老兵の独り言

八尾市をはじめとする全国での左翼情報チェックと真正保守の陣営拡大を願っています。 国連をはじめとする人権条約を基礎とする国内法の点検と法破棄運動も行っています。

CalendArchive

日本の時間

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】

プロフィール

老兵

Author:老兵
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

お勧め書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

おすすめ書籍

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「台湾は日本の生命線!」よりの転載です。
先日の大阪での講演に関して、講師の永山英樹先生のご感想です。
当日の様子が詳細に報じられています。
皆様にご紹介します。

関西にも同志は大勢いたー媚中風潮を打破して国を守ろう

2008/07/29/Tue


二十六日、大阪で開かれた台湾問題の講演会で登壇した。私の演題は「生命共同体である日本と台湾―打破すべき不正常な両国関係」。関東で活動する者として、「今後関西の人々と連帯できれば」との思いで、おおよそ次のような話をした。

・中国の脅威の前で台湾とは生命共同体。そこが併呑されたら、日本は中国の属国となるしかない。

・中国は日本の政府、国民に対し、台湾併呑を妨害しないよう「台湾は中国の一部」だとの宣伝工作(洗脳・恫喝を含む)を進めている。

・日本の政府・国民はそれに騙され、あるいは中国の怒りを恐れ、「日本は台湾の承認をやめた」→「台湾を国と認めてはいけない」→「台湾には国家体制すら存在していない」→「だから台湾は中国の一部だ」と思い込み、信じ込んだ。これは自ら生命線である台湾を敵である中国に献上するような愚行。

・台湾は中国の領土ではない。日本政府もそれを知っている。中国は「日本が台湾を中国に返還した」ことを台湾領有権の根拠としているが、そのような事実はない。しかし政府は台湾併呑に反対すると言えない。

・台湾人は日本語世代も戦後世代も日本を理解し、親しみも持っている。なぜこの台湾と提携しないのか。日本人は中国を恐れ台湾に目を向けない。反日中国は恐れても、親日台湾には冷淡、傲慢。

・国防の要である日本からも見放された台湾人が、国民党の対中国宥和路線にすがるのは自然なこと。なぜ日本は台湾を支持表明して台湾人を激励しないのか。国際社会に向け「日本は台湾を返還していない」と証言すれば、中国の膨張は抑止され、日本の安全保障につながる。台湾からも信頼を勝ち得ることができる。

そしてその上で、「台湾を支持し、日台連携を訴える運動は、日本の国土防衛に不可欠なだけでなく、日本人の精神防衛、つまり中国に媚びるあまり、現実も直視できないできた日本人を覚醒する運動にもなる」と訴えた。

世の中の多くが「台湾は中国の一部」と思い込み、「台湾問題」を「日本の国防問題」ではなく「中国の内政問題」と誤解して関心を寄せない「平和ボケ」の状況にある中、どれだけの人が話を理解してくれただろうと思っていると、そうした心配はもともと不要だったらしい。その後多くの人から「私も同じ考えを持っている」「ともにがんばって行こう」と声をかけられたのだ。

実はこの日の講演会は、我が台湾研究フォーラムや日本李登輝友の会にゆかりのある関西在住の人々が、日台関係を考える活動を現地でも盛り上げようと「台湾研究フォーラム関西」との名義で開催したものだった。

盛況だった講演会場

私の他には曽根憲昭氏(在日台湾同郷会副会長・関西支部長)が「日台生命共同体構築の基本ー台湾と台湾人意識の認識」と題し、そして片木裕一氏(台湾研究フォーラム副会長・日本李登輝友の会事務局次長)が「戦前・戦後の日台関係ー鉄道建設を中心に」と題してそれぞれ講演を行った。



また特別ゲストとして中国問題の専門家として著名な石平氏と、亡命モンゴル人の組織であるモンゴル自由連盟党幹事長のオノフォノド・ダイチン氏がスピーチを行った。




会場には同じ思いを持つ約八十人の人々が集まったのだが、とても熱気が感じられた。閉会後の立飲みの店での懇親会では、四十五人もが参加するほどの盛況ぶり。関西で日台問題に取り組む研究者や諸団体の人々や、台湾通、台湾ファンの人が大勢いた。人気ブログで憂国の健筆を揮っている人たちがいたり、都内での東トルキスタン支援デモで知り合った関西の人もいた。このように志を同じくする人たちばかりだから話が尽きず、大変な賑やかさだった。私もたくさんの人と親しくなった。

そしてそうした情景を見て、主催者の試みは成功したと感じた。そして一般には「外国(中国)の問題」として関心を持たれない台湾問題でも、全国の人々と連携できるはずだと意を強くした。国への熱意を持つ人々との出会いは、やはり感動的だった。そのような人々がいなければ世を覆う「媚中」「平和ボケ」の堕落風潮の打破などできないからだ。



さらにもう一つ付け感動的な話しを付け加えると、会場では参加者に感想アンケートが行われたのだが、とくに多くの人の印象に残ったのがダイチン氏のスピーチだったそうだ。中国政府の迫害を受けている南モンゴル(内モンゴル)の人々の苦境を訴えた同氏の話にみな心を大きく動かされたのだ。

危機に直面した他民族に同情して声援を送る、中国の横暴に義憤を抱く。日本人にはこうした心がやはり強いのだ。そして実はこのような真心が、民族の勇気の源泉となり得るのである。

今回のような集いが、全国各地でどんどん行われれば素晴らしいことだ。これからも心ある人々とともに、声を上げて行けたらと思う。

最後に当日の主催者の皆様、参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©老兵の独り言. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。