老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

総統選挙結果について、「台湾の声」が分析しています。

小生は熟読していません。これから皆様と共に熟読しながら、今後の日台のあり方も検討したいと思っています。
ご紹介します・

【分析】台湾総統選挙結果

               「台湾の声」編集部

 2000年5月、陳水扁総統は就任式で「中共に武力行使の意図がない限り、任期
中は(1)『台湾独立』を宣言しない(2)(中華民国という)『国名』は変え
ない(3)『二国論』を憲法に盛り込まない(4)『統一か独立か』を問う住民
投票は行わない(5)(統一の道筋を定めた)国家統一綱領を廃止しない――と
いう「5つのノー」公約した。米国からの圧力もあったと聞くが、総統就任時に
早くも「台湾共和国」建国の目標を放棄して、自らを縛ってしまった。2004年の
再任時は、「新憲法制定」を公約にして当選したので、 この「5つのノー」は踏
襲されないだろうと支持者は期待したが、陳総統はまたもこの「5つのノー」で
自らを縛った。結果的に、「中華民国」体制から脱却できるという支持者の期待
を裏切ることになってしまった。

 陳総統は「台湾独立」の定義をはっきりさせなかった。あのとき「独立宣言し
ない」とか「国名を変更しない」と約束するのではなく、もっと早く謝長廷氏の
ように「台湾の独立した現状を守る」と強調したり、中国が定義する台湾独立問
題が存在しないことや、台湾の国名変更問題は台湾の内政問題という立場を明確
にするなどして、米国や日本などの理解を促すべきだった。

 また、民進党は経済的に中国への積極開放を進めた結果、台湾の伝統産業の空
洞化が起こった。経済が悪くなったという批判に、「でも経済成長率はよい」と
主張しても逆に反感を持たれる。失業率増加の原因や賃金が上がらない原因をは
っきりさせ、台湾国民に粘り強く説明すべきだった。中国への過剰な進出が経済
悪化の原因となっていることが説明不足だったため、台湾国民は中国と経済交流
を強化したほうが経済が活性化するという国民党の主張に期待を持ってしまった


 謝長廷氏は現在の中華民国憲法は「憲法一中」(憲法上は「一つの中国」)で
アモイ(厦門)も憲法上は中華民国大陸地区だという主旨の発言をして批判され
たことがある。これを謝氏は「改革の対象」と主張したが、では実際に憲法をど
う改正するのか道筋が示せなかった。というのも、2005年の憲法改正で、憲法改
正手続きおよび国民投票のハードルが高くなり、憲法改正および新憲法制定がほ
ぼ不可能になってしまったからだ。また、陳総統は2004年に「新憲法制定」を公
約にし、2008年から実施することを目標としていたのに、はっきり国名を「台湾
」にすると打ち出すことができず、ごまかしながらの中途半端な憲法改正にトー
ンダウンしたため、とうとう新憲法の見本を示せなかった。これが、支持者や中
間層に「台湾新憲法」は実現不可能だと思わせてしまい、理念より利権の国民党
へ流れていった。

 謝氏が訴えた「和解と共生」の理念は素晴らしいが、謝氏自身が「虎に出合い
、羊が寛容や共存を持ち出しても意味がない」と語ったように、羊(民進党)は
「共生」を呼びかけたが、立法院(国会)で絶対多数を得た虎(国民党)の支持
者を民進党に引き寄せるには至らなかった。もちろん、勝負に勝ったあと、虎に
なった謝氏が「和解と共生」を実行してこそ意味があったので、残念だった。

 このほか、陳水扁総統およびその家族に対する不満が民進党への不満となって
いたのが謝長廷氏にとって不利に働いた。利権で支持を集める国民党支持者は国
民党の汚職に寛容だが、理念で支持を集める民進党の腐敗には「疑惑」が浮上す
るだけでも台湾の有権者厳しかった。国民党の格好の攻撃材料にされ、台湾人意
識に訴える政策さえも、陳総統周辺のスキャンダルをそらすためのものと思われ
てしまった。

 民進党は自由な民主政党なので、党内批判も自由にできる。しかし、総統選挙
や立法委員選挙の党公認候補者選びの過程において、内紛が絶えず、親民党との
選挙協力に成功した国民党と対照的に、立法委員選挙で民進党は台湾団結連盟(
台連)との候補者選びで激しく対立してしまい、団結や感動が冷めてしまった。

 民進党と台連が決定的に対立した原因は、2005年の憲法改正による小選挙区制
の導入である。台連は少数派の民意を尊重するためにドイツ式(得票率で総獲得
議席が決まる)を主張したが、民進党と国民党の2大政党が手を結んで、小政党
が生き残れない日本式に近い小選挙区制を導入してしまった。また、比例代表で
は、5%のハードルが設けられ、台連以外にもミニ政党が乱立したため、第3勢
力の票が分散し、台連も5%を超えられず、議席をすべて失った。

 民進党は当時第1党であれば小選挙区でも勝てると考えていたのだろうが、国
民党と親民党を足して過半数だった国会の状況を考えれば、これは民進党には不
利な制度だった。各選挙区は県長選挙と市郷郷長選挙のちょうど真ん中の規模だ
が、これは地元利権派の政治家が影響力を発揮するちょうどよい大きさだった。
国民党は地元利権派の候補調整にうまく行ったので、小選挙区での戦いを有利に
進めた。

 小選挙区で大勝した国民党は、組織をフル活用できた。一方、民進党は落選し
た台連の一部の議員が選挙の怨念からか国民党支持に回ってしまい、特に台連元
議員が国民党支持を表明した高雄市と台南市では国民党の得票のほうが多かった


 民進党は、今後政権の座から下りて野党になるが、台湾にとって幸いなことは
、野党が台湾派になったことだ。これまで、民進党は与党の立場であったとき、
国会で多数を握る野党が中国的な立場から攻撃するため、「ねじれ」状態が8年
間続いた民進党は理想や目標をはっきり語れなかった。今後、国民党は中国から
の脅威に直接与党として向き合うことになり、少しは現実路線になるだろう。従
来、中国の意を受けた外国の反対などに、国民党が呼応して政府を攻撃して台湾
の足を引っ張ったりしたが、今度は台湾に根ざした台湾にとって建設的な批判や
対案が野党から示されることになる。これは長期的に見れば、国民党の台湾化を
促し、台湾派の2大政党という理想には近づくかもしれない。民進党の今後の役
割は、国民党が台湾路線から外れないよう監督し、国民党の台湾化を促すことが
重要となるだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。