老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

自民党バラバラ

平井卓也衆院議員自民党広報戦略局長がtwitterで徴兵制を「あり得ない政策」と全否定http://twitter.com/hiratakuchan/statuses/9966567658 自民党バラバラだな。

2010.03.04  へへへ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「日本会議の国民運動関連情報」の投稿から参政権・帰化制度を考える


日本国家に危機管理も日本防衛の思想も不必要な、曖昧模糊とした外国人に対する制度鮮明になる。


「日本会議の国民運動関連情報」を愛読しています。いろんな観点で問題点の指摘がなされたり、すばらしいと言える投稿の紹介もある。昨日の関連情報に、是非皆様方にお読みくださることを、読まれたお方には再読をお勧めしたい投稿がありました。
皆様に重複を恐れずにご紹介します。

外国人の参政権問題・帰化制度など、アメリカに在住(在住の目的にも大いに関係していますが)している外国人への参政権だとか、帰化希望するときの制約は、日本では考えられないものとなっている。杜撰と評しても過言でない、曖昧な帰化目的でも可能な、簡単すぎる日本の帰化制度の制度を考えると、日本には余りにも多くの問題があることが歴然とします。日本の国家転覆を考えている外国人でも簡単に帰化できる日本の制度は、スパイ防止法もないスパイ天国の日本らしい姿が歴然と浮かんできます。
日本会議江崎様のお許しを得ましたので転載しご紹介します。


【アメリカのMさんより】
 私は、今から4年半前に、(米国籍に)帰化しました。
 理由は、主人の仕事上、私が、アメリカ国籍でないと、いけない状況に瀕したからです。主人の将来の昇進の為、自分の国籍を捨てました。元々、日本人としての誇りを持つように育てられていましたので、私にとっては、それは、一大決心でした。

 留学で、今のアメリカ人の主人と知り合い、子連れ学生結婚をしました。その後、9.11同時テロが起き、アメリカ経済は、混乱に陥りましたが、運よく(主人は、成績優秀だったので) 政府のセキュリティー専用の奨学生に選ば
れました。これは、大学院の学費全額と生活費を、政府が出してくれるというもので、その見返りとして連邦政府に最低2年以上は、勤めないといけないというルールがありました。主人は、コンピューターセキュリティーを専攻しました。

 卒業を控えて、就職活動をしていましたが、問題がありました。私が、アメリカ国籍でないということです。主人が学んだ分野の連邦政府の就職先は、セキュリティーということで、面接を受ける前から、FBIもCIAもNISも、私が日本人だからということで、拒否されました。家族全員が、アメリカ国籍でないと、いけないという条件です。(日本国で、国の役人を採用する時、これほどの、調査をするでしょうか?) それから、この奨学生に選ばれて、就職するときに、全員身元検査を受けます。ある奨学生は、監査院の質問で、「麻薬を吸った経験がありますか?」と言う質問に、「No-]と答えました。でも、彼の友人は、「彼は、したことがある。」と答えたので、正直に、吸ったことがあると答えていれば、問題なかったのに、嘘をついたということで、奨学金全て(約800万円相当)を、政府に払い戻さないといけなくなりました。

 ある奨学生は、卒業後2年間連邦政府で働くという ルールを守らずに、民間企業に就職した為に、奨学金全額を支払わないといけなくなりました。
 さて、私達は、仕事を見つけたくても、私と長女が日本人だった為、募集先から拒否されていました。しかし、民間に就職すると、奨学金を全額政府に払い戻さないといけない――私達には、そのような大金もない。それで、帰化を拒否して、離婚するわけにもいかない。(子供がいたためも・・・)それで、意を決して、帰化手続きをすることに しました。

 申請の条件は、結婚して、最低3年以上でないと、申請できません。(Green Card保持者でした。)
 次に、Immigaraton and Naturalization Service(INS)に手続きの書類を出します(20ページぐらい自分の情報を書きます)今は、INSは、USCIS(US Citizenship Immigration Serviceに名が変りました)申請手続
き額は、$600ぐらいでした。それから、6~9ヶ月待ちまし た。
 その後で、英語の口答のテストと、基礎的なCivilize Naturalization Testを受けました。このテストの内容は、U.S. Citizenship and Immigration Serviceのサイトで、探すことができます。
 そこで、基本的なアメリカの歴史、地理、有名な大統領名、都市、星条旗の意味、アメリカ憲法、改正10条(この中には、言論の自由や、護身の為、警察が個人の家に勝手に入ってはいけないとか、宗教の自由とか、民主政治、三位分立、などなど)そういうものが、入っています。あと、アメリカの国旗に忠誠の誓いなどを、覚えました。確か、80%ぐらい正解でないと受からなかったと 思います。
 英語の口答テストは、筆記のないようの質問や、犯罪歴がなかったかとか、国外追放されたことは、なかったか?とかを、質問されて、答えなければいけませんでした。その後、受かったかどうかが発表され、仮市民権証書を受取って、大統領(ブッシュだった)の歓迎ビデオを見て、皆で忠誠の宣誓をしました。

 その後、本市民権をもらうのに指紋を取ったり写真を撮ったり、身元の書類を申請して何週間か何ヶ月か後に本書類が郵送されてきました。
 日本大使館に行って、日本パスポートを破棄しに行きました。(ここで、2重国籍になる人もいますが、私の場合は、主人のBack ground checkでバレるとひどいことになると思いまして日本人国籍をここ
であきらめました(涙がでました)。
 ちょう ど、この帰化手続き最中にある連邦政府の仕事が、決まりました。(私が、帰化手続き中ということで極秘機関以外の部署でしたので採用されることになりました。)
 主人の身元調査では、過去にさかのぼって調べられますので、友人に電話をしたり、親戚や学校を調べたり、伴侶の身元も調 べられます。
 連邦政府への就職は、どんなランクでも、$300ぐらいから~$10,000ぐらいにわたって、身元調査が行われます。これには、宗教も、全部調べます。私の帰化の場合にも、宗教を書きました。犯罪歴があるかも、書きます。

