老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

大きい文字全く小生と同じ考え、支持します。
気骨のある日本人選手はいないのか?

スポーツは、人命や人権ほどには重要ではない
 (スポニチ 2008/3/27)

 http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2008/03/post_1045.html


【金子達仁】


 柔道の山下が、メダルを期待されていた体操やレスリングの選手が、涙な

がらに訴えていたことを思い出す。不参加を撤回してくれ。スポーツに政治

を持ち込まないでくれ。メディアの報道も、選手に同情するスタンスのもの

がほとんどだったように記憶している。いまから28年前、モスクワ五輪の

際の話である。



 以来、わたし個人の中にはスポーツに政治が介入することに対する強烈な

アレルギーがあったように思う。政治の介入は無条件で悪。それ以上のこと

を考えたことはなかった。



 ならば、チベットでの暴動を機に世界的に高まってきた北京五輪ボイコッ

トの動きも悪なのか。そもそもが中国の国威発揚という政治的な意味合いを

色濃く持つイベントに、政治的な事件を理由にボイコットを考える発想は間

違っているのか。「政治をスポーツに持ち込むな」という中国政府の反応が

正しいのか。



 サッカーはもちろんのこと、多くのスポーツ選手にとって、五輪は選手人

生における一大ハイライトである。出場するために費やした時間や流した汗、

涙を思えば、簡単に諦(あきら)められるものではない。それは十二分にわ

かるつもりだ。



 だが、スポーツ選手、あるいは関係者であるという理由だけで、いま起き

ている政治的な事件にまったくの無関心でいいものなのだろうか。



 ドイツでは、ある陸上競技の選手が中国政府に抗議の意を示すために、開

会式にチベットの民族衣裳(いしょう)で参加することを考えているという。

北京からはるかに1万キロ以上離れたドイツでチベットのいまを考える選手

がいる一方で、日本のスポーツ界からはそうした声がまったく上がってきて

いない現状がある。



 これは喜ぶべきことなのだろうか。日本のスポーツは政治と完全に無縁だ

と胸を張るべきことなのだろうか。



 違う、気がする。



 スポーツはわたしにとってきわめて大切なものだが、しかし、所詮(しょ

せん)はスポーツである。平和を象徴するはずの祭典が、カーテンの裏で行

われている人権弾圧を覆い隠すためのものだとしたら、到底賛同することは

できない。



 実を言えば、つい最近までわたしも北京へいくのを楽しみにしていた。サ

ッカーはメダルに届くのか。野球は悲願の金メダル獲得なるのか――。



 でも、やめようと思う。



 

 スポーツは、人命や人権ほどには重要ではない。わたしは、北京五輪をボイコットする。


(スポーツライター)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。