老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ここに登場する岸信介総理(当時)は、当時国会周辺を日夜取り巻き「岸内閣打倒」「岸を倒せ」と小生が連日叫んでいた当の相手であった。

しかし、この回想の短文を読む限り、今の自民党と違って骨の髄まで保守の信念に貫かれた凛としたお姿で、保守の考えを持たれてことに当たっておられたことが、垣間見るエピソードともいえます。
皆様にご紹介します。



デモの怒号の中 いびき 証言・安保改定と岸元首相 下

 (世界日報 2010/1/26)


財団法人協和協会専務理事 清原淳平


 私が4団体で務め始めた翌昭和54年から、毎月、月例会や部会・委員会を

開始した。岸信介会長は、(財)協和協会の月例会にはほとんど欠かさず出席

された。また、機関誌『提言』にも毎号「巻頭言」を載せられた。


 ある時、私が「あの安保騒動の中で、日米安保条約の改定を断固実現された

のは、どういうお気持ちだったのですか」とうかがうと、


 「それは君、明治維新の時を考えてみてくれ。維新政府は、その前に江戸幕

府が各国と締結した通商条約が、実は国際的に大変な不平等条約だったことに

愕然(がくぜん)とし、鹿鳴館で慣れない洋装で外国人とダンスをするなど、

その改定に大層苦労したんだよ。大東亜戦争の敗戦後、やっとサンフランシス

コ平和条約(昭和26年)で独立が認められたが、同時に締結させられた日米

安保条約は、米国に日本を防衛する義務の記載もなく、占領下と同様、米軍が

日本に駐留する不平等条約で、これでは本当の独立国とはいえないと考えたか

らだよ。私は、日本を独立国にふさわしい平等条約へ近づけようとしたのだよ」

とこたえられた。私は、岸先生の日本に対する深い想い入れを痛感した。


 なお、前掲の岸内閣の閣僚、植竹春彦元郵政大臣から何十度となく聞かされ

た話も披露しておきたい。植竹元郵政大臣曰(いわ)く、首相官邸が夜中もデ

モ隊のシュプレヒコールに取り囲まれていた際、総理から「至急来てくれ」と

の電話があったので、溜池側の裏口から粗末なレインコートを着て入り、総理

室へ行くと、岸総理があの怒号の中、長椅子に横になって眠っておられた。


 しかし、至急とのことだったので、お起こしするとすぐキチンと座られ、

「私はここを動かないが、もし、デモ隊がNHKを占拠して革命的放送を流す

と大変だから、すぐ警視庁と話し、まず、NHKの防備を固めてくれ」と言わ

れた。


 そこで、私は「分かりました」と答え、また裏口から出て、警視庁へ行き、

さらにNHKへも行って幹部とも話し、そして、また官邸の裏口から入って、

総理室に入ると岸総理が、あのデモの怒号の中、いびきをかいて眠っておられ

る。その豪胆さには本当に驚いた。


 お休みのところ申し訳ないと思ったが、お起こしすると、すぐ端然と椅子に

座られたので、「御指示通り、警視庁とNHKへまいり、NHKの防備の手配

を終わりました」と御報告すると、御苦労様とニッコリ笑われ、また、長椅子

に横になられた。


 その度胸というかその器の大きさには、本当に驚いた、と何度も述懐されて

いた。因みに、植竹郵政大臣は、その後、前記(財)協和協会の初代理事長を

亡くなるまで務められた。


 岸信介先生については、いまなお「昭和の妖怪」などといわれたり、誹謗す

る人が多いが、あれだけ反対のあった日米安保条約改定も、いまでは、正しい

と是認している人が多い。岸先生と接して、実際にお話をうかがうと、国を憂

えるその志、豪胆さ、器の大きさなど、右に出る人はいないと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。