老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

閣僚のなかの危険人物、北澤防衛大臣

老兵の独り言さんのブログで知ったのだが、日中通信社がやっている「龍ネット」というサイトに、北澤防衛大臣のインタビューが掲載されてい... …

私的憂国の書・2010.03.17

TB*URL

永山さんの メルマガ版「台湾は日本の生命線!」を転送します。

今回のテーマ「北沢防衛相を問題視せよ―「自衛隊敵視」の裏に「中国軍賛美」!」は重要すぎるないようですので、重複承知の上で転送します。お許しください。

こんな政府と防衛大臣の存在を恥ずかしく思います。

じっとして居れなくて、早速、北沢事務所と防衛省へ抗議の電話をしました。





北沢防衛相を問題視せよ―「自衛隊敵視」の裏に「中国軍賛美」!

/浮き彫りになる民主党「友愛」の危険な実相

ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1084.html

■北沢防衛相の怒りー中沢連隊長訓示問題  

昨年十一月十三日の日米首脳会談で日米同盟の信頼関係を大きく揺るがした鳩山由紀夫首相の「トラスト・ミー(私を信じて)」発言。普天間基地移設に関する日米合意を履行するかのようなメッセージをオバマ大統領に送りながら、翌日には合意は前提としない考えを表明。同大統領を激怒させた。

そうしたなかでの今年二月十日、中沢剛・陸自第四十四普通科連隊長は米陸軍との共同訓練の開始式で「同盟と言うものは外交や政治的な美辞麗句だけで維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などと言う言葉だけで維持されるものではない」と訓辞したところ、今度は北沢俊美防衛相が怒った。

そして最高司令官である首相の言葉を揶揄したとして、同連隊長を注意処分にしたのだが、このあたりから同氏の自衛隊に対するおかしな考え方が顕在化しはじめたのである。

■国会で「自衛隊を甘やかすな」と言い放つ

北沢氏はその後も、「政治や外交は国家の意思。実力組織の幹部がそのことをないがしろにしたら、これはもうクーデターそのものにつながる。極めて危険な思想だ」とまで発言し、連隊長への非難を繰り返していたが、反自衛隊の左翼メディアでさえ、そこまでは騒がなかった。

では実際にクーデターの恐れはあったのか。三月十一日の衆院安全保障委員会で北沢氏は、中谷元議員(元防衛庁長官)から「邪推では」と言われている。

「自衛隊員は国のために一生懸命頑張っている。彼の真意を忖度してあげてもらいたい」「権威や懲罰では隊員を心から従わせることにならない」として連隊長への処分を批判する中谷氏。これに対して北沢氏は、こう言い放った。

「自衛隊を賛美して甘えの構造をつくることが最も危険だ。自衛隊が頑張っているからすべてがいいとなれば政治の存在がなくなる。昭和の陸海軍の歴史でも明らかだ」

■自衛隊に傲慢でも中国軍には媚態の限りを

これは反日左翼を思わせる過剰反応だ。誰も「頑張っているからすべてがいい」などとは言っていない。

「自衛隊を賛美することが最も危険だ」もまた同様。この防衛相には、「国のために頑張っている」自衛官に対する敵意はあっても、敬意や愛情は微塵も感じられない。

しかしこの傲慢、冷酷とも見える北沢氏も、中国に対しては低姿勢で、媚態の限りを尽くしているのだ。

かつて民主党の日中経済交流議員連盟の会長を務めた北沢氏。中国政府との友好を推進するため、同政府に「飼い慣らされた」者でなくては就けないポストと見られるが、たしかにこの人物は飼い慣らされているとしか思えない。

■中国誌のインタビューで軍備拡張に理解示す

たとえば昨年十月二十三日、中国で新華社とならぶ国営通信、中国新聞社が発行する「月刊中国NEWS(日本語版)」のインタビューを受けた北沢氏は、いかなる態度、発言を見せただろうか。

「日本の防衛費が減る一方で、中国は軍事費が増加傾向だが、どう思うか」との問いに対し、「それぞれお国の事情があるから、中国の防衛政策に関してとやかくいうことは慎まなければならない」としながらも、

―――空と海に軍事力を傾注させているのは、世界情勢・アジア太平洋情勢を見ればうなずける。

―――いささか心配の種ではあるが、日本と中国の関係は非常に良好だ。

このように中国を批判しないばかりか、懸命に理解を示そうとしたのだ。

■中国で話題となった軍事パレードへの「賛嘆」

だから「中国建国六十周年の祝賀パレードはどうだったか」と聞かれても、次のように答えた。

―――すごいですね。まさに、アジアにおけるというよりも世界における大国ということを実感した。

この発言は中国メディア各社によって次のように一斉配信された。

「北沢氏は、中国の閲兵式を見てすばらしいと心から賛嘆した。中国のアジア、そして世界の大国としての気勢を感じさせるものだった」と。

中国の軍拡を励ます日本側の弱気なメッセージとして報じられたのだ。

■中国軍の「進歩」を喜ぶ日本の防衛相

だが、これは中国メディアによる誇大報道とは言い切れない。

「しかし装備の面ではまだまだでは」と聞かれると、

―――でも、進歩してきたと思う。軍事交流も中国とはきちんとできるようになったので、良いのではないか。今度、中国の練習艦「鄭和」が来られる。中国の艦艇を迎え入れることができるのは大変良いことだ。

