老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

理性的な林先生と申し上げれば失礼になるかとも思いますが、小生が激昂していても冷静に、理性的に、ご指導いただく先生が福田内閣打倒を口にされました。


平成20年5月5日
愛国心ではなくジコチューだ
 
中国の若者の愛国心の異常さが注目を集めている。過ぐる反日デモの暴力行為は目にあまるものがあったが、聖火リレーの「留学生」集団も、殴る蹴る、旗棹でなぐるなどの行為が見られたそうである。ソウルでは乱闘になり、韓国政府が中国政府に抗議する騒ぎになった。


 直接的な暴力よりもっと恐いのが、自分達を批判してくる相手を「漢奸」(売国奴)呼ばわりして攻撃するやり方である。アメリカでは対立している両者のあいだを仲裁しようとした女子学生が「売国奴」呼ばわりされ、実家には汚物がまかれたという。自分たちに全面的に同調しない者はすべて敵だという態度である。フランスでの聖火への抗議に対する、中国内のコンビニ店、カルフールへの不買運動も、感情的な八つ当たりというべきである。常軌を逸していると言うしかない。


 こうした若者の大量出現は、中国政府の愛国心教育の結果だと分析する人もいる。中国政府は本当に愛国心を教えているのだろうか。


 本物の愛国心とは
第一に、自国の良いところに誇りを持つことである。
第二に、自国の悪いところや間違っているところを指摘・批判されたときに、謙虚に反省し、そこを直し、改善しようとする態度である。もし相手の方が間違っていると思えば、理性的・理論的に反論する。自信があるから感情的に反発したり、激昂したりしない。


 第一の点についても問題はあるが(例えば有人宇宙飛行をやったとか、経済成長が高いとか、オリンピックを主催する、などという外見的なことに価値を見いだすか、国民の人格の成熟度や文化に見いだすか)、分かりやすいメルクマールは第二の点である。


 第二の点に照らしてみれば、中国の若者の行動が愛国心とは似ても似つかぬ代物であることは明瞭である。それは愛国心どころか、程度の低いジコチュー(自己中心主義)にすぎない。


 今の若者の世代は「一人っ子」政策のもとで、親から「王子さま」「お姫さま」のように過保護に育てられ、自分だけが正しく、反論や規制を受けない存在だと思いこんでいるのである。人格が未熟で弱いので、批判されると、相手を全否定しなければ、自分が全否定されると思ってしまう。自分を全面肯定するためには、相手を全面否定するしかないのである。


 こういう連中を政権の基盤として利用せざるをえないなら、中国共産党の独裁は、じつは脆弱な基盤の上に立っていることになる。政権の人間的土台(民度)がもろいということになる。彼等は常軌を逸した攻撃をするから、相手国の国民の反発を買う。しかし抑えようとすると、批判は政府そのものに向かう危険がある。育て方が間違っていたので、扱いに苦慮しているというのが本当のところであろう。


 中国のみが正しいという「中華思想」が「愛国心」教育の核心であり、それと個々人の自己中心主義が合致しているところが、一筋縄ではいかないところである。劣等感の裏返しという側面もあるので、いっそう厄介である。


 この鬼子を教育し直すことができるのか、それともコントロールできないのか、そこに中国という国の成熟度を測るメルクマールがあると言えるであろう。今のままでは、民主的な近代国家となるにはほど遠いと言わざるをえない。


 来日する胡錦濤主席に対して、福田首相は「相手のいやがること」でも、日本の国益のため、主張すべきことをしっかりと主張してほしいものである。間違っても「ご無理ごもっとも」という態度だけは取らないでもらいたい。


 かつて、天安門での武力弾圧に抗議して西側諸国が制裁を科していたときに、天皇訪中を画策し、それが突破口になって制裁が解除されていった経緯がある。中国にとって日本ほど御しやすい、都合のよい国はなかったことだろう。今回もオリンピックをめぐって中国への批判が高まっている中、福田首相が開会式に出席を約束しようものなら、中国にとってこんな旨い話はないが、反面、日本は世界の笑い者になるどころか、中国の家来になったのかと言われかねない。福田首相は決して開会式出席を約束してはならない。


 昨日、来日にさきだって胡錦濤主席が記者会見し、パンダの貸し出しを検討していると恩に着せるような発言をしたそうが、貸し出し料はオス・メスのペアで年間一億円とか。世界中のパンダはすべて貸し出しであり、生まれる子供も中国の所有となり、貸出料を取られる。パンダ利権と言うべきだ。有り難がって押し頂くような話ではない。それとも今回だけは無料にしてくれるとでもいうのか。もしこちらが金を出して、友好の演出をされ、北京オリンピックの露払いをさせられるようなことになれば、国際社会の軽蔑を買うことになろう。福田氏が首相であるかぎり、こうした関係は続くのであろう。いよいよ福田政権打倒しかないか。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。