老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

以下は小生が属している全国的MLでの発信した内容です。
マイミクさまでご協力願えるお方にはよろしく。

小生、今日一日外出のため対応が遅れたことをお詫びいたします。
ここで○○様のお願いを再送信することになりますが、小生新たに
宇部市議会議員の△△様が習志野市へ送信された内容を、ご本人様のお許しを得ましたので、合わせて皆様にご紹介いたします。

以下は○○様のお願い全文
 
 の皆様へ

習志野市の○○です。
この度は「習志野市の男女共同参画基本計画(案)」に関するパブコメの件で、大変お世話になっております。

「基本計画(案)」へのパブコメ提出期限が、いよいよ明日21日(月)に迫りました。

是非習志野市の担当部署に「ご意見を提出」していただきたく、再度お願いさせていただきました。
SS先生にご指導いただき作成した「パブコメ文例」を下記のとおり3パターン作成いたしました。
ご参考にしていただければ幸いです。

<これまでの活動経緯>
   ①習志野市議会の保守会派の議員に「男女共同参画問題」の勉強会を提案し、開催する
        演題  「習志野市の男女共同参画条例・基本計画がいかにわが地域社会に毒を撒き散らすか」
        開催  11月19日
        場所  習志野市議会・会議室
        講師  ジャーナリストSS先生
   ②習志野市が12月20日に市の広報で「習志野市の男女共同参画基本計画(案)」を発表

        募集  「基本計画(案)に関する市民・県民・国民の意見(パブコメ)」
        期限  1月21日(月)・・・必着
   ①「パブコメを提出しよう」と呼びかける「チラシの配布(5000枚)」・・・添付
        日時  1月14日(日)、15日(月)
        場所  習志野市役所前・JR津田沼駅ほか
        配布  同志10名で2日間
   ②保守系ネットワークでの全国的告知
        「習志野市でも男女共同参画問題で立ち上がりました」
        「子供の人格破壊、離婚推奨、家庭崩壊、学校・社会の崩壊、ひいては日本を滅亡に
         導こうとする、堂本暁子千葉県政を打倒しょう!」

14日までは深く水面下で準備し、14日、15日に一気に「奇襲攻撃」をかけたので、

敵方も巻き返しに躍起になって、意見投稿(パブリック・コメント=パブコメ)の要請をしている
ものと推測されます。
明日の「習志野の決戦」で、「日本の将来」がかなり大きな影響を受けるものと確信します。
何としても保守vs左翼フェミで、「保守のパブコメ数」が「左翼のパブコメ数」に負けたら、
日本は左翼に支配され、近い将来中国の属国になり下がるでしょう。

私たちも明日21日の夕方ギリギリまで、「お願い」をして参りますので、
お一人でも「パブコメの投稿(下記の文例からひとつ選んでいただいても結構です)」をしていただきますよう、
ご協力よろしくお願い申し上げます。

   提出期限   明後日、平成20年1月21日(月)・・・必着

   提出先    ステップならしの(男女共同参画センター)
                習志野市津田沼5-12-12 サンロード津田沼5階
           (FAX)     047-453-9327
           (ホームページ)  「習志野市役所」で検索⇒「定型の書式」へ書き込み・・・送信

           (注)FAXの場合は任意の書式に、
              「住所」、「氏名」、「習志野市男女共同参画基本計画(案)に対する意見」と明記し、
              「ご意見」を記載してください。

   意見を提出できる方
        ・・・・・習志野市内に、住所を有する方、事務所・事業所を有する方、
            通勤・通学している方だけでなく、
            利害関係を有する方(全国どなたでも提出できます)


             習志野市   ○○


***************************************


(パブコメ参考文例)
 

 文例ー1  習志野市ステップならしの(男女共同参画センター)御中

           「習志野市男女共同参画基本計画(案)に対する意見」

        習志野市において現在「習志野市男女共同参画基本計画」を作成中と

        お聴きしました。
        小生は、○○県○○市に在住する○×○×です。

        男女共同参画基本計画(案)を拝読しましたら、各所に「適切でない用語や表現」
        が使われ、「イデオロギー的な意図」が見え隠れする計画案です。
        習志野市民にとって、決して好ましい計画案ではないと思いました。