このように北沢氏は、実際に中国軍を「賛嘆」していたのだ。

では同氏は、日米同盟の仮想敵であるあの国に、いかに対処しようと考えているのか。「東アジアの防衛をどう思うか」と聞かれて次のように述べている。

■中国への刺激恐れて陸自部隊の派遣を中止

―――鳩山首相は「東アジアの海を友愛の海にしたい」とおっしゃっている。日米同盟は大切にしなくてはいけないが、これからの日本は、アジアのみなさんとの連携を欠いて発展は望めない。

―――鳩山首相は東アジア共同体構想を持っている。

ここで想起されるのは、北沢氏が昨年九月下旬、「アジア諸国と連携していく情勢のなかで、いたずらに隣国を刺激する政策はどうかと思う」「早急に配備する必要があるのか」として、与那国島への陸上部隊配備の撤回方針を示したことだ。

東支那海での中国の軍事的脅威が目に見える形で増大する中、「早急な配備」が必要だからこそ、前政権は遅まきながらも陸自の配備を決めたのではないのか。

北沢氏はこの配備撤回に関しても言及している。

―――非難する人が多くいた。ただ、新政権ができたからといって、今まで前政権がやらなかったことを積極的にする必要はないと思う。

「非難する人」への回答になっていない。回答などできるわけがないのだ。

■敗北主義―「防衛」と相容れない「友愛」理念

「鳩山首相の理念である『友愛』は防衛の場でどう表現されていくか」と聞かれると、

―――防衛省と自衛隊は鳩山首相の言われた理念を踏まえながら、これから任務の遂行を図っていく。

―――「自分の自由と自分の人格の尊厳を尊重すると同時に、他人の自由と人格の尊厳をも尊重する」ということを基本にすれば、日本という国の自衛隊は日本の憲法九条を基本にして、専守防衛ということで成り立っているので、非常にマッチしている。

「友愛」との空虚な理念に関する空虚な説明と言える。要するに「他国を尊重する」のが日本の防衛政策方針を言っているのだが、これは完全なる敗北主義と言うものだろう。

もし北沢氏が真剣に「任務の遂行を図って」いるのなら、「友愛」なるものと「防衛」が矛盾していることなどわかるはずだ。

■「中国とは友好関係」として空母建設も尊重

だから「中国は空母建設を考えているが、どう思うか」との質問に対しても、次のような回答となる。

―――日本は空母を持つという意思はまったくない。専守防衛だから攻撃型空母を持つ気はないのだ。ただアジアの大国・中国がいよいよ空母を持つのかという思いはある。

世界各国が懸念する中国の空母建造の動きに関しても、「尊重」の姿勢を示す北沢氏。だから「中国から攻められるという感覚はあるか」と聞かれても、こう答えるのだ。

―――中国とはきちんとした友好関係が結ばれている。そのような感覚はない。

この発言も「私は中国を脅威と感じたことはない」と翻訳されて、中国メディアに強調された。

■中国を喜ばせる「日本の防衛の将来イメージ」

まさに「戦わずして負ける」の敗北主義だ。

インタビューを終えた同誌は、「日本の防衛に関する将来をイメージさせるに十分な北沢大臣の発言は、『友愛』をキーワードとする鳩山政権の姿をはっきりと浮き彫りにしているといえる」と好意的に論評している。

なぜならこの「友愛」理念の実相は、事大主義、敗北主義以外の何物でもなく、中国側には歓迎するべきものだからだ。

■同盟を守る連隊長と同盟損なう防衛相

さて安全保障委員会で中谷氏は、自衛隊への憎悪すら感じさせる北沢氏の発言に対し、「普天間問題で連日混迷とか報道されるから、この隊員は日米安保はしっかり守らないとという思いがあったのでは。よく反省を」と訴えたが、もっともなことである。

中沢連隊長は目の前に居並ぶ米軍将兵の日本政府に対する不信感を、何としてでも払拭したいとの一念で、あのような言葉を用いたのかも知れないのだ。少なくとも命をかけて国を守る者であれば、そのような思いはあったはずだ。

だが北沢氏が中谷氏のこの忠告を受け入れることはないだろう。

中国との摩擦をもたらす日米同盟よりも、中国主導の東アジア共同体を重視するのが「友愛」外交と言うものだからである。

そしてそうした中国へのシンパシーも相俟って、「強い自衛隊」「強い日本」にはは激しく反撥するのだ。これは反日左翼に共通して見られる思想、情念と言える。

敵性国家に飼い慣らされた防衛相を戴かざるを得ない自衛隊、そして国民。この恐るべき現実を、政治家も国民も、もっと問題視するべきである。

--------------------------------------------------------------------------------

【参考】
月刊『中国NEWS』 北沢防衛相インタビュー http://www.long-net.com/interview/0912/

【過去の関連記事】
訓示問題ー中沢連隊長を断固支持する/問題は北沢防衛相の反自衛隊姿勢
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1056.html
「田母神氏」「中沢連隊長」問題に見る民主党「反自衛隊」の危険姿勢
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1077.html

--------------------------------------------------------------------------------

●自衛隊を敵視し、中国軍を賛美する北沢俊美防衛相に抗議を

事務所 TEL03(3508)8510 FAX03(3503)3889
t-kitazawa@beach.ocn.ne.jp
防衛省 〒162-8801 東京都新宿区市谷本村町5-1 電話:03-5366-3111(代表)
http://www.mod.go.jp/goikenshinsei/goikenbako/index.html

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

閣僚のなかの危険人物、北澤防衛大臣

老兵の独り言さんのブログで知ったのだが、日中通信社がやっている「龍ネット」というサイトに、北澤防衛大臣のインタビューが掲載されてい... …

私的憂国の書・2010.03.17

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。