老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

今もそうですが、昔は、医療水準も低く、妊娠や出産は命がけのことでありました。
「穢れ」というのは、不潔とか不衛生という意味ではありません。生命の誕生や病気、妊娠や出産など、人間の力の及ばないことや、不思議なもの、神秘な現象を、昔の人々は恐れて「穢れ」と呼んだのです。ですから、「穢れ」とは、女性差別ではなくて、むしろ、女性には人知の及ばない「自然」があることに対して「畏怖」を感じて、「女人禁制」のシステムが生まれたのです。
今も女人禁制の山がありますが、これは、女性差別ではなく、むしろ、女性が持つ命を生む力への尊敬や畏怖があってのことです。人間の身体を、人間が一番理解していませんね。

2008.01.28  芹田陽子  編集

仰せにおとおりなのですが、解同とか左翼の人は、差別と結び付けますね。
大峰問題のとき、神名様へ問題提起したのは小生でして、大峰問題の左翼の集会に行って小生は、はじめて知った次第です。

2008.02.01  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

こんな同和教育第2弾 ジェンダーフリー教える同和教育!

これも福岡県立久留米筑水高等学校高校での「第2回人権・同和教育授業指導案」という文書です。
   平成19年6月8日(金)2年HRで使用したらしい。

指導案の中の問題点

主 題:「けがれ」・・・女性差別と部落差別を支えてきた概念
ねらい:(1)日本文化のもつ「けがれ」観について知る
   (2)「差別する人がいるから差別がある」ということに気づかせる。
展 開:
導入 学習内容  前回の学習内容の確認
   学習活動  今年度の目標が「差別が起こってくる背景について考え、理解しよう」であることを再認識する。
   指導上の留意点 前回の内容をしっかり思い出させる。

展開 学習内容 「ジェンダーフリー」を理解する
        
「女性差別」の現状について考える

     「女性差別」の理由に、「けがれ」観があることを知り、「けがれ」とは何であるかを理解する。

学習活動 「男らしさ」「女らしさ」について考えそれが日常生活の中で自然と焼き付けられているということを知り、現在「ジェンダーフリー」という考え方があることを理解する。
   
女性の立場から現実に起きている女性差別について、また女性差別に対
して思うことについて、自分たちのこととしてとらえる。

     「女性差別」の根幹にある「けがれ」観の存在に気付き、「けがれ」とは
どのようなものであるかを理解する。またそれが日本文化の中
でどのような差別につながっているかを考える。
     相撲の土俵
     葬式の「清め塩」
     部落差別  など
 「けがれ」の意識が身近にあるということを理解する。

指導上の留意点 
自分たちがいかに「ジェンダー」をすり込まれているかを確認させる。

身近な問題としてとらえさせる。

生徒の反応を見ながら、できるだけ生徒にわかりやすい例を用いて内容
を発展させる。

以上が「第2回人権・同和教育授業指導案」という文書の全文である。

いやはや驚きました。

同和校卒業生徒の知的水準が問われることになりませんか。

内閣は、先の基本計画論議の結果、ジェンダーフリーという言葉も内容も使用しないこととなったのではありませんか。
この点での、県教育委員会の知的レベルが問われませんか。或いは、部落解放同盟の指示に盲従した結果なのでしょうか。何れにしましても関係者の知的レベルが問われますね。

「女性差別」があるものとした前提にたっての論議で、今も部落差別が存在するという前提にたっての論議と同じですね。

しかも、「女性差別」の根幹に「けがれ」があるのだそうです。
日本文化の中に差別につながっているものがあるのだそうです。

神道で言われてきた「けがれ」観の無知に驚きます。神話時代の神々の「けがれ」と「清め」について無知と間違った理解を教えているのには唖然とするばかりです。
古事記・日本書記を知らないのですね。

部落解放同盟員や同和校に関わる人は神社に参拝することもしないし、経験もないのですね。神社での「清め」もないのでしょうね

大宰府神社の神主様のお話をお聞きし、勉強することがあっても良いのですが。
全国の皆様、県教育庁への抗議をお願いします。

抗議先
福岡県教育庁 人権・同和教育課

kdowa@pref.fukuoka.lg.jp 

課長席電話    092-643-3915


福岡県立久留米筑水高等学校
〒839-0817  福岡県久留米市山川町1493 
電話:0942-43-0461(代表)  FAX:0942-45-0143 
e-mail:info@kurumechikusui.fku.ed.jp

スポンサーサイト

コメント

今もそうですが、昔は、医療水準も低く、妊娠や出産は命がけのことでありました。
「穢れ」というのは、不潔とか不衛生という意味ではありません。生命の誕生や病気、妊娠や出産など、人間の力の及ばないことや、不思議なもの、神秘な現象を、昔の人々は恐れて「穢れ」と呼んだのです。ですから、「穢れ」とは、女性差別ではなくて、むしろ、女性には人知の及ばない「自然」があることに対して「畏怖」を感じて、「女人禁制」のシステムが生まれたのです。
今も女人禁制の山がありますが、これは、女性差別ではなく、むしろ、女性が持つ命を生む力への尊敬や畏怖があってのことです。人間の身体を、人間が一番理解していませんね。

2008.01.28  芹田陽子  編集

仰せにおとおりなのですが、解同とか左翼の人は、差別と結び付けますね。
大峰問題のとき、神名様へ問題提起したのは小生でして、大峰問題の左翼の集会に行って小生は、はじめて知った次第です。

2008.02.01  老兵  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。