老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

私は、民主党内保守を自称されている大阪第14区選挙区長尾敬議員の地元に居住している者です。



民主党内保守を自称されている議員の皆様
先だって、民主党内保守の存在意義は何処にあるのか、という意味の発信をしました。



いよいよここに党内保守の存在意義が明らかになるトキが参りました。管・仙石社会主義内閣打倒の大きなうねり巻き起こす時です。菅・仙石社会主義政権を肯定する国民は皆無といって過言ではありません。選挙では民主党に騙されたと認識している国民が圧倒的多数に上っている。選挙まじかになって民主党を支持して国民をミスリードしてきたマスコミは、これまでの公然とした民主支持の言論を覆すようになった。国民の覚醒に合わせるように自らの保身のために公然と民主党を批判し始めた。福岡市長選挙の結果は国民の認識を示したものと言える。



これ以上国賊と化した民主党政権を延命させてはならない。

これまで党内保守の議員に対しても遠慮なく批判してきた。人権擁護の問題で民主党内保守を批判していた時十把一絡げにしないでくれ、ある議員と言いあいしたこともあった。民主党規約での外国人問題で今の時期には間に合わないことも含めてこれも言いあいになった。いずれも未解決の課題である。

外部の圧力に押される形でなく、党内から内閣打倒の動きを巻き起こすべきである。ここにこそ党内保守の存在意義がある。あれこれの理由で持って結果的に延命させることになっては、党内保守自らが、菅・仙石社会主義内閣を支持する議員であることを表明したものとみなさざるを得ない。



今や重大な岐路に立っていることを自覚して行動するべきである。議員としての地位に魅力を感じていることを批判するものではない。菅・仙石社会主義政権の延命の行動をとることで、永遠に議員の地位を捨て去るのか、国民の先頭に立ち、議員の使命を果たしたと評価されることを通じて、真の保守議員の一人としての名誉ある地位を何時までも保持されることを期待するものです。

民主党内保守の内閣打倒の動きにこそ、民主党内保守の生きる道がある。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。