老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

グリ一

グリ一の掲示板で出,会いをしてみませんか?

2010.10.02  グリ一  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

自己責任を明確にして、訪中するべし



フジタの拘束社員が4名中3名解放されたと巷間では騒がれている。

一人を残して。完全に外交カードとしての役割を残して。

3名の記者会見が行われているが、今後中国の非に関わる発言はでないでしょう。企業進出に失敗した企業と同じパターンである。後難を恐れる余りでしょう。



民主党の細野議員の個人的行動という表現を隠れ蓑として、日本の弱点をまたも露呈した。人命を握れば大きなカードとなる。何より人命は地球より重いと一言でも語れば、万事通用する国である。対テロで実証済みである。



現在中国には銭儲けが目的で多くの商売人と企業戦士が訪れている。日本的感覚で。これの多くが国益を損なっているといえる。いくら企業社員といえども、観光目的であろうと発生する問題はすべて自己責任で対応願いたい。出来ないのなら訪中を考えるべし。企業でも社員の対応は企業の責任で行うべし。ましてフジタの場合は、遺棄化学兵器という日本に押し付けて、売国自民党が中国の無理を聴いて日本の公金を使って利権がらみで決定したものである。、このように曰くつきのものであることを社員に教育することはフジタの自己責任である。



中国という国について、あまりにも実際を教えてこなかった。

中国という国の美化は限度はない。同じ共産党でも日本の共産党は、その点自民党や民主党以上に冷厳にみている。かってこのような報告いたことがあった。それは議長の宮本と不破が訪中して宿泊した時、部屋の内部を隅から隅までくまなく盗聴器の存在の調査をして、室内会話も、盗聴されていることを前提に会話をしたということである。

自民党や民主党では考えられないことです。



近代民主主義国家日本を基準にした思考は一切通用しないことを知るべしである。



スポンサーサイト

コメント

グリ一

グリ一の掲示板で出,会いをしてみませんか?

2010.10.02  グリ一  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。