老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

メルマガ版「台湾は日本の生命線!」

台湾研究フォーラム所属で台湾問題の専門家
永山英樹さんが、最近メルマガを発行されました。

是非皆様にご披露したい御見識をお持ちです。ご検討ください


【論説】中国から理性奪うチベット国旗の威力

http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-339.html

2008/04/06/Sun

四川省の甘孜チベット族自治州甘孜県では三日夜も「騒乱」が発生したそうだ。そのように新華社が伝えているところを見ると、中国政府はあいかわらずチベット人を悪玉に仕立てようとしているわけだが、今更世界がそのような宣伝に騙されるわけがない。

聖火リレーが通過するロンドン、パリ、サンフランシスコでは「人権団体やチベット人組織が抗議活動を行う方針を表明しており、混乱も予想され」、パリ市庁舎では「『世界各地の人権を擁護する』との横断幕が掲げられるなど、市当局も歩調を合わせ」たり、サンフランシスコでも「市議会が『警戒と抗議をもって(聖火を)迎える』との決議を採択した」りしているらしい(産経新聞、六日)。

しかし中国もよほど必死なのだろう。すぐばれるウソをつき続けて活路を見出そうとし、かえって墓穴を掘ってしまうのは、暴力と虚偽の宣伝だけを原動力とする政権の限界を言い表しているが、この問題での対外的なイメージダウンにいかに怯えているかがよくわかる。

チベット人たちは自分たちが世界の関心と同情を集めていることを知っているだろうか。今この瞬間でも彼らが弾圧に晒されていることを思えば、やるせなさを感じざるを得ない。

さてチェコでもチベット擁護の反中国感情が高揚している。プラハの中国大使館前では三月中旬に四百人規模の抗議デモが行われ、そこではハベル前大統領まで参加したそうだ。クラウス大統領も同月二十六日、五輪開会式の不参加を表明している。

そのチェコから教育・青年・教育省の代表団が訪中し、学生交流などの協力協定に調印する予定だったが、中国側は四月四日、それを拒否するとの声明を発表した。理由は教育省官庁の窓にチベット国旗が掲げられたただと言う。

だがこれに対してオンドジェイ・リシュカ教育相は「人権に関する我々の批判が中国に届いている証拠だ」と語り、「協力協定は中国にとっても有益なので、いずれ調印されるとの見方を示した」(AFP)と言うから余裕綽綽である。たった一枚の旗でここまで中国から理性を奪って見せたのだから、完全に中国の弱点を衝いたと言えよう。日本人としては堂々と正義の力を発揮できるチェコの政府が羨ましい。

それに比べて我が政府は、「中国政府も努力をしている最中に、五輪に参加しないとか言うべきではない。日本と中国は近い関係にあるのだから冷静に判断しないといけない」(福田首相)と言う有様。だが「近い関係」だからこそ日本は立ち上がるべきではないのか。このようにチベット人の生命、人権ではなく、それを脅かす中国政府を擁護する自国政府の姿を、国民は直視しよう。

かつて中国民主派の学者、焦国標氏は中国の反民主が極東の共存共栄を阻害しているとし、「誰に極東の政治的民主化に力を献上できる能力があるか。日本、韓国と台湾だけである。もしあなた達がしないなら、また誰にできるのか」「台湾、チベットと新疆の問題に関心を持ち、中国が民主的な手段で台湾、チベットと新疆の問題を解決できるように促せ」と、アジアにおける民主主義の旗手、日本の奮起を促したがその通りだ。

かつての大東亜共栄圏の理想にも一定の理解を示すことのできるこの理知的な学者は、結局は欧米だけでなく、アジアの日本が中国に民主、人権問題での改善要求の圧力を加えなければ意味はないと訴えたのだ。

我が政府が中国に民主化や人権状況改善の要求を行わないのには理由がある。それは民主化が中共政権の否定に繋がるからだ。だからこそ中国政府も、チベット問題での国際的圧力を恐れているのだ。

中共政権が存在する限り、チベットはおろかアジア全体はその脅威に晒され続けなければならない。だからこそ今、その弱点を衝き続けなければならないのだ。五輪が成功を収め、国際社会における中国の声望が高まれば、それだけで中共政権の覇権主義はさらにパワーアップすることになるのである。

我々はチベット人の尊い犠牲を無駄にしてはならない。彼らは結局はアジア全体のために孤独な戦いを続けていると言えるのだ。

政府がアクションを起こせないなら、議員、国民がチベット国旗を掲げて「日本の意思」を示すべきだろう。日本の力強い「意思」が示されればアジア諸国、諸民族も活気を得て、「自由と繁栄」の反中共ネットワークが構築されていくに違いない。

メルマガ「台湾は日本の生命線!」 登録・バックナンバー
http://www.melma.com/backnumber_174014/ 
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。