老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

外国人参政権法案の「小沢一任」―民主党は政党なのか
 11日に行われた政府・民主党の首脳会議で、「永住外国人に地方参政権を
付与する問題について、法案提出の是非や提出する場合の内容、時期などの判
断を小沢一郎幹事長に一任することを決めた」(時事通信)という。それを受
けて12日には山岡国対委員長が臨時国会への提出見送りを表明。先週末から
続いた外国人地方参政権法案の国会提出問題は一旦沈静化することとなった。

 とは言え、逆に来年の通常国会への提出の可能性は高まっている。小沢氏は、
10日に「やるならば原則として政府提案でやった方がいいと思っている」と
発言。さらに12日には、韓国の最大野党・民主党の代表と会談し、参政権付
与法案について「やります。政府が提案した方がいい」(毎日)と述べたとい
う。

韓国紙・中央日報によれば、小沢氏は「民団側と総選挙前に(参政権付与
を)約束をしたが、約束は必ず守らなければいけないと考えている」と答えた
という。つまり、小沢氏は通常国会に政府提案の閣法としての提出を考えてい
るということであり、これは要注意である。

 民主党はこの外国人地方参政権法案の一切を小沢氏に一任するというのは、
聞き流せない話である。国民主権の原則に関わる重要法案であるこの法案を、
民主党内での議論も閣内での議論もまだ行われていない中で、最初から「小沢
一任」というのは、公党としてあまりに無責任すぎる。と同時に、今回の経緯
は、民主党は小沢独裁体制であり、この外国人参政権法案は「小沢マター」だ
ということを実によく示している。民主党には党内民主主義も発言の自由もな
いのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。