老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本教育の危機
先日ドイツ在住のクライン孝子様にドイツの実情をお聞きしたくてメールを差し上げましたところ、「クライン孝子の日記」にて以下のようなご丁寧なるご返事を頂きましたので、皆様にご紹介します。

教育問題にかかわっておられる皆様もご参考になされてください。

頂いたご返事~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、日本では教育も今や危機状態にあります
そこで老兵氏より 
http://neyama.blog31.fc2.com/

<<常日頃から左翼情報を集めて保守へ送信しています。

敵勢力の動きを知り、その策動に対応する言動の展開を
期待しているのです。

その中に次の意見がありました。

クライン様の観察なされているところでは実際は如何様なもの
でしょうか。教えていただければ幸甚と思っています。

以下が左翼情報本文です。

教科書選定についてドイツで専門家にお聞きしたら、
教科書の選定はそれを使用する教員がやるのが当然。
日本では教育委員会が決めるようになってしまった、
と話したら笑われました。

日教組・全教・他の教員組合は教科書選定は教員の職務
である、という要求を出し、
鳩山政権になったので至急申し入れることです。

そうすれば「扶桑社」に類する教科書を一掃できます。
教科書会社は、今や教員向けではなく、教育委員会向けに
教科書を作成するようになっています。
これは日本の危機です>>

回答: まず生徒の教科書の選定ですが、これはドイツの専門家
の発言の通り、選定は教師に一任しております。
したがって、学校ごとに教科書は異なります。
ある意味では教師の力はかくも不動で、強いと言うことになります。
これだと左翼的イデオロギー色に染まってしまう
のではないかと心配する向きもありますがご安心ください。

ドイツの場合はつい20年前まで、米ソ対立=冷戦という
大国のエゴにより東西に分断され、その前線で
とりわけ
東ドイツはソ連の隷属下にあって、
似非共産主義の恐怖や残酷さを身を持って体験していました。
教員もそこを踏まえ、判断し行動する。

■2009/11/17 (火) ドイツ教師はイデオロギーに翻弄されるヤワでない(2)

言い換えれば、ドイツの伝統的な教育に誇りを持っていて、
安っぽいイデオロギーなどに振り回されるようなヤワではない
のです。

第一次、二次世界大戦で敗れたとはいえゲルマン魂は生き
続け、ドイツ民族は、教師を含めその魂に則って
しっかり歴史と伝統を守り続けた。
その証拠に、第二次大戦直後ドイツは米英ソ仏に分割
占領され、ドイツという国は世界地図から
消滅していたにも関わらず、
米ソ対立激化のお陰で、1949年曲がりなりにも東西分断国家
ではあるものの、国は復活しました

その中で
東西ドイツは、何と形だけはイデオロギーを取り入れたように
見せかけつつ、その実米ソの妨害や横槍などものともせず、
共に、従来のドイツの教育制度を踏襲し守りとおしました。

そのプライドを教師達は今も持ち続けています。
つまりイデオロギーなどという薄っぺらな教育に
振り回されるような教育をドイツの学校では行なって
いない。その点では強かです。

もちろんドイツの教育にも多くの面で問題点があります。
とはいえ、そのベースには、「ふるさと」を、そして「国」を愛し、
そのために次世代を背負う自国の国民の
教育に真の意味での教育を施す。
ここには偽善と背中合わせのイデオロギーなど
やすやすと入りこむ余地などない、
ということだと思います。

ちなみにドイツの学校ですが、多くは公立で、
各州がその管理・運営に当たっています。

ドイツの教育については
1998年といいますから今から21年前
「ベルリンの壁」が崩壊する前なのでかなり古い資料を
元にまとめたものですが
拙著
「もどかしい親と歯がゆい若者の国・日本」
何が日本をダメにしたのか。
信頼を回復したドイツ-急落する日本。
その根本の原因は=教育=にあった! 祥伝社 1998年3月

今回
拙著「大計なき国家・日本の末路」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396613423/chsakurajp
においても、
10章 教育は国家百年の大計
──戦勝国の指示を聞き流した国、真に受けた国
として、
小見出しでも

アメリカが日本人の教育で成そうとしたこと
天皇陛下の全国巡幸3万3000キロ
戦後復興を促した天皇と国民の絆
どこから日本はダメになったのか
ドイツの「教育力」の源泉とは何か

があります。

というわけで、日本の戦後教育と比較していただける
のではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。