        
        「計画」策定にあたり、計画案の「問題点」は概ね下記のとおりです。


        そうした危険極まりない、「不適切な用語の使用や表現」はすべて排除し、
        適正に修正されることを強く求めます。
        ①固定的性別役割分担を敵視(伝統的な男女の棲み分けを否定)
        ②人権意識の徹底
        ③就学前(保育所)から男女対等・平等意識を植えつける
        ④性別(男らしさ・女らしさ)にとらわれない教育(性別否定)
        ⑤男女混合名簿の推進(性別否定、たとえば男女の同室着替え、同室宿泊、
         同室身体検査を促す根拠になる公序良俗に反するもの)
        ⑥DVの敵視(定義そのものがあいまい。男性を加害者と規定する法の下の
         平等を侵すもの)
        ⑦根拠なしの数値目標を設定して達成させようという仕組み(福田官房長官
         時に政治的判断で設定されたもの。なんら合理的な根拠はない)
        ⑧あらゆる分野への女性の社会進出(ワーク・ライフ・バランスは
         社会で働くことを前提にした家事・育児軽視政策)
        ⑨農業における家族経営協定(家庭内の支えあいを無視した、
         契約関係導入による家族分断)
        ⑩調査・研修・表彰・訓練目白押し・男女共同参画関連図書の充実(費用対
         効果、予算開示せよ、行財政改革に逆行)

        以上のように、計画案には「問題点が山積」しています。

        このような問題が計画案に盛り込まれますと、「子供の人格破壊、家庭・学校
        の崩壊、社会・国家の滅亡につながりかねません。

        絶対に、将来に禍根を残すような「基本計画」は策定してはなりません。
        
        以上、提示されている計画案には、「頑固反対」です。

        健全で市民が安心できる習志野市の行政推進を心から祈念いたします。



                                 平成20年1月○○日
                                    (現    住    所) 
                                                 (氏   名) 

        *********************************

文例-2  習志野市ステップならしの(男女共同参画センター)御中

           「習志野市男女共同参画基本計画(案)に対する意見」

        習志野市のホームページで「習志野市男女共同参画基本計画(案)」に対する
        意見募集を知りましたので、意見を申し上げます。
        小生は、●●県○○市に在住する○×○×です。

        男女共同参画基本計画(案)を読みましたら、各所に「不適切な用語や表現」が
        使われ、「イデオロギー的な意図」を感じる計画案です。
        習志野市民にとって、決して好ましい計画案ではないと思いました。


        こんなおかしな計画案を承認すると、市長も、市の役人も、市民も全国の物笑い
        になります。

        読んで感じた「問題点」、
           1.不適切な用語・表現
              例  *「女性と男性が対等なパートーとして」(不適切)
                     →「女性と男性が支えあいながら」(適切)
                 *「社会のあらゆる分野」(不適切)
                     →「社会のさまざまな分野」(適切)
                 *「女性も男性も性別にとらわれず、自分の個性や能力を」
                   (不適切)
                     →「男女がそれぞれの個性や能力を」(適切)
              など、例示できないぐらい、各所に不適切な用語・表現が散見され
              ます。

