老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

千葉県の知人のお方のご意見をご紹介します。

抗議先
官邸
        http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
防衛省    http://www.mod.go.jp/goikenbako/index.htm    
         

とりわけ
>ましてや「軍用機で来い」というのは、例えていうならば胡錦濤皇帝陛下の
国の災害に、朝貢国の倭国は軍隊を派遣して貢献せよといっているに等しい
暴挙である。

この部分のご意見には諸手を挙げて賛同します。



各位

標記の件について、官邸に下記のようなメールをしました。
防衛省には、イラク派遣と国内任務遂行のためC-130の
派遣は不可能と、官邸に申し入れるよう要請しました。

官邸と防衛省への抗議・要請にご協力下さい。

*********************

災害に見舞われた国に対する救援活動は、人道的行為であり可能な範囲で
支援することに異論はない。

しかし支援を受ける側が、自衛隊機を使って支援物資を運ぶよう指定するのは、
あまりにも異常で非常識極まりない。

そもそも自衛隊(軍隊)は、主権国家の象徴的存在そのものである。
中国は期待する支援物資を日本に打診すれば済むことであり、輸送手段の
指定自体内政干渉といわれても仕方がない傲慢な振る舞いである。

ましてや「軍用機で来い」というのは、例えていうならば胡錦濤皇帝陛下の
国の災害に、朝貢国の倭国は軍隊を派遣して貢献せよといっているに等しい
暴挙である。

21世紀の現代には考えられないほどの外交儀礼を欠いた対日要求である。
中国は昨年キーティング太平洋軍司令官に、太平洋を米国と二分して管理しようと
持ちかけたといわれている。

日本の存在など眼中にない覇権大国中国の素顔が露骨に表われている。
いま日本の自衛隊(軍隊)を呼びつけることで、世界に・アジア諸国に、日本を
跪かせたことを印象付ける意図が透けて見える。

町村官房長官の談話を聞いて、その前のめりの姿勢に危ういものを感じた。
「輸送手段は我が国が主体的に判断して決める」と、毅然とした対応をして
もらいたい。
世界の笑いものになることは許されない。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。