老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

まず、青山繁晴がズバリ!をご覧ください。


09.11.11青山繁晴がズバリ!1/5
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=YouTube&lang=euc&prop=550&bypass=2&dispconfig=

09.11.11青山繁晴がズバリ!2/5
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=YouTube&lang=euc&prop=550&bypass=2&dispconfig=


09.11.11青山繁晴がズバリ!3/5
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=YouTube&lang=euc&prop=550&bypass=2&dispconfig=

09.11.11青山繁晴がズバリ!4/5
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=YouTube&lang=euc&prop=550&bypass=2&dispconfig=

09.11.11青山繁晴がズバリ!5/5

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=YouTube&lang=euc&prop=550&bypass=2&dispconfig=

アドレスでご覧下さい(途中できれています)
「アンカー」外国人地方参政権と外国人住民基本法で日本侵食 ぼやきくっくり
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid742.html#sequel


 外国人地方参政権法案ですが、どうやら今国会での提出は見送られそうです。
 産経新聞11/11 10:03付によれば、「山岡氏ら関係議員に国民から多くの抗議が寄せられたり、党内保守系議員が反発したことも提出を見送る理由となったようだ」とありますから、皆さんの電話やFAXやメールが大きな力になったことは間違いないでしょう。
 皆さん、本当にお疲れ様でした<(_ _)>

 ただ、拙エントリー11/9付:【緊急】なぜ今、外国人地方参政権?【抗議・要請先付】にも書かせていただいたように、民主党を中心とした政権が続く限り、遅かれ早かれまたこの外国人地方参政権の法案が表舞台に登場してくるのは確実です。

 時事通信11/12 0:33付によれば、法案が今国会で見送る見通しであると伝えるとともに、政府・民主党の首脳会議で「法案提出の是非や提出する場合の内容、時期などの判断を小沢一郎幹事長に一任することを決めた」とあります。

 ということで、小沢氏としては来年の通常国会に提出する方向で進めてくると思います。っていうか、この人はもともとそれを目指してたわけですしね。
 今後も気を抜かず、“小鳩政権”の動向を厳しくチェックしていきましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。