老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

やがて日本にも上陸してくることでしょう。

差別禁止法の制定であらゆる差別が撤廃される。これも認めないと差別となるのではないか。フェミニストと国連賛美する左翼は一体となって襲ってきます。



今国連NGO関係者の間では、個別の法で差別を禁止する方法ではなく、あらゆる差別を一括して「差別禁止法」で禁止してしまうことが考えられています。

男女共同参画社会基本法・機会均等法・DV防止法・戸籍法・民法その他法の中で差別に触れている部分を一括して禁止する法律です。



日本再生ネットワークより





スウェーデン教会、同性愛結婚式認める
 (christiantoday 2009/10/26)

 http://www.christiantoday.co.jp/main/international-news-2539.html


 スウェーデン教会(ルーテル派)が、式典の中で性的指向に中立的な姿勢

を打ち出す中で、牧師が同性愛者同士の結婚式を司式することを認めた。こ

れまでは法的に結合を認めるが正式な結婚としてではなかった。



 ストックホルムで開かれた総会で10月22日、決議が176票対62票

で採択された。同性間の教会結婚式は11月1日から始めることにした。



 今年5月、スウェーデンでは同性愛者のカップルにも異性間と同様の結婚

する権利を認める法律を制定した。教会は2000年に国教会制度から自立

しており、教会内には結婚式は男女間のものに限るべきだとの意見もあって、

一本化されてはいない。



 アンデシュ・ウェイリド総監督は決定を歓迎、「私としては正しい決定だ。

ただあまりに早すぎたと思っている多くの人の気持ちも分かる」と22日の

記者会見で語った。しかし重要で必要な決定であることを認めた。



 今回の決定は、同性愛者同士の結婚式司式を牧師に強制するものではない。

ただその場合でも、教会は同性愛者も結婚出来ることを保証し、他教会の牧

師に司式を依頼することになる。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。