 アメリカでは、グリーンカード保持者でも、参政権はありません。ただ、こちらの問題は違法入国者です。オバマは、先の国民全健康保険の法案で、老人向けの健康保険額を削る予定でした。(私のサイトにも載せましたが、) しかし、問題は、これ
に反して、何百万人もいる不法国入者に対して、恩赦を与えて、市民権を与えると言っていたのです! だから、知識のある一般市民は、こんな馬鹿な、インチキ保険はないと怒って反対したのです(まだ、決まっていません。)

 不法入国者に対して、「ああー、かわいそうだから」と言っている民主党の議員達は特定の企業 (農業を含め)から、EarMark(献金)をごっそりもらっています。それで、不法入国者に
対して見て見ぬ不利をしています。ナンシーペローシ(Congressの議長)の出先サンフランシスコには、不法入国者は、わんさとおり、そういう不法者への無料健康保険(Medicade)などの支出で、州は大赤字です。大体、民主党多数の州(CA,NY,NJ,MA)とかの州は、大赤字です。つまりは安い労働力(自給3ドルぐらい)で、不法労働者を働かしている企業から献金をもらうので、不法入国は取り締まれない、犯罪は増える、教育は低下する。結局それで一般国民に負担がかかって税金はあがる。市民の仕事は、不法労働者にとられる。悪循環です。それでも、そういう票集めの為、同性愛者、犯罪者、低収入者、また、労働組合の機嫌をとる為の政治で自分の権力の為に動いている状況です。これは、現在版の「奴隷制度」 なんです。 民主党は、中身は、そうなんですが、それに反論する
と、すぐ「人種差別だ」といって、それを武器にしています。まったく、日本の今の政権の党と同じ手法です。アメリカの民主党は、歴史を捏造しています。
 日本の日教組のようなのが、アメリカにも、Teacher's Unionというものがあり、給料が安いと、ストライキを起したり、これが、くせもので、学校で、曲がった歴史を教えたりしているので、私も、娘の担任教師に手紙を書いたりして抗議しています。自動車産業の労働組合が、アメリカをつぶしていることも事実です。(仕事を怠けて、旅行三昧、無計画カードローンの贅沢その日暮らしをして高収入、退職者への支払いで自動車が高くなる。オバマから、国民の税金をガッポリと、盗んでいます)

日本は、アメリカの属国のようなものでしたから、本当に現状が、極似しています。
アメリカも、このままでは、滅びに向かっています。 中国が、こちらへも、進入を狙っています。これを、食い止めるには、知識を持った一般市民の根強い働きでしか、追い出せません。民主主義が、多数決で決 まるなら、市民を目覚めさせ
るしかないと思います。

 アメリカ市民権を取る為に、不法入国者や、外国人が、偽装結婚をするということで す。主人の姉が、ベネズエラ人の違法入国者に騙されました。 結婚して、子供も2人作って、3年後から、市民権が取れると
いうことで、ずっと、恋愛を装っていました。
 私は、その結婚式で、会った瞬間、この男は、怪しいと思っていましたが、やはり、市民権を取った後、別居生活に入り、同性愛に変身して、(これは、離婚理由を作ろうとしていたと思 う)離婚となりました。義姉は、子供4人
となりました。 援助もないので、一人でがんばっています。
 他にも、契約会社の 従業員が、フィリピン人女性と結婚しました。5年後、市民権が取れました。すると、ある時、突然、蒸発しました。 こどもを、3人残して…。主人は、この身近な例を知っていたの
で、私には、市民権を取っても、逃げるなよと、言っています。
  これを、言いたかったのは、日本人男性と結婚詐欺が相次いでいますよね。日本の友人の弟も、これに騙されました。結婚してしばらくして、逃げられました。結婚ブローカーには、400万円支払ったようです。特に田舎の結婚できない男性を対象にターゲットにして、日本に移住して、それから日本侵入を企てています。だから、外国人参政権は、危ないのです。

 それから、大学のコンピューターセキュリティーの学科には、たくさんの中国人留学生が、政府から送り込まれていました。韓国系も(韓国人に成りすました北朝鮮人ともとれる) ここの大学では、どのようにサイバー攻撃が
行われるかとか、そういうことまで教えているのです。普通の大学生ですが、これが中国国内に戻ると、政府のご恩返しとしてサイバー攻撃を送る工作員と変化するのではないか?と思うと、恐ろしい限りでした。ちなみにその大学だけでも、1日に200回ぐらい、中国のハッカーから攻撃を受けていたようです。
 また、米国民間兵器産業で働く従業員が、中国の工作員の賄賂の金額に負けて、秘密兵器の模型情報を全て、そっくり中国へ提供してしまったりと、日本でもありましたが、そういうこともアメリカでもいくらでも起こっています。
 日本では、安倍さんが叩かれ、麻生さんも叩かれ、おかしいような? と思っているところに、オバマが現れてアメリカが社会主義に変っていき、そして、中川さんも亡くなりました。そして、日本も、民主党政権になりました。私は、子孫の為に今戦わないと、あのチベットや、ウィイグルのようになってしまうの では? と心配でしかたないのです。
スポンサーサイト

コメント

自民党バラバラ

平井卓也衆院議員自民党広報戦略局長がtwitterで徴兵制を「あり得ない政策」と全否定http://twitter.com/hiratakuchan/statuses/9966567658 自民党バラバラだな。

2010.03.04  へへへ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。