老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

先ほど、学研宛に下記の質問を送信しましたので、ご披露します。



台湾正名に関して、モグラ叩き的ではありますが、広範囲に何処まで台湾が貶められているのか分かりませんので、発見し次第追求せざるを得ないと思っています。

今現在、追求しているのは、ブリタニカ・ジャパン・小学館・学研の三社となっています。

お気づきのことがありましたら、教えてください。





学研御中



小生「カシオ電子辞書」を愛用している者です。

同電子辞書内に、貴社製品の「漢字源」JIS第1~第4水準版が収録されています。そこでこの「漢字源」の記載事項についてのお尋ねするものです。



そのうち「台湾」の記載内容を拝読して、不信に思う事項がありましたのでお尋ねするものです。



「台湾」については、

「中国の東南方にある島の名、また省名。日清戦争後、日本領となったが、第二次世界大戦後中国に復帰した。しかし1949年中華人民共和国成立後も中華民国の支配下にある」と記載されています。





問1「中国の東南方にある島の名、また省名」の省名とは何処の国の基準で書かれてあるのですか。中国政府の「台湾は中国の一部」という観点からの「台湾省」という記述ですか、それとも中華民国という実態の伴わない名称だけの国が詐称している中国の省の一つとしての「台湾省」なのですか。このうちのどの観点を基準にしているのでしょうか。

  「中国の東南方にある島の名」という記述からして中国に視点を置いた記述ですね。

  台湾人は「台湾は台湾だ」と言う観点から、「台湾省」と言う呼称はしていないことを念のために申し添えておきます。



問2「第2次世界大戦後中国に復帰した」の記述についてお尋ねします。

  中国に復帰したとは何時のことでしょうか。



  戦後台湾に進駐してきたのは、中華民国軍隊でした。国際連合の依頼を受けて、進駐(日本が正式に台湾を放棄して後も統治を継続)してきたのであって、「復帰」したのではありません。

「復帰」とは以前統治していたことが前提とした概念です。さすればこの記述は正しいのでしょうか。この問題についての歴史的経過と概念についてのご見解をお聞かせください。



問3「しかし、1949年中華人民共和国成立後も中華民国の支配下にある」

  

  この記述については、抵抗もなく読んでしまいそうなのでありますが、言外に、本来中国政府の支配下にあるのだが、残念ながら中華民国の支配下になっている、と主張したいところと見受けたのですが違いませんか。

  それは、「しかし、・・・も」という語法を使用しているからです。

この語法は、本来別のものであるが、引き続き現在も以前のまま、という意味に使われるものですね。それとも別の理解方法があるのですか。



以上3点の質問に2週間以内にお答えいただけませんか。

      

  平成22年3月26日     

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。