老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

台湾問題・沖縄問題に火がついた。

台湾では、馬が当選後中国のアプローチ激しくなる。
台湾国内では、馬の当選後、鹿が暴れている。


中国、海南島に原潜基地を建設か

 (朝鮮日報 2008/4/19)

 http://www.chosunonline.com/article/20080419000014


 18日付香港紙・文匯報などは、中国が最南端の海南島三亜市に空母と原

子力潜水艦が停泊できる大規模な海軍基地を建設していると報じた。



 報道によると、米英両軍による衛星写真解析の結果、中国は三亜市亜竜湾

に原潜の停泊施設を建設しているという。同施設は射程距離が8000-1

万4000キロに達し、米本土も攻撃可能な大陸間弾道ミサイル「巨浪」を

10基余り搭載可能な最新鋭原潜の「晋級」(094型)が停泊可能な規模

だ。



 中国は韓半島(朝鮮半島)に近い山東省青島市と遼寧省葫蘆島市に原潜基

地を保有しているが、日米による監視や浅い水深のため作戦上の制約を受け

ているという。中国が最南端の三亜市に原潜基地を建設するのは、横須賀な

ど日本の米軍基地から離れている上、周辺の水深が数千メートルに達し、敵

に探知されにくいためとみられる。



 中国はまた、2009年の完成を目指し、亜竜湾に空母が停泊可能な長さ

230メートルのふ頭3カ所を建設している。このため、亜竜湾が今後、中

国海軍の中心的基地に浮上するとの観測も出ている。中国は亜竜湾基地の完

成を待って、広東省湛江港を拠点とする南海艦隊の戦力を大幅に移動させる

方針とされる。こうした動きは空母保有などで「大洋海軍」への飛躍をもく

ろむ中国の姿勢の表れとみられる。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。