           2.上記の用語・表現・内容からも明らかなように、計画案全文に下記の
             ような問題点がある。
             a.伝統的な性別役割分担を敵視している
             b.夫婦間の対立を助長し、離婚・家庭崩壊を招く
             c.「ワーク・ライフ・バランス」などと一見、良い事のように見せかけて、
               「女性は外で働け!」と号令をかけている
               育児は、行政が替わってやる。これは子供の気持ちを無視している
               子供は「男女共同参画」の犠牲者になる
               「子供の健全な成長は期待できない」・・・育児や家事の軽視
             d.学校では「男女混合名簿」を使って、徒競走をさせたり、騎馬戦、
               同室着替え、修学旅行での男女同室就寝、男女共用トイレ、
               男女混合身体検査・・・・など、習志野市内の公立学校で実施する
               根拠になる。
               これでは、児童・生徒の安寧、心身の健全な育成を担保できない
               子供にとって、不安・不快な環境になる。これが「教育的配慮」に
               根差したものといえるのか
             e.習志野市では学校で、過激といわれるような性教育をしていないか?
             f.とんでもないこの「条例・基本計画」の施行のために、貴重な税金
              (血税)が使われることは、断固反対する。市議会は予算・決算を
               正しく審議しているのか?
             g.男女共同参画社会の実現を目指す責務が市民にあると謳っている。
               しかし、この言葉は「ジェンダー・イクォリティー」の翻訳で、「性別
               否定」の意味である。
               つまり、同基本計画は性別否定社会の推進を市長や行政や市民の
               責務している。これはどうしたことか?
               これこそ、価値観の強制、全体主義的統制社会の招来である。
               このような権限を、いつから習志野市は付与されたのか?
               言語道断と言わざるを得ない。

           3.習志野市長や市議会は、何をやってるのか?こんなことをさせてよい
             のか?
               議員としての職務を全うしていないのでは?
               市長も男女共同参画を全面的に推進するというが、その見識を
               疑わざるを得ない。
               健全な市民の安寧と幸福を破壊する男女共同参画を推進するとは、
               言語道断で、これで「選良」とは片腹痛いことである。

               このようなものに賛成する市長や地方議員など、不要である。
               歳費も受け取る権利はない。
 
        以上、上記のような問題を容認するような基本計画であってはなりません。
        現行基本計画案は、その点を踏まえて、徹底的に修正されることを要求します。

                                 平成20年1月○○日
                                    (現    住    所) 
                                                 (氏   名) 

ここから以下は宇部市議の広重様のメール


習志野市

ステップならしの(男女共同参画センタ)御中



あけましておめでとうございます。

御市の益々のご清栄、心からお慶び申上げます。

さて、御市においては現在「男女共同参画基本計画」を作成中とお聴きいたしました。小生、山口県宇部市において平成14年6月議会で「宇部市男女共同参画推進条例」制定に関与した者として、若干、意見を申上げさせていただきます。



公(おおやけ)、地方自治体が作成、制定する「計画」「条例」等に使われる言葉は十分検討されますよう強く要望いたします。平成12年作成された国の「男女共同参画基本計画」と平成18年暮れに策定された「第2次基本計画」の違いをしっかり認識すべきです。「言葉」の重さ、イデオロギー的に使われる怖さを知らなければなりません。



「計画」策定にあたって、下記の点について、是非検討すべきです。



・公共機関(地方自治体)が、家庭、個人の思想、良心に入り込んでいるのではないか?

・さすがに「ジェンダーフリー」なる言葉は使われなくなりましたが、依然としてこの考え方が盛り込まれ、先人の「生活の知恵」を壊し、文化・伝統を否定しているのではないか?

・「メディア・リテラシー」として、いろんな所で使われている言葉、あるいはコマーシャルまで、公(自治体)がチェックしようとしているのではないか?

・かつて、「某市」が雌雄同体のカタツムリを取り上げ、男女の性差を否定し、同質化しようとしました。その考え方があるのではないか?

・社会の基盤である「家庭」「家族」の絆を切り、解体しようとしているのではないか?



・人生において極めて大切な契機、出来事である「結婚」を軽く考え、フリーセックスに拍車をかけ、性道徳を破壊しているのではないか・

・「機会の均等」と「利益享受の均等」を混同した「結果平等主義」を唱えているのではないか?



「家族」を否定し、すべてをアウトソーシングしようとする危険なカルト思想・全体主義的な考え方があります。「きれいな言葉」「かっこいい表現」で地方自治体の「計画」「条例」に危険な思想が織り込まれる事が頻発しています。

御市においては心配をすることは無いと思いますが、計画策定において以上申上げた点については是非、検討してくださるようお願いいたします。



御市の益々の発展を祈念いたします。



                平成20年1月17日

                宇部市

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。