連での「審議」は、対等の立場で互いに意見交換する場という位置づけで、

日本語の「審議」という概念ではない。政府が「審議」といっているので、そ

れを踏襲しているだけ。

だから、「条約違反」という決め付けた表現はしない。意見交換の場で「条約違反」という指摘は出来るものではないらしい。

参加者の中に、FAVSの三野議員と同じように国連に行ってきた人が5名も参加していて、弁護士も参加していた。



彼女らの国連での活動は(詳細は後日にします)

7月20日 NGOブリーフィング 委員全員 各国NGO220名参加

     

 21日 前日の未回答部分書面で回答

     

 22日 ランチタイムブリーフィング NGOが委員を招待 委員13名参加

     

  23日 日本報告の審査 約5時間



今日の質疑の中での国連参加者の発言に「私は◎◎のテーマでロビー活動をしてかなり強烈な訴えをしてきたが、それが委員会の最終見解の何番に勧告として記載されている」と誇らしげに語っているのを聞いていて、かなり立腹した。(この糞ババーのお陰で日本は窮地に立たされるのだ・・・きれい事ではない)

  

                以上 第1回でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。