老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

やはり、日本には外交官はいませんね。外交も無かったのですね。
外務省解体・再構築は必要ですね。
伊勢雅臣先生のメールマガジンからです・。


国会対策的外交の終焉



【国会対策的外交の終焉】
  
  (相手国を)怒らせない、追い詰めない、
  関係を悪化させない、そして相手の立場を考える。

          日本外交の基本方針


     ★     ★     ★

 洞爺湖サミットも無事に終わりました。中国から五星旗を持った
青年も現れなかったし、在日右翼街宣車も山の上までは面倒だから
行きませんでした。ロシアなども北方領土も関係ないとのことなの
でニコニコ。米国も「忘れない」で福田さんが満足してくれたので
気が楽でした。日本型気配り外交で大成功に終わりました。めでた
し、めでたし、、、つづく。

 昔むかし、ある国の小さな部屋で、、、
     (再構成転載 重村智計「外交敗北」p154より)

■「五人を戻すべきでない」

 北朝鮮の意向を見抜いていた安倍官房副長官と中山恭子内閣官房
参与は決意を固めていました。
 
 10月24日(帰国10日目)五人の処遇について会議が開かれました。
田中均アジア大洋州局長は

  「(五人を戻さないと)日朝間の信頼関係が崩れてします。
   日朝協議が出来なくなる」

と反論しました。

 これは田中氏の交渉相手である「ミスターX」との個人的関係の
を言い換えたものであり、まさに「国対的発想」によっていました。
危険にさらされている拉致国民の生命より、田中氏の個人的人間関
係を優先させたものでした。

■「交渉相手のミスターXを失います」
 田中氏が脅しをかけました。それに対し、中山参与が、

 「それなら、(交渉)できる人に代わってもらえばいい」

と応酬。そして、

  「局長、あなたがやっているのは外交ではない。北朝鮮へのお願いだ!
   外交官なら、お願いをやめて外交をやりなさい!」

 この中山参与の言葉こそ対北朝鮮外交の本質を突いたものでした。

■大洋州局長の捨て台詞
 「これで、(私とミスターX)とのルートは死にます。
  五人の子供達の帰国にも長い時間がかかります」

 ―――しかし「長い時間」はかかりませんでした。拉致被害者の
子供達は一年七ヶ月後、ジェンキンスさんも其の二ヵ月後に取り戻
したのでした。

■エピソード(1)

 後日、官邸で関係者が集う会がありました。この時姿を見せたア
ジア大洋州局長は一目散に小泉さんに駆け寄り言いました。

 「総理、本当に良かったですね(^^)。 最初から
  拉致被害者五人を戻すべきでないとした、私どもの
  決断は正しかったですね」 (室内静寂。。唖然)
 
■エピソード(2)
 高村外務大臣会見記録(平成20年2月12日付)

 (問)土曜日、産経新聞が小泉元首相訪朝前の段階の日本と
 北朝鮮の交渉の記録について一部欠落が出ているが、これは
 記録を元々作っていないのか、或いは作ったけれども、どち
 らかに行ってしまっているのかというような報道がありまし
 たが、これについて外務省としての立場はどのようなもので
 しょうか。
        (中略)
 (外務大臣)今、調査をするような必要がないと私は思って
 いますし、その時の事情については引き継ぎはきっちり為さ
 れていますので、そういうことを申し上げておきたいという
 ことです。   (???)

  *「外交文書に関する一部報道について」より
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_0802.html#5-D


 以下、今週も「反対」! 
  ・人権擁護法案
  ・在日外国人地方参政権法案
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。