老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

大阪の老兵 です。
九州の伊藤様のお話は非常に参考になりますのでご紹介します。


丸山さんが先日橋元府知事の夫婦別姓問題についての発言を取り上げておられま
したが、私も友人らと議論をした時によく経験をしたことですが、「家族の絆論」を強

調して主張すると必ず橋元府知事のような

>「僕も家族が一番大切なコミュニティーだと思う。でも、僕は弁護士としてたくさんの離
> 婚を扱ったが、姓が同じでも家族の絆がないところはいっぱいある。僕の母は再婚してい
> て、僕と姓は違うけれど、悪影響を受けたことは一回もない。姓の一致と家族の絆を同一
> 視することは非常に危険性があると思う」

という反論が帰ってきます。これに対しては再反論が必要で、下記URLの「シートベルト論」が
有効です。亀井静香大臣などは「家族の絆が弱くなった今日、その流れに棹をさすような法
律なんてとんでもない」と言っていますがこれなどはまさしく「シートベルト論」だと思います。
みなさんのご参考になればと思います。

http://www.geocities.jp/asatte8/huuhubessei.html

夫婦別姓の問題点

◎ 現在、法務省が選択的夫婦別姓制の導 入を柱とする民法改正案を国会に提出しようとしているね。君は選択的夫婦別姓制についてどう思う?

△私はこの選択的夫婦別姓制に反対だよ。

◎えっーそうなんだ! 俺は賛成だよ。
  だって、
 ①現在の夫婦同氏制すなわち、夫婦は同じ姓を名乗らなきゃならないという制度は女性差別的だと思うし、
 ②夫婦同氏制だと結婚 をすることにより姓が変わることになるけど、仕事をする上で姓が変わるのは不便じゃないの。

△ う~ん、そうかな。
 まず①の 点についてだけど、女性差別であるという主張は違うと思うな。
 現行民法はだよ、

 「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」(民法第750条)

となっているので あって、法律上妻に夫の姓を名乗ることを強制しているわけではないんだよ。婚姻の際に、夫婦の称する氏は、 夫婦の自由な意思で相談してどちらか決めることになっていて、法律上、男女は全く平等なんだよ。

◎ でもさぁ、妻が夫の姓を名乗ることが 多いことからすると、事実上差別的状態にあるともいえるんじゃない?

△ いやいや、現在は若者の意識に変化が見 られ、夫が妻の姓を名乗るということが多くなってきているみたいじゃん。
 それに、その事実状態が嫌なのなら、その事実状態を変える運動をすれば いいはず。例えば「妻の姓を選ぼう!」と社会に訴えかけたらいいじゃん。
夫の姓を選ぶ夫婦が多いという事実状態は、選択的夫婦別姓制の導入に理由にはならないよ。

◎ う~ん、なるほど、それもそうだね。
  じゃあ②の点、つまり姓が変わることは不便ではないかという点についてはどう?

△ アート引越センターの社長、寺田千代乃 さんはこうおっしゃってるよ。
 「例えば取引先から電話がかかってきて、姓が変わったことにお客さんが気付かないで「不利益を受けた」というよう なことは、姓が変わつたために起こったのではなくて、そういう連絡をきちんと行わなかつた会社自身の能力の問題である。それを別姓が原因で起こったことだ とすり替えてはいけない」と。

◎ なるほど!さすが寺田さん。いいこと 言うね。かっこいい!

△ また、私は思うんだけど、姓が変わることの不便は通称の使用により容易に解決ができるんじゃないかな。
 「通称使用」の制度化をはかり、 その拡大化と一般化を、政府の責任において推進すべきであると提案するよ。通称使用の制度化ならば、あえて夫婦別氏制の法制化を論じるまでもなく、現行法 のもとで、さして実害もなく、社会的にその実現が可能かつ容易だからね。現にかなりの数の企業においてすでに実施されているし。たしか、大阪府の太田知事 の「太田」は通称だよね。

◎ なるほどね。通称か~。そりゃいい ね。

△ そもそも姓とは、自分が所属する家族集 団を示すものだよ。

◎ 英語ではファミリーネームというもの ね。

△ うん。そうそう。
だから、家族の中核をなす夫婦が別の性であることは論理的におかしい。 「創姓」なら理解できるけど・・・

◎ 「創姓」って何?

△ 「創姓」とは、新しい姓を創りだすこ と。夫か妻の姓にするのではなくて、新しい姓を創りだす。
鈴木さんと佐藤さんが結婚した場合、今の制度だと「鈴木」か「佐藤」のどちらかの姓を選ぶことになるけど「創姓」だと「伊集院」という姓にしても、「綾小 路」という姓でもいい。夫婦が同じ姓ならばね。

◎ へー、それはいいね。

△ それと、夫婦別姓の問題点のもう一点。
夫婦別姓制だと、生家に依存する傾向がますます強くなってしまう。
結婚というのは、新しい家族を作り、生家から独立し自立することを意味するけども、別姓だと夫婦それぞれが自分の生家に依存するようになってしまう。そう でなくても、結婚しても親離れできない奴が多いのにさ。

◎ なるほど、そうだね。

△ 私は家族の構成員は皆、同じ姓を名乗る ことにより一体感が高められ、家族としての絆が深められると思う。

◎ なるほどね。でもさぁ
「同姓 でも、破綻している家族はいっぱいあるし、別姓でも仲良くやっている家族はいっぱいある」し、
「本当に仲のいい家族は、同姓か別姓かなんて関係な い。姓が同じでなければ一体感が保てない家族は既に破綻している証拠だ」
更には、「別姓の方が、愛情や信頼で家族の絆を保たなければならない分、 真剣にお互いのことを思いやるので、却って一体感は強まる」
とも言えるよね。

△ これ は、シートベルトのたとえで説明すると分かりやすいんじゃないかな。
 シートベルトは、身の安全のために締めるものだけど、シート ベルトさえ締めれば絶対死なないと思っている人はいないよね。シートベルトさえ締めていれば、安全運転に心がける必要はないと考える人もいない。
「シー トベルトを外すと、必ず死んでしまう」なんて誰も考えていない。確かに、シートベルトを着用していても死亡した例はいくらでもあるし、着用していなくても 助かった例はいくらでもある。だからといって、シートベルトが無意味だということにはならない。夫婦別姓の問題も同様であって「家族が同姓でありさえすれ ば、家族が仲良くなる」などと考える人はいないよね。愛情や信頼が大事であるということは誰もが知っている。だからといって、家族の姓がバラバラでも構わ ないということにはならない。特に、別姓の方が、却って一体感が強くなる」という理屈は、「シートベルトをしない方が、安全運転に気をつけるので、却って 事故が少なくなる」と言っているのと同じで、倒錯した論理だと思う。

◎ わあ、すごい説得的だね。考え方が変 わったよ。夫婦別姓は反対すべきだね。

参考:「正義の見方」(宮崎哲弥著)、「わしズム」での宮崎氏の論考、神社と神道のHP 2001年03月19日 02時40分19秒
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。