老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

以下の日記、マイミクの恵様より拝借しました。
先日、中国軍の高官がハワイ以西は中国が配下にしたい旨の発言をしていました。

台湾問題、沖縄問題とりわけ軍事基地問題、などを考えると、ミサイル基地の移転は、重要な問題で、日本としても看過できない問題です。

ハワイに太平洋軍基地がありますよ
グアムも圏内ですね。




中国、固定基地型核弾道ミサイル「DF-31A」の実戦配備を完了
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200804042022&page=2

【Technobahn 2008/4/4 20:22】中国が固定基地型大陸間弾道ミサイル「DF-31A」を中国東部にある江蘇省の州都、南京市の西、600キロの郊外に実戦配備を完了していたことが、米核軍縮専門誌「armscontrolwonk.com」の報道により2日までに明らかとなった。

 移動式固体燃料大陸間弾道ミサイルとして開発されたDF-31の射程距離を11200キロにまで伸ばした改良版。

 今回、地理的に米国寄りの中国東部にDF-31Aが実戦配備されたことを受けて、中国は米国の中西部域まで核弾道ミサイルの射程圏内に納めたことになる。

 中国が米国本土を完全に射程圏内に納めることができた場合、台湾侵攻作戦などを実行したとしても米国が干渉することはできなくなる。中国は自国の核抑止力を堅固なものとするためにも引き続いて米国の政治の中枢がある米東海岸を射程に収めることが可能な弾道ミサイルの開発及び実戦配備を急ぐ。

 今回、確認されたDF-31Aのミサイルサイトとその関連施設の位置は

33°16'33.80"N 112°20'06.49"E
33°14'23.78"N 112°17'50.82"E
33°12'46.96"N 112°18'55.43"E
33°12'02.03"N 112°18'49.17"E
33°09'44.19"N 112°15'47.01"E
33°11'48.95"N 112°18'38.92"E

の6箇所。

 米国防総省は今年に入ってから公表した資料の中で中国がDF-31Aの実戦配備を2007年末までに完了したことを明らかにしていたが、実際に実戦配備されたDF-31Aのサイロの位置が明らかになるのは今回が初めてとなる。



どこに飛ばすんですか? サンフランシスコですか?


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。