老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

(中国情報局より)

中国大使館で歓迎会 衆院議長、首相夫人ら出席

2008/04/27(日) 13:23:12更新

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0427&f=national_0427_005.shtml





  26日付中国新聞社電によると、長野で終了した聖火リレーの歓迎レセプションが26日夜、東京都港区の中国大使館で行なわれ、河野洋平衆院議長、公明党の太田昭宏党首、福田康夫首相の貴代子夫人ら日本の各界代表約100人が出席した。

  崔天凱大使は「多くの市民が風雨を冒して街頭を走り、各地の華人華僑と留学生が長野に駆けつけて聖火を応援し、正に多くの人々の協力で聖火リレーが成功した。日本オリンピック委員会、日本政府、長野市などに感謝する」と述べた。

  北京五輪組織委員会の李炳華副委員長は「聖火リレーは各地でごく少数のチベット独立派分子の妨害を受けたが、いかなる力によっても聖火リレーの成功を妨げられないことを事実が証明した」などと語った。(編集担当:井上雄介)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



トーチリレーは、今回のオリンピックは中国のためのオリンピックであることを如実に示しました。有森選手は「五輪は開催国のものではない。中国のものではない」と語っておられます。



今回の留学生の動員は、中国大使館からの動員要請であったことが、留学生の言葉としてテレビで放映されていました。




日本国の政府はこの有森選手のような認識もないのかと驚くしだいです。

大使館により演出されたトーチリレーに属国日本の政府代表は、大手を振って参加しているのです。



今や一連の他の諸問題も含めて考えると、自・公政府打倒するほかないと思うのは、過激でしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。