老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

【工藤俊作】についてブログや通販での検索結果から見ると…

工藤俊作 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… …

気になるワードを詳しく検索!・2008.06.11

TB*URL

多くの愛国の皆様にお知らせします。
皆様は「敵兵を救助せよ!」の事実をご存知ですよね。
著者の恵様は以下のサイトを開設なさいました。
ご案内いたします。

「敵兵を救助せよ!」サイト開設
http://www.bushido-seishin.com/

あなたはご存知でしたか?
太平洋戦争の激戦の中、日本海軍にこんな救出劇があったことを。
WW2時、イギリス海軍400人余り、敵の攻撃によって海に放り出された、その後、その海域に通りかかったのは敵である大日本帝国海軍の戦艦だった・・・
平成十五年十月十九日、日本の土を初めて踏んだ一人の元英国海軍士官がいた。
元海軍中尉サミュエル・フォール卿。
 フォール卿は、戦後、外交官として活躍。その功績によってサーの称号を受けている。外交官を定年退職後、一九九六年に自伝「マイ・ラッキー・ライフ」を上梓した際、その巻頭に「元帝国海軍中佐工藤俊作に捧げる」と記した。

このような書き出しで始まるこのサイト、小生のパソコンの「お気に入り」に加えまして、メルマガの購読も依頼しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

【工藤俊作】についてブログや通販での検索結果から見ると…

工藤俊作 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… …

気になるワードを詳しく検索!・2008.06.11

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。