老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ご存じないお方も居られますが、宮中祭祀は皇室の存在理由そのものです。
天皇はその始まり以来、一貫して「国平らかに民安かれ」と祈る祭祀王でもあります。
祭祀をしない天皇など語義矛盾でもあります。

このことの認識を今一度しっかりもつことの意味は大きいと思います。
それにしても、宮中祭祀廃止論なるものが出回っているのですね。
各方面からの攻撃はあるものですが。

           宮中祭祀廃止論に反駁する
      高崎経済大学教授・八木秀次


 (産経 2008/6/5)

 http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080605/imp0806050311000-n1.htm


 ≪■原武史教授の提言≫


 目の前の些事(さじ)に目を奪われ勝ちだが、わが国の根幹にかかわる危

機は確実に進行している。皇室の危機のことだ。



 皇室を巡る危機は大きく2つある。1つは言うまでもなく、皇位継承問題

だ。幸いにして秋篠宮家に悠仁親王殿下が誕生して男系・女系を巡る皇室典

範改定の危機はひとまず去った。だが、悠仁親王殿下が皇位を継承される頃

にはすべての宮家が消滅する。旧宮家の皇籍復帰など皇族の数を増やす措置

が必要だろう。



 2つ目の危機はいっそう深刻だ。最近、皇太子妃殿下のご病気の原因とし

て宮中祭祀(さいし)に違和感を持たれていることが指摘され、そこから宮

中祭祀の大幅な簡略化ないし廃止が唱えられるようになった。宮内庁も天皇

・皇后両陛下の健康問題を理由に、少なくとも簡略化の方向にもっていきた

い意向だ。



 宮中祭祀廃止論の主唱者である原武史・明治学院大学教授は今の皇太子殿

下・妃殿下が天皇・皇后になられる時代には、お堀の外からは見えない宮中

祭祀より、もっとダイレクトに、例えばネットカフェ難民(低所得のため住

居がなくインターネットカフェで寝泊まりしている若者)やプレカリアート

(就労の不安定な労働者を意味する造語)などを皇居に招いて食事を振る舞

うなどの「救済」をしてはどうかと提案する(『現代』5月号)。



 ≪■創られた伝統ではない≫


 しかし、宮中祭祀は皇室の存在理由そのものだ。天皇はその始まり以来、

一貫して「国平らかに民安かれ」と祈る祭祀王であり、祭祀をしない天皇な

ど語義矛盾でもある。『日本書紀』には皇祖神・天照大神が祭祀を行う記述

が散見されるし、初代・神武天皇も「天神地祇を敬ひ祭る」存在として記述

されている。欽明天皇の時代に仏教を導入することの是非が議論された際に

も天皇の役割を「恒に天地社稷の百八十神を以て、春夏秋冬、祭拝りたまふ

ことを事とす」との記述が見える。



 今日の体系的な祭祀の基礎が完成したのは、「延喜式」(927年)であ

り、律令時代には祈年祭、月次祭、新嘗祭が重視された。歴代天皇の祭祀に

対する基本姿勢は第84代・順徳天皇の『禁秘抄』にある「凡そ禁中の作法、

神事を先にし、他事を後にす」との言葉に尽きている。宮中の作法はまず神

事すなわち祭祀があり、その他のことは後回しということだ。



 原氏は今日の宮中祭祀は「祭祀を『国体』の根幹と見なす後期水戸学の影

響」であり、明治になって確立したものだと主張する(『昭和天皇』岩波新

書)。「創られた伝統」であるがゆえに廃止も可能だということだ。この論

は意外にも浸透しつつあるが、以上に見た通り、宮中祭祀は何も明治になっ

て「創られた」ものではない。応仁の乱以降は中絶した儀式もあったが、第

119代・光格天皇の御代や明治になって再興され、また新たな祭祀が創出

され、明治41年の皇室祭祀令で法的な整備がされた。戦後は皇室の「私事」

とされたが、基本的にはこれを引き継いだものだ。



 昭和天皇、今上天皇はことのほか宮中祭祀にご熱心であり、原氏はそこに

違和感を覚えているようだが、それは皇祖皇宗のご姿勢そのままに「祈る」

存在としての天皇のお務めに忠実であるということに他ならない。



 ≪■新種の天皇制廃絶論≫


 宮中祭祀の簡略化ないし廃止が唱えられるようになったのは今が初めてで

はない。既に昭和40年代の初めあたりから、入江相政侍従(後の侍従長)

を中心に動きがあり、入江は昭和天皇の高齢を理由に新嘗祭の廃止や元旦の

四方拝の簡略化などを画策し、一部は実現させている。その背景には入江自

身の思想とともに、「無神論者」を自称した富田朝彦宮内庁次長(後の長官)

の就任や、政教分離をテーマにした津地鎮祭訴訟に過度に反応して皇室から

宗教色を排除しようとした宮内庁官僚の動きが指摘されている(メールマガ

ジン「斎藤吉久の『誤解だらけの天皇・皇室』」)。なお、今上天皇が宮中

祭祀にご熱心なのは、入江らの動きへの反発であり、簡略化された祭祀を再

興しようとのご意志の反映とも考えられる。



 最近の簡略化ないし廃止の動きが過去のこのような動きとどのように関係

するのかは定かではないが、日本の伝統に違和感を覚える一部の外務官僚が

宮内庁に影響力を拡大していることと無関係とは思えない。また、原氏の背

景も気になるところだ。



 繰り返すが、宮中祭祀は皇室の存在理由そのものだ。皇室から「祈り」を

奪う動きは、本人の意識はともかく、新種の天皇制廃絶論と断ずる他はなか

ろう。


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。