老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

我々はどう対応していくのか、ではなくて、日本はどう対応していくのか、今から毅然とした対応をしないと、その時に対応できるものではない。
環境難民の大量流入はありうる。



■「環境破壊大国」中国の行方  ■

国際エネルギー機関は今月6日、
世界の二酸化炭素(CO2)排出量に関する報告書を発表した。
それによると、2007年度の世界のCO2排出量288億トンのうち、
中国は61億トンと全体の21%を占め、
米国の20%を上回って、とうとう世界一となった。

地球温暖化への影響の面で、
中国はすでに最主要国の一つとなっているが、
問題はむしろこれからだ。
中国の石油・石炭などの一次エネルギーの消費はまさに今から、
急増が見込まれているからである。

たとえばCO2排出の主力の一つである自動車の場合、
08年における中国の民間自動車保有台数は約5100万台で、
普及率は5%未満だった。自動車保有台数2億2000万台で
普及率が78・7%というアメリカの数字からすれば、
中国はいまだに、車社会の入り口にあるにすぎない。

09年度の自動車生産台数が米国を抜いて世界一となる見通しの中国が、
これから先進国並みの車社会の実現を目指していくのであれば、
10年後や20年後の地球温暖化問題、
および石油資源枯渇の問題は一体どうなるのだろうか。

中国の抱える環境問題はもちろんそれだけではない。
より深刻なのは水の汚染である。
現在、中国の都市部を流れる河川の9割はすでに汚染され、
地下水の7割程度も汚れている。

それに加えて、水資源の絶対不足も問題だ。
中国の1人当たりの淡水資源は世界平均の4分の1にすぎず、
全土668都市のうち、404都市が水不足に直面している。

水不足とも関連しているのは、国土の「荒漠化(こうばくか)」である。

昨年1月24日に北京で開かれた「砂漠化防止に関する国際会議」の閉幕式で、
中国は砂漠化の被害が世界で最も深刻であると発表された。
国土の3分の1で「土地の荒漠化」、5分の1で「砂漠化」が進んでいるという。
人間が生きていく上で欠かせないのは空気と水と土地という3つの基本要素であるが、
中国の場合、この3つともが深刻な危機に直面している。

危機的状況を作り出した要因の一つは人口の急増だ。
18世紀の半ばまで、中国の人口は1億人を超えたことがなかったが、
今や13億人以上となっている。

その間、新疆ウイグル地域やチベットを併合したことで
中国の「領土」が大幅に拡大したが、
現在の中国国土面積の約3分の1を占めるそれらの地域に、
居住しているのはせいぜい数千万人にすぎない。
13億人民のほとんどは伝統的な中国の国土範囲内に居住して
大量生産・大量消費の産業社会を作っているから、
環境への負担はすでに限界を超えているはずだ。

にもかかわらず、中国は依然、年率8%以上の長期的な経済成長の目標を掲げて、
石油・石炭の使用拡大を前提にした13億人規模の産業化を推進しようとしている。
世界的に環境破壊がもっとも進んでいる地域で
人類歴史上もっとも規模の大きな「環境破壊プロジェクト」が、
本格的に展開されようとしているのだ。

逆説的にいうと、「環境の制限」という要素からしても、
中国における半永久的な経済成長と産業規模の拡大はまず無理であろうが、
もし、中国がこの無理を承知しながらいつまでも経済拡大路線で走っていくのならば、
結果的にはそれが、13億人民の生存基盤の喪失と、
環境難民の大量発生や地球環境の破壊などの世界規模の大災難を招くことになりかねない。

中国で進んでいる環境破壊は、「中国にとっての脅威」であると同時に、
「中国からの脅威」でもあるのだ。われわれは一体、どう対応していくべきなのか。

( 石 平 )

写真 1枚目
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。