老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

宮崎先生の予測どおりになってきました。

崩壊の始まりが始まりました。
乞う。ご期待を。


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 より転載しています。
    平成20年(2008年)6月13日(金曜日)


 だから言ったじゃありませんか。中国株は危ない、って。
  上海株式市場、ピークから53%の暴落


 昨日(6月12日)の上海株式インデックスは、ついに3000の大台を割り込み、2957・5ポイント。
これは昨年の絶頂から、じつに53%もの暴落である。

 不思議なことに、この大ニュース、日経新聞を除き、各紙黙殺。
 対照的に或る新聞は四川省の地震被害が5400億元に達し、これらの復興プロジェクトが始まれば、景気がふたたび過熱し、中国全体のGDPを0・7%押し上げるなどと逆さまの議論を展開している。
 財源をどう確保するのか、借金するしかないのではないのか。

 二月からの猛烈インフレを抑止するために中国は金利を上げ、預金準備比率を上げた。
 それでもインフレは五月に7%台、前月は8・6%、前々月は8・5%。
物価上昇が止まらないのだ。

 物価上昇は庶民の生活を直撃する。
経済に無策の北京政府、奢侈にふける共産党幹部。李鵬の息子は、かねて予測したように正式に山西省副省長に就任した。
山西省は石炭のメッカ、過去三年で石炭は四倍になった。これを抑制できる政治力量が、この男にあるか?

 二月の大雪、三月のチベット、五月の地震、そしていま中国を襲っている豪雨。
 国家が衰退を始める兆しが連続している。北京五輪後、経済の大決壊が始まるだろう
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。