老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

北京五輪を前に中国当局がまたも人権活動家を拘束

2007年12月29日 20:12 発信地:北京/中国

前の写真 | 次の写真
関連写真 2枚


中国・北京(Beijing)で取材に応じる人権活動家の胡佳(Hu Jia)氏(右)と曾金燕(Zeng Jinyan)氏(左)(2007年1月9日撮影)。(c)AFP/Frederic J. BROWN



【12月29日 AFP】北京五輪を来年に控え人権活動に対する取り締まりを強化している中国で、警察当局が人権活動家の胡佳(Hu Jia)氏(34)を国家政権転覆扇動の疑いで拘束した。人権団体が29日、発表した。


 同氏の友人Liu Feiyue氏はAFPに対し「警察は彼を拘束した。容疑は国家政権転覆扇動だ」と語った。


 人権団体Chinese Human Rights Defendersによると警察は27日、北京(Beijing)にある胡氏の自宅に強制的に立ち入り、電話線とインターネット接続を遮断して同氏を連行した。胡氏の妻で自身も著名な活動家である曾金燕(Zeng Jinyan)氏は自宅軟禁となった。胡氏の母親と曾氏は携帯電話を没収された。


 Liu氏は、今回の事件は北京五輪をきっかけに人権問題を訴えようとする動きに対する当局の取り締まり強化の結果だとしている。Liu氏自身も3か月間、警察に監視されているという。


 胡夫妻は過去数年間にわたり何度も自宅軟禁を命じられているが、ネットを通じて中国当局による人権侵害を訴えている。(c)AFP/Robert J. Saiget

http://www.afpbb.com/article/politics/2330736/2482969